コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミルカレス / 大阪 北新地

DSC_1942.jpg

北新地の とあるBARに行く予定だったんですが、閉まっていたのでミルカレスさんへ。



カウンターへ座りシャンパンをオーダー。

4種類のシャンパンがならぶ。

周年ということで、プレミアムなシャンパンが開いていたので、酔った勢いで註文してもたw




一度飲んでみたかった「アンリジロー」。

しかもミルカレスってロゴ。

こういうシャンパンがグラスで飲めるって素敵すぎ。



何年のヴィンテージか、わからないって言ってたけど、ハチミツの香りがして、口にふくむと柔らかい泡とともに芳醇で高貴でエレガントなアロマが広がる。

フィネスってこういう事なんやろな。

エロいシャンパンって、こういうシャンパンなんやろね♡



セパージュがピノ・ノワールがメインだからなのか、香りにボリューム感がでるのかな。酸味も上品で落ち着いている。

生産者の畑と醸造者が優秀なんでしょうけどね。



白い葡萄のみで作られたブラン・ド・ブランの清楚な感じよりも、黒い葡萄のブラン・ド・ノワールの方が好みかな。



シャンパンが好きで良かった♡

好きじゃなかったら出会えていないし、前よりも好きになれたかもしれません。



こういうシャンパンがあるんや。
こういうワインがあるんや。
こういう食べ物があるんや。

こういう美味しい経験のくり返しが自分にとって重要な要素。





前に飲んだ、ブルゴーニュのピノっ子もエレガント。

ええワインがグラスで飲めるって口福。

(この店に来た経緯。以前、Rコちゃんがやっている「魔女の館」で たこ焼きワインパーティをしたことがあって。
その時に、たこ焼きの焼き方を教えてくれた人が、この店のソムリエのK備さんでした。

僕のたこ焼きの先生ですw)





カウンターでシャンパンを飲み終わる頃に、とあるBARのマスターが来た。

私と待ち合わせをしていた、とあるBARのマスターと私とのツーショットを見て、K備さんがビックリしていた。

どうやらK備さんと とあるBARのマスターは、同じ年で昔からの仲らしい。

飲食業界は狭いですね。
私は素人ですがw



とあるBARのマスター。
アンリジロー
ゴチでした!



二件目は、ゴチさせてください!
という事で、べっぴんさんがやっているワインバーへ。

美味しいワインを飲みながらトランプでゲーム。

気づけば終電がない。



やってもたorz









スポンサーサイト
  1. 2015/07/28(火) 23:28:52|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド) / 神戸 元町

NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド) / 神戸 元町

nf201504 (9)

神戸を代表するワインショップ。

「ジェロボアム」

ヴァンナチュールが多く扱われていて、好みを伝えると好みのワインを入手することができる。

ワインに詳しくない人でも安心して購入できます。

大阪の某ワインショップのボスも、この店に憧れてワインショップを作ったとか。




nf201504 (8)

その向かえ側に、姉妹店ができた。

ホンマに真向かいですw



カ・セントは、大ヒットでシェフに譲ったり、色々とセンスがありますよね。




nf201504 (7)

NFと書いて「ネイバーフッド」

近所って意味ですが

ジェロボアムの近所ですもんねw




nf201504 (4)

飲食店というよりは、安全な輸入食材を多く扱っている印象。

ちょいと値は張りますが、旨くて有名なオイルサーディンも置いてある。

日本の食品添加物の基準がゆるゆるなので、ヨーロッパの方が厳しくて安全なイメージ。
関税やらで高価になってしまいますが、味はお墨付きってのを置いてそう。



nf201504 (5)

冷蔵ショーケースには、サンドイッチ、チーズ、ラペ、話題のメイソンジャーなんかも置いてある。




nf201504 (2)

今日は夕食前だったので、アペるために泡を。



nf201504 (1)

赤ワインもある。

超ライト級な飲みやすさ。

ゴクゴクいけるぐらいスルスルと喉を通っていく。




nf201504 (3)

軽くカウンターで一杯。

軽めの泡。

軽めのワイン。

お手軽に飲める場所が近くにある。




nf201504 (6)

ワインって神様からの授かりもの。

この考え方ってスキ。





  1. 2015/06/18(木) 23:31:44|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅野日本酒店 / 大阪 梅田

浅野日本酒店 / 大阪 梅田

浅野201503 (3)

梅田のはずれ。

泉の広場を さらに東へ行くのですが。

そこそこ歩きます。



店に入ると、試飲スペースで結構な人数が酒を飲んでいる。

しかも女性の多いこと。

日本酒って男よりも女性に人気なの?

店が明るく小綺麗なのも一因かな。




浅野201503 (2)

この店、酒屋なんですよね。

そして奥に有料の試飲スペースがあります。

酒屋がやってる立ち飲みはカクウチで、確か 酒屋と立ち飲みを壁で分けないとダメやったはず。

しかし、この店は試飲スペースということで、同じフロアで営業できている。

最近、こういう店が増えてきていますね。



この日の目玉商品は仙介。

入荷によってオススメは変わります。




浅野201503 (8)

45mlと90mlが選べるシステム。

しかも試飲だけあって手頃な価格で飲める。




浅野201503 (4)

さっそく仙介を。

春らしく爽やか。
灘界隈の酒造会社は六甲の宮水を使っているからか、柔らかくてまろやか。



浅野201503 (5)

北庄司酒造店 酒粕入り焼きねぎ味噌

コレが、よう出来てます。

酒に合う合う。



こいつを つまみながら日本酒をちびちびやると至福の時間。




浅野201503 (6)

情や とろ鯖燻製

皮目が炙られていて、焼けた脂の香りと塩気が堪らんわい。




浅野201503 (7)

龍力 純米吟醸 ドラゴン黒

これも兵庫県の地酒。

甘くはない。
旨口でスッキリと飲める。

ドラゴンって銘柄にピッタリ。




浅野201503 (9)

ワイン酵母仕込みってのにピンとキタ!

どうしても気になる。




浅野201503 (1)

せっかくなので飲んどきましょか。

越後の鶴亀。
縁起の良い名前ですね。

甘口フルーティ!
デザートですね。

たまには、こんなんもええですね。



浅野201503 (10)

四十萬谷本舗 かぶら寿司

かぶら寿司とは、何ぞや?

蕪の間に寒ブリを挟んで、麹で漬け込んだ金沢の名産品。

乳酸で発酵させてるのも面白い。

酸味が強いと思ってたけど、まろやかで旨味タップリ。



デザート日本酒と漬物のコントラスト。




アテはこだわりの市販品で、店頭でも販売しています。



去年ぐらいかや、日本酒が好きになってきた。

やっぱり国酒です。



日本酒の発信店として、ますますの活躍を期待しています。







  1. 2015/06/09(火) 23:59:52|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うえと / 京都 東山

うえと / 京都 東山

うえと201503 (3)

京都で ひとやすみ。

昼間っから、こんなに素敵なBARが開いていると助かります。



左手に伸びる、長いカウンターに腰を下ろす。



無駄な物を一切 置いていないカウンターとバックBAR。



壁には一輪の花



京都らしい凛とした空気感が漂う。

自然と背筋が伸びる。




うえと201503 (1)

天気も良く歩いたせいか、喉が渇いていたので、よく冷えた白ワイン。

ここのワインは、基本ナチュラル。

三種類の白から、オーストラリアのゼルナー。

滑らかなで お上品。
果実味よりも旨味のお出汁。
柑橘を感じて爽やかに喉を通る。



グラスが、かなりの美脚で見惚れてしまう。





天井から吊られた、十二面体の変わった形のスピーカーから優しい音でジャズが流れている。



先客の紳士は、読書の途中でお昼寝中。

昼間っからこの空間は、たしかに心地よい。




うえと201503 (2)

こちらもオーストラリアの白で、セップムスター。

赤は飲んだことあるけど白は初めて。



硬めでキレのある力強い酸。



静かな空間でのマスターとの少ないトークの中で、シュールな笑いのセンスが結構すき。



勘定を済ませて店を出て、カメラのキャップを閉めようと思ったら ナイ。

大慌てで取りに戻ったら椅子の背もたれに忘れていた。

おっちょこちょいが、治りません。







  1. 2015/06/05(金) 22:07:18|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルカロドン・カルカリィス / 大阪 十三

カルカロドン・カルカリィス / 大阪 十三

カルカロドン201502 (4)

Kのセサミ兄貴と十三ふらり旅。

昼から飲み続けて
寒いし、最後に一杯だけ。
門限は夜の9時の予定ですw



何度読んでも覚えれません。
カルカロドン・カルカリィス
カルカロドン・カルカリィス
カルカロドン・カルカリィス

噛んでしまいます。




カルカロドン201502 (2)

マスターは料理が得意なミュージシャンらしい。



店の裏の中華料理屋は、現地の食材と同じような料理をするみたいで興味津々。
蚕の料理やアレなんかも食べれるみたい。




カルカロドン201502 (3)

結構、酔ってる。




カルカロドン201502 (1)

ホットのロンサカパ。

ホットラムは、ホンマに温まる。



さて、帰りますか。
門限の夜9時です。




カルカロドン201502 (5)

しかし、外は寒い。

喜八州総本舗で団子をお土産に。

遅い時間まで営業されてるんですね。




カルカロドン201502 (7)

つまみ食いをしながら帰りましょか。

やっぱ、旨いです。








  1. 2015/03/17(火) 00:20:34|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。