コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ねぎ焼き すじやき 美作 / 神戸 三宮

ねぎ焼き すじやき 美作 / 神戸 三宮

美作201504 (5)

焼肉を食べたあと。
パイセンと焼肉のハシゴをしようと、盛り上がる。

しかし、さすがに焼肉のハシゴは胃袋がキツイ。



そしたら、粉もんにしときましょかと。




北野坂へ向かう坂道。

水車の正家さんの手前の角。

よく見る看板ですよねw




あいかわらず、よう流行ってますわ。




美作201504 (2)

私は、すじねぎ。

隣でパイセンが、モダン焼きを頬張っている。
ホンマに、よう食べますねw
焼肉ハシゴ行けたんと、ちゃいますかw




美作201504 (4)

ポン酢系のタレでアッサリと食べるのが好き。



三宮ってお好み焼き屋が少ない。
にさん件しか知らない。

ホンマは、もっとあるんでしょうけどね。

粉もんってなるとここになってしまう。




すじねぎを完食して

もう、満腹。




酒を飲まないパイセンが、もう一杯飲めとすすめてきた。





美作201504 (3)

パイセンの豚玉。

こっそり註文してたんやw
モダン焼きと豚玉てw
食べ過ぎやろw



パイセンいわく、「お好み焼き屋は、豚玉を食べて評価する」らしい。

格言ですねw








スポンサーサイト
  1. 2015/07/06(月) 23:30:42|
  2. お好み焼き・鉄板焼き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お好み焼き 青森 / 神戸 長田区

お好み焼き 青森 / 神戸 長田区

青森201504 (11)

神戸の長田区といえば、そばめし発祥の地。

有名店が何店舗かありますが、こちらのお店が発祥だとか。




青森201504 (1)

人気店なので、平日から満席の事がおおいんですよね。

待ちが、でていることもあるから、混んでなさそうな時を狙って突撃。

平日の昼間から飲んでる人も多いですね。




青森201504 (2)

お約束の「そばめし」ができあがってゆく。

コテでリズミカルに、そばを細かく刻んでゆく。

一定のテンポで、カンカンカンカンカンカンカンカン

ぼっかけとウスターソースを加えて

軽やかに作り上げられてゆきます。



見ていて飽きない。




青森201504 (3)

軽やかに鉄板の上を舞ったそばめしは、フワッとした仕上がりでパラパラとしていて焼飯のよう。

水分を飛ばし、焦げる手前。

ウスターソースで薄めの味付けになっていて、ぼっかけの旨味がさえます。




青森201504 (4)

ちょいと長田名物のバラソースをたらしてみるとコクがでる。

やっぱり、ソースの甘味とスパイスと香りの力は凄いね。




青森201504 (5)

「すじやき」は、薄〜く生地を伸ばすのが神戸風。

その上には、千切りキャベツと天かす。




青森201504 (6)

そして、ぼっかけをタップリとトッピング。



よだれが出てくるw




青森201504 (7)

上手にひっくり返して。




青森201504 (8)

しっかりと焼きます。



青森201504 (9)

ソースと青のりで、できあがり!



外がカリッと焼かれていて、中がもっちりとしている。

広島焼きに近いですが、これが神戸風なのかもね。

キャベツと生地を混ぜるのが大阪風で、大阪風のお好み焼きに慣れてるから、どやさ?って思ってたけど、表面がカリッと焼かれていて、中身がもっちりとしていたのが、思っていたのよりも好印象だった。

サイズは小ぶりで、そばめしと一緒に食べるのには、ちょうどよい大きさ。

単品だとおやつ感覚で食べれます。

そばめし&すじやき
どっちもええね。



近くの「ゆか」さんと比較されますが、別物ですね。

それぞれに味わい深い。

好みは、こっちかな。




  1. 2015/06/23(火) 23:16:50|
  2. お好み焼き・鉄板焼き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まるじゅう / 兵庫県 尼崎市

まるじゅう / 兵庫県 尼崎市

まるじゅう201503 (12)

毎朝、朝の6:00頃にシャッターを開ける。
そして仕込みが始まる。

そして営業を終えて夜の23:00頃にシャッターを閉める。

40年間。
毎日毎日。

尼崎市の尾浜町という町で、40年間愛されていたお好み焼き屋が幕を閉じた。




まるじゅう201503 (14)

店の前を通るとソースの良い匂いに惹きつけられる。

お好み焼きを食べたくなる香り。

大将は、トラック運転手からお好み焼きの勉強をして調理師免許を取得して「まるじゅう」を始めた。

開店当初の大将のイメージは、頑固オヤジw
ややこしいチンピラが食べに来た時は、「お前らに出すお好み焼きは、ネエ!」と追い返すという逸話もあるぐらいおっかないイメージだが、本当は真面目で優しい大将だ。

開店当初は、現在の半分の面積での営業をしていて、隣の店舗で奥さんの雅さんが、喫茶店をされていた。

そして、お好み焼き屋が売れたので、隣の喫茶店を閉めて、お好み焼き屋の店舗を広げた。




まるじゅう201503 (10)

丸に十文字で「まるじゅう」

大将は、鹿児島の出身だ。




まるじゅう201503 (8)

お好み焼き、焼きそば、鉄板焼き、おでん

いつも「ミックス焼きそば」と「特製まるじゅう焼き」と「すじねぎ焼き」を定番で食べる。




まるじゅう201503 (2)

ミックス焼きそば




まるじゅう201503 (1)

豚、エビ、イカの入ったミックス焼きそば。

太めの麺は、もっちりとしていて甘いソースと絡む。
熱い鉄板に触れたソースがジューっという音と共に香りが立ち昇る。
何とも悩ましい香りだ。

サッと炒められたキャベツともやしの食感と甘みもええ感じ。




まるじゅう201503 (5)

特製まるじゅう焼き

ミックス焼きそばと同じく
豚、エビ、イカの共演。

食感とキャベツの水分と甘みが残るように大きく刻まれたキャベツ。

そのキャベツに生地を絡めて豪快に焼く。

ソースが塗られて登場するから、マヨネーズを格子柄にかけて、青海苔をまぶし、鰹節をフワッとデコレート。




まるじゅう201503 (4)

キャベツのざっくりとした食感と共に甘い水分が口の中を駆け巡る。
キャベツを細かく刻んで、ふっくらと焼き上げたお好み焼きも好きだが、このざっくりとしたキャベツの感覚も止められない。

ソースの焼ける音と香り。

お好み焼きの凄いのは、五感で感じて食べる!
これこそ究極のグルメではないだろうか。

そしてソースよりも、この店の自家製のマヨネーズが好き。
少しオイリーな仕上がりだが、このマヨネーズの虜。

大きく熱で踊り、揺れる鰹節のアクセント。

30年以上食べてきた、自分にとって王道のお好み焼き。




このお好み焼きが、食べれなくなると考えると、泣けてくる・・・




まるじゅう201503 (3)

ねぎすじ

小さいネギが刻まれている。
大きなネギよりも小さなネギ焼きの方が好み。
その方が食べやすいしね。




まるじゅう201503 (6)

ポン酢、マヨネーズ、一味唐辛子、青海苔。

ねぎすじは、この構成がマイフェーバリット。

アッサリと食べれる。




まるじゅう201503 (7)

甘辛く煮込まれた牛スジ。
コンニャクを噛むとジュワッと旨味を含んだ水分が口に広がる。

この構成力。
ビールが止まらんw




まるじゅう201503 (11)

大将は、もう74歳。
夫婦二人三脚で40年の歴史を築き上げてきた「まるじゅう」



あの味を味わえなくなるのは寂しいですが、ゆっくりと余生を楽しんで下さい。




まるじゅう201503 (13)

えっ!

店舗は閉めるけど、塚口でテイクアウトの店を始めるの!?

規模を縮小して、一人で営業できる店を選んだみたいです。

まだ、「まるじゅう」のお好み焼きを食べれるみたいで、ホッとしましたw



「まるじゅう」の跡地はテナント募集中になっています。

誰か居抜きで商売始めませんか?





  1. 2015/05/22(金) 22:39:47|
  2. お好み焼き・鉄板焼き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

にこらしか / 大阪 宗右衛門町

にこらしか

にこらしか2013 (5)

ホンマに この赤提灯が、よう出来てます。

店主とそっくりw



ヘアカットの後に宗右衛門町で一杯やろうと、うろうろ。

前から気になっていた、にこらしかさんへ行ったけど、19:00オープン。

まだ少し早い時間帯だったので、宗右衛門町探検をしてから訪問。




にこらしか2013 (2)

店内は、店主と俺と二人。

ビールを片手に、会話をしながら摘む物を決めていく。

一人だと量が食べれないから、分量を確認しながら決めていった。




にこらしか2013 (6)

「鶴岡商店のワインに合うキムチ
三種」

キムチの内容はメロン、パクチー、トマト

珍しいキムチ達。
パクチーが食べたい気分だったから好都合と思い、三種盛りにしてみた。


メロンは熟れた物じゃなくて、若く小さな瓜を漬けてある。

甘さはなく、メロンの風味を感じ辛さもあって、意外とイケる。

メロンのキムチに白ワインがすすむ。

手頃なハウスワインだが、質の良いものを使っている。


プチトマトは甘辛く作られていて、トマトと発酵の酸味がええ塩梅。

気になっていたパクチーだが、香りが飛んでいて淡い香り。
おひたしのような仕上がり。
もう少しパクチーの香りが残せれば良かったけど満足。



鶴橋にある鶴岡商店さんのキムチだが、無添加で作られたキムチはナチュラルな味付け。変わり種のキムチも豊富にあるみたいですが、店舗ではあんまり売れないみたい。色々と試してみたいです。




にこらしか2013 (7)

「ぶ厚いとん平」

王道のとん平焼きだが
トンテキ並みに厚い!




にこらしか2013 (8)

アルザス




にこらしか2013 (9)

「炙りベーコンのポテサラ」

白味噌が入っていて甘めで旨い!

コレ、オススメ!




にこらしか2013 (10)

ジェラールシュレールのエデルツヴィッカー

飲んでみたかったやつ。

たまたまグラスで開いててラッキー!

複雑に押し寄せるフルーティさ。
旨味もたっぷり!




にこらしか2013 (3)

「油かす玉」

ゆっくりと20分程時間をかけて焼くお好み焼き。

綺麗に丁寧に焼いてはりますね。




にこらしか2013 (4)

ふっくらと焼かれたお好み焼き。
本当は鉄板で食べたいところ。

ナチュラルな味わいで優しい。



お好み焼きが、店主の雰囲気と似ている気がする。



キャラクターが濃いお客さんが多い印象。

飲食業の紹介で来られる人が多いとか。

マニアックな食材やワインのラインナップには、マニアックな客層が付くのだろう。

お好み焼き屋というより、アテでワインや酒を楽しむ感じ。そして〆にお好み焼きを食べる。



ナニワ金融道みたいなオジさんが、プリューレロックのビアンコをボトルで開けた。

ご馳走になりましたw

オレンジに輝く液体はゴールドのように輝く。

旨味もたっぷりで、本当に綺麗な酸。



大阪は太っ腹な街です。



あっ!!

しもたっ!!

最後にショットで飲もうと思ってたニコラシカを飲むの忘れてた!












  1. 2015/05/19(火) 22:21:04|
  2. お好み焼き・鉄板焼き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北野BURN (バーン) /神戸 北野

北野BURN (バーン) /神戸 北野

バーン201502 (4)

馬肉を満喫して満足。

小意気にキャフェで白ワインを飲んで一休みw

パイセンの小腹が、もう空いてきたらしい。

そして、お好み焼きが食べたいとのこと。

そういえば、三宮でお好み焼きを食べに行く店をあまり知らない。

どうしてま二宮方面になってしまう。

三宮なら北野坂沿いの角の店は、何度か行ったことがあるけど、今回は行った事のない店をチョイス。

席の空き具合を確認するべく、お店に電話をすると9時で満席!

席が空き次第、携帯電話に連絡をしてもらうようにお願いしときました。

もう一杯飲んでいると、早速電話がかかってきた。

胃袋の消化を促す為に徒歩で北野まで移動。




バーン2015022 (1)

オシャレな店だ。
明らかにオッさん2人で来るような店じゃないですw

そこんとこは、あまり気にしないので、食べたい物をオーダー。




バーン2015022 (2)

鉄板焼きスペシャル

牛肉、牡蠣、海老、タコ、イカ、野菜などなど

牛肉の肉質がもひとつかな。
タコは、大振りで旨かった。




バーン201502 (1)

「豚玉」
お好み焼き屋の基本でしょ。

かなり細いキャベツがデリケートすぎる広島風。

キャベツの水分が飛んでしまわないか心配ですが、繊細でお上品。




バーン201502 (2)

名物のチーズ焼き

数種類からチーズを選べたので、コワルゴンゾーラをチョイス。




バーン201502 (3)

チーーーーーズ!
キャベツは、入っていない!?
粉も少なく、ほぼチーズw

オリーブオイルとブラックペッパーで食べるのが新感覚!



そういえば、チーズ玉とは書いていない。

こいつはチーズ焼きだった。

お好み焼きと言われれば疑問やけど、ワインはキッチリお代わりをしました。








  1. 2015/04/02(木) 23:55:49|
  2. お好み焼き・鉄板焼き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。