コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドノスティア 2015.7 / 大阪 中之島

ドノスティア20146 (16)

スペインバルとしては、中之島で最高峰。

中之島だけやったら狭いかなw

他のスペインバルを知らないからね。
でも、ここさえ行ければ満足なのであります。



(北浜のエルポは手頃で楽しいけどね。)

この店は、ホンマにかっこいい。

スタイリッシュさが、どれだけ大阪という異空間に受け入れられるかが、見どころでしたが、どこ吹く風。

席もビッシリ埋まっていて、デートやベッピンさんの女子会が多い。






生ハムとチョリソー
ドノスティア201506 (1)

サルメリアロッキューの薄くエアリーな方が風味がたつけど、こいつはしなやかジューシーで食べ応えがある。

カットもよく、盛り付け、バランス、味。
安定感があり、安心して食べれる。





夏野菜のグリル
ドノスティア201506 (2)

野菜旨っ!!!

夏の青く爽やかな風味とフレッシュ感、野菜の甘味がバシッと効いてる!






タコのカルパッチョ タプナードソース
ドノスティア201506 (3)

タコ、海ぶどう、トマトの構成にタプナードソース。

海ぶどうのプチプチ、薄くスライスされたタコが、なめらかに まとわりつく。

そしてオリーブとガーリックがバシッとまとめる。





ピンチョス
ドノスティア201506 (4)

海老プランチャ×ポテトサラダ、ピストゥ

バジルとにんにくが食欲をそそる。

相変わらず、ドンッ!と大きなピンチョス。

ふた口でも食べれない。



ポテトサラダってメニューがあってもいいのに。






大ムール貝と鶏もも ココナッツ風味のベシャメル
ドノスティア201506 (5)

さいのめ切りにされた、ムール貝と鶏ももと野菜達。

ココナッツとパクチーが、スペインを越えて東南アジアまでトリップ。








和歌山県産 イラのサルサヴェルデ
ドノスティア201506 (6)

夏のイラ。

肉厚でほろっほろ。
ソースの香草とレモンの酸味が爽やかでよいね。

白いんげんまでしっかり旨いから文句なし。






オムレツ
ドノスティア201506 (7)

前から食べてみたかって、ようやくです。

重い!!
とにかくドッシリ重量級。


これいい!






魚介のアロスメロッソ
ドノスティア201506 (8)

ここのアロスやっぱ好き。

必須!



この店が大阪にあることに感謝です。



この日は、二人でダブル諭吉さんほど。
完全に飲みすぎたなw
(普段は半分ぐらいなのにね。)



先生ごちそうさまです♡

さぁ、新地も近いし朝まで飲もう!



スポンサーサイト
  1. 2015/08/25(火) 22:39:04|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドノスティア 2014/6 / 大阪 中之島 ダイビル本館

ドノスティア 2014/6 / 大阪 中之島 ダイビル本館

ドノスティア20146 (16)

前回は、楽しみにしていた魚介のアロスが、まさかの売り切れだったから、また来ちゃった。

リベンジです!

アレッ!
シェフが1人たりない。

もしや!独立!?
おめでとうございます。



ドノスティア20146 (15)

「シードル」

この前の可愛いグラスじゃないけど。
生ビールならぬ生シードル!



ドノスティア20146 (14)

「イワシの酢漬け」

綺麗な味!
オイルじゃなくて酢漬けってのが興味深かった。

しかし、これが見事にシードルと合わない・・・
シードルは基本的に魚料理と合わないのか?
いや、酢と合わないのか?

料理と飲み物の組み合わせって、食事でホンマに重要な要素。

でも、このイワシの酢漬け自体は美味しいよん♡



ドノスティア20146 (12)

「ピンチョス」鶏胸肉のクリームソース

鶏肉のボリュームが何故かエロい。
毎度、ピンチョスも楽しみのひとつ。
2種類あるから、悩みます。

いつも、完成形態を想像するけど今回はアートw
少し食べにくいけど味はイイね!



ドノスティア20146 (10)

「鱧のフリット・トマトとバルサミコのソース」

夏は、やっぱり鱧。
冬の牡蠣のフリットが、かなり美味しかったからフリット楽しみ。

スペインのフリットは、やっぱり天ぷらじゃない。

衣が違う!
サクッとしていてフワフワライトでエアリー。
ホクホクに蒸しあがった鱧の身が絶妙!



ドノスティア20146 (6)

「香川県産オリーブ牛のアサード」

メインは、合鴨も仔羊も食べたので、今回は牛の出番。

あまり西洋料理で牛は好んで食べない。
ガッカリする事が多いから。
(ええ物食べてない証拠w)

でもね。
この牛肉は美味しい!

火の入り方は完璧で、肉の香りとジューシーさが際立つ。



ドノスティア20146 (3)

「魚介のアロスメロッソ」

前回食べれなかったアロス。
愛しのアロス♡

今回は大盛りで!
満喫しまっせ〜!



ドノスティア20146 (2)

あ〜!
堪らん旨さ!

アリオリソースも乗っけてね。

何度でもお代わりができる喜び。

幸福のアロス!



今回はコレで売り切れらしい。



今日は、白ワインをガブ飲み。

ドノスティア20146 (1)

この木のカウンターも好きやし。
フラリと立ち寄れて、美味しい物食べさせてくれるから好きやわ〜。

でも最近、客が多いように感じるしアロスが売り切れになることが多い。
早めの時間に行かねば!




  1. 2014/07/25(金) 19:22:49|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

donostia (ドノスティア) 2014春 / 大阪 中之島

donostia (ドノスティア) / 大阪 中之島

DSC_6520.jpg

お気に入りのドノスティア。
母体のアコルドゥが歴史的建造物の保護の為に閉店して、もしかしたらアコルドゥのメンバーも入って、パワーアップしてるんじゃないかと思い訪問。

来年の春までにはアコルドゥを復活させたいらしいけど、なかなか前のように素敵な物件と出会えないらしい。
焦らず根気よく探してほしいです。



DSC_0911.jpg

ドライトマトとシードル。

いつもカウンターだったけど、満席でテーブル席しか空いていなかった。
人気店になったもんです。人気じゃない理由がないけど、満席で入れないのは困る。
テーブルチャージと言われて持ってきたのが、「トマトのオイル漬け」
トマトの甘いこと!
フルーツやね!



グラスがシードル専用でアップル。
飲み終わるとグラスの底にレーザーで描かれた林檎が見える。
かわいい素敵なグラス。

蒸し暑い夜だったから、終始シードルをガブガブ飲んでしまった





DSC_0916.jpg

「ピンチョス」

アンチョビポテトサラダ、フレンチキャビア。

甘い玉ねぎのフレッシュなシャキシャキ感。
アンチョビの塩分。
フレンチキャビア(鱒の卵)のプチプチ感。
ディルの香り。

上手く纏まっているのは流石っす。



DSC_0915.jpg

「本日のスープ」

サクランボ風味のガスパチョ、タコと茄子。

爽やか!
夏の青い香り。

冷たい皿が好感触。
ガスパチョのサクランボの甘酸っぱい香りの感覚が新鮮。
固形のタコと茄子は、タコの食感も良く、手で割ったような水茄子の爽やかさが夏へといざなう。



DSC_0912.jpg

「鰹と焼きナスライムの香り」

フレッシュ!

ねっとりとした新鮮な鰹。(臭みなし)
ジャワっと茄子の甘み。
土佐料理、高知県では鰹を茄子と食べるのが主流みたい。
そこに、フレッシュな酸味のリコッタチーズを乗せてライムを合わせてくるのが面白い。

これ、美味しかったな。



DSC_0913.jpg

「白エビのフリット(富山産)」

香ばしい!
アテにピッタリ。

富山県でしか漁獲していない白エビは、桜エビよりも一回り大きくて、食べ応えもあり香ばしく焼かれている。



DSC_0918.jpg

「鮮魚のプランチャ」

熱々の皿。重要
和歌山のホウボウは、ふっくらとした火入れ。
モホソースのパプリカの味とクミンの香りが鮮烈!
ジャガイモ、キュウリ、ルッコラの付け合わせもピタリと決めてくる。



DSC_0917.jpg

「仔羊のグリル」豆、クスクス、獅子唐。

そりゃ、美味しいですよ!
脂身が多いのが気になるけど満足の味。
肉食べた!って高揚感が良い。

仔羊を焼いた時に出てくる脂を 旬の豆と 緑に色付けされたクスクスを 絡めて食べると至福。



最後は〆はいつもなら「魚介類のアロス」なんだけど、本日はまさかの

う・り・き・れ

アロスを楽しみに来たのに、まさかの売り切れ。
あ〜あ

気落ちを紛らわすために、普段食べないデザートを食べましょか。



DSC_0919.jpg

「ヨーグルトムースとモヒートのジュレ、メロンの泡とミントのグラニテ」

モヒートのジュレと ミントのグラニテだけで カクテルになる。
真空で抽出しているのか味濃くて、コレが美味しかった♡

デザートええやん!

次からデザートも食べないとね!



アラカルトを自分でコース仕立てに。
ここはバルですからw

お手頃価格なのに相変わらずクオリティ高すぎの料理の数々。


  1. 2014/06/20(金) 11:25:46|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Donostia (ドノスティア) 2014 2月/ 大阪 中之島

Donostia (ドノスティア) 2014 2月/ 大阪 中之島

DSC_6520.jpg

ずっと再訪問したかったドノスティア!

この前のドノスティアで、好印象だったから、どうしても行きたかった。



DSC_6557.jpg

ダイビルの本館は建造物がカッコよすぎ!

ヨーロッパに来たかのように錯覚してしまう。

大阪はベネチアと同じく水の都やからねw




生ビール小 (3.50d)
DSC_6521.jpg

しかし、此処は大阪。

スパークリングw



この店の通過はdonostiaの頭文字のd
1d=100円




ピンチョス (2.50d)
DSC_6532.jpg

前回、食べるのを忘れていたピンチョス。

2種類あって、イカと玉ねぎを選択。



ハイ、旨すぎ!!

ニヤけるほど旨いですw

美味しいものを口にすると自然と笑顔になれるね。



イカの潮味と丁寧に甘く煮詰められた玉ねぎを自家製のマヨネーズの酸味が繋いでくれる。

素晴らしい出来栄え!





カキのフリット (6.50d)
DSC_6530.jpg

牡蠣天旨い!!

秀逸!!



極薄の衣がサクッとしたあとで、フワッとエアリー!

ジューシーでブリンブリンで海のエキスが爆発した瞬間に甘味を感じる牡蠣。



今季一番美味しい牡蠣料理かも!

牡蠣は坂越産。





本日のスープ (4.80d)
DSC_6533.jpg

前回もスープが美味しかったから今回も飲まないとね。

今日は、ひよこ豆のスープ。

プレーンで食べたり、ベシャメルを絡めたり、チョリソーのスライスと一緒に食べたり。

楽しめるスープ





本日のスパークリング (6.00d)
DSC_6524.jpg

やっぱり、此処はスペイン。

CAVAもいっとかんとね。






的鯛のプランチャ (7.50d)
DSC_6540.jpg

此処はスペインバルですよw

レストランじゃないのが驚きです。

クオリティの高い料理がバルで出てくる事に驚き!



DSC_6542.jpg

お皿も熱々で登場!

冬が旬の的鯛は産卵期を迎える前で、旨味を含んでいて、美味しい!

緩くない火の入れ方も好感触。

葉緑素のソースは春を感じさせる色目と味。






奈良 合鴨のロースト (7.50d)
DSC_6537.jpg

アコルドゥと同じ質感の合鴨。

マットで滑らかなベルベットのような舌触りは、鹿肉に似ている。

妖艶で しっとりとしたウェット感に充ちた肉厚な合鴨からは、脂と肉の旨味が溢れてくる。

官能的な合鴨の脂と肉汁と戯れる喜び。





DSC_6543.jpg

かわいいタイルは鍋敷。





魚介のアロス (8.00d)
DSC_6546.jpg

今回も〆は魚介のおじや。

魚介の出汁感は旨味の爆弾。

米の質感やバランスといい申しぶんない。

ホント、素晴らしいよ☆



自家製のマヨネーズを入れるとコクが増す。



神戸の三ツ星のあの店のオジヤよりも好み!!





〆たつもりが、余りにも美味しかったので追加。

デザートは別腹っていうでしょ?w





鶏モモ肉のアサード イカ墨のアロス (7.50d)
DSC_6547.jpg

別腹にアロスを投入w



やっぱり美味しすぎる。

皮目をシッカリ焼いて、しっとりとした鶏モモ肉とイカ墨の構成力も面白い。

ペロリでしたw





DSC_6553.jpg

サービスの質も良い。

アコルドゥの人も居るし、ホテルやリストランテのようなサービス。



手頃で、ココまで食事の時間を楽しめる所。

高い料理のレベルと低い値段のパフォーマンスは、求めていた店。

「お値段以上」とは、この事ですね。



DSC_6555.jpg

このバルが、大阪に有るのが奇跡と思う。



サンセバスチャンでバルのハシゴをしたい!
きっと、楽しいバルが沢山あると思うと興奮する。



  1. 2014/03/28(金) 12:56:58|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

akordu (アコルドゥ) / 奈良 富雄

akordu (アコルドゥ) / 奈良 富雄

DSC_5660.jpg

Hola〜!

奈良の富雄って遠いと思っていたんですけど、思ったよりも結構近いですね!

電車から駅に到着する前に立派な建築物が目に入る。

駅を降りる前に一発で店の場所がわかりました。



DSC_5663.jpg

外観は大正建築のような煉瓦造りの立派な建物。

文明開化の音がする。

お洒落なアンティークに仕上げられた白い木造の入り口。

女心をくすぐる。

デートをするにはもってこいだろう。

誰かw



DSC_5664.jpg


ドノスティアに行ってスパニッシュの美味しさを教えてもらいました。関西のスペイン料理には素晴らしい店が多いと聞き、神戸のカセントを経験して、今回に至りました。


ドノスティアの母体にどうしても来てみたかった。



DSC_5707.jpg

DSC_5666.jpg

立派な建物の中を通ってテラス席に通される。

春から秋にかけて、良さそうなテラス席。庭の木々も冬には枯れているので、建物の中の方が雰囲気は良さそうだけど、小市民の私には、そんなわがまま言えません。



DSC_5667.jpg

やっぱ、スタートはCAVAやね。

裏切られた時が怖いので、期待なんてしない方がいいんですけど、楽しみすぎて期待ばかりが先走る。

遠足前の気持ちのよう。



早速スタート

DSC_5668.jpg


低温調理した和牛とホタテ、チョリソーのタルタル
半生の牡蠣とブルーベリービネガーのグラニテ
パセリホエー ローズマリーポテトチップ


DSC_5671.jpg

上の野菜をかき分けるとタルタルちゃんが登場!

見た目が美味しそうすぎて崩すのがもったいない。

肉の旨みと帆立の甘さが同じ温度で共存。そこに冷たいブルーベリーが口のなかで融点を迎えて其々と融合する。



魚介類と肉と果物の組み合わせは複雑。

超難解な食べ物。



それとは対局に、牡蠣にホエーのソースは面白い。

海のミルクと大地のミルクを掛け合わすセンス。




DSC_5672.jpg

パンは温かいのを持ってきてくれる。



DSC_5673.jpg

白のグラスは3種類あったかな?

シャルドネ。




冬の魚 オイルコンフィ ターメリックスモークエアともやし
DSC_5674.jpg

泡の中はムカゴ、もやし、そしてカマス。

ターメリックがスペインっぽいのかな?ターメリックはサフランよりも料理に合うのかな?




緑米と野菜 ウイキョウとペルノーのジュレ貝
ソパ デ ペスカード
DSC_5679.jpg

ソース最強!!

オマールと魚介のソース!!スープのように液状化した濃厚なソース。やっぱり、甲殻類は出汁が旨い!甲殻類は、出汁を取るためにいるんじゃないかと思うぐらい旨い!クロロフィルを含んだ古代米、緑米はもち米なので、もちもちしたオジヤを楽しめる。

ムール貝の上のペルノは昆布出汁を混ぜたジュレ。これは旨い!





真鯛のサルテアード サミカサ茸のインフーション
蕎麦のベシャメルとトリュフ
DSC_5683.jpg

魚に蕎麦のソース。

蕎麦のソースは伝統最近の流行りなのか、他所のスパニッシュでは鰻に蕎麦のソースだった。

蕎麦ソースとトリュフの大爆発。

鯛の脂が弱いのか、トリュフと蕎麦に魚が負けているように感じた。






葛城合鴨のアサードと森
紫芋のエッセンスと落ち葉
DSC_5684.jpg

地元奈良の鴨ってのが好印象。

きっと鮮度も良いだろう。

冷凍になったビュルゴーのシャランよりもイイ鴨ね〜w?

フランスから冷蔵のAirだと幾らになるんやろね?高そうw



しかも、分厚くカットされていている合鴨は鹿肉にも近いベルベットのよう!

エロい♡



甘い紫芋のソースがあっていて、こりゃ旨い!!

満足度の高いメイン!



DSC_5687.jpg

スペインやしテンプラニーリョやったかな。

シッカリした果実味だったけど、鴨が全然負けてない。






青リンゴのジェラート 山椒風味のチョコラテ
生姜のアーモンドビスケット
DSC_5689.jpg

お皿の奥にあるのが、温かい山椒風味のチョコラテを生姜のアーモンドビスケットに、かけて頂きます。

山椒と生姜の風味豊かでホッとさせてくれる。

青リンゴのジェラートをビスケットに付けたり科学実験。



DSC_5692.jpg

ハーブティーで暫し


DSC_5693.jpg

お茶請けの綿菓子。

久々に食べた懐かしい味。

髭なんかも作ってサンタ気分w




DSC_5702.jpg

建物が細部にわたって素敵すぎる。


DSC_5703.jpg

Stairway to Heaven




DSC_5704.jpg

この空間でゆっくり時間をかけて食事をするだけで、価値がある。


DSC_5705.jpg

2014年。

今年の3月に閉店する。

最初、人気があるのに何故?と思ったけど、建造物の老朽化。

いたしかたないね。

残念。



これからのアコルドゥさんの活躍が楽しみですね!!

Muchas Gracias.









  1. 2014/01/31(金) 09:48:30|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。