コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新どおぞの / 大阪 北新地

新どおぞの / 大阪 北新地

新どおぞの201412 (2)

北新地の とあるBARで、油ばっかり売ってるエリート営業マンの兄貴と偶然の再開。



宝くじと有馬記念で大金が入ったら、70万円で豪華ディナーと高いワインを飲もうと妄想の楽しい時間。

京都では、一人20万円の食事処があるらしい。
凄い世界だ。



終電も近づき、油ばっかり売ってるエリート営業マンの兄貴と とあるBARを出た。

駅に向かうと思いきや、兄貴が言う。
「腹減った」

タクシーの方向が一緒なので、相乗りで帰りましょうと提案される。



ハイ!何処でも、付いて行きますよ!

兄貴は鯨を食べて、〆を食べてないらしい。
もう、すでに日本酒をかなり飲んでいるみたいだ。

どうやら〆を食べに鯨屋に行きたいみたい。

連れられた先は、「新どおぞの」



たしか、友人のオススメで年明けに行こうと約束をしていた「どおぞの」の支店。
先に行ってるごめんなさいと思いながら、支店やしね・・・
と言い聞かせて入店。



店に入ると店員さんが、忘れ物ですか?と出てきた。
そりゃ、二度目だとそうなりますよねw




新どおぞの201412 (3)

コースやアラカルトがあるみたいやけど、俺は焼肉の後で結構満腹。

註文は、常連の兄貴に任せておけば間違いないでしょ。
って、兄貴えらい酔ってますけどw

「刺身の盛り合わせ」

右上から時計回りに赤身、さえずり、皮、かのこ
今回はミンククジラ。
ナガス鯨を食べたいと伝えると、年に数回しか入荷しないとのこと。

赤身は、馬肉の刺身を思わせるような質感でしっかりと しなやか歯ごたえと 綺麗な旨味を兼ね備えている。
鯨の赤身の肉は、様々な要素を含んでいてハイブリッドな肉質!

さえずりは、そこそこ。

皮の滑らかさと溶け出す旨味がたまらん!!
なんじゃ!?この旨さ!!
コレぞ鯨の醍醐味!!

かのこ の肉と脂のコントラストの美しいこと!
肉の旨味と脂の甘味を同時に楽しめる。
コレも鯨の醍醐味。

好みは、皮と かのこ!



親父の従兄弟の婿さんが和歌山でマグロ関係の仕事に携わっていて、普段からマグロ事情を教えてもらっている。何年か前に和歌山で新鮮な鯨を食べさせてもらえた時の感動に近い、鯨の良さが感じれた。
むしろ大阪で、ここまでよ鯨が食べれる事に驚いた。
鯨は熟成させるよりも新鮮な方が旨いのかな?
どやさ?



くじら。
哺乳類は、魚というよりも肉と表現するのが正しいのではないかと思ってしまう食感とコクのある肉質。

やはり肉に分類されると思ってしまう。



鯨の味を知らない若い世代は勿論の事、鯨は臭くて硬い言っている年配の人に是非食べてもらいたいレベル。



新どおぞの201412 (4)

「おばけ」

兄貴が一番の大好物。

みずみずしい!
艶やかな触感が素晴らしい!

スーパーの店頭に並んでいる物とは雲泥の差。
やはり北新地の専門店ともなればレベルが違います。




新どおぞの201412 (5)

「お鍋」

2人とも満腹なので一人前での註文にも応えてくださりました。
さすが常連さんです。

美しい肉質にウットリ♥︎




新どおぞの201412 (6)

上質な鯨の脂が黄金の出汁に溶け出す。

生唾をゴクリと飲みながら溶け出すのを待つ。

全て、スタッフさんがやってくれるので楽チンw




新どおぞの201412 (7)

出汁!!!!

なんじゃ!?
この旨味と深み!!

薄味と思いきや、コクと旨味のスパイラル!

黄金に輝く美しい出汁。
喉を通り、スーっと、身体に染み込んでくるのがわかる。
その過程が複雑に幾重にも深い旨味が交錯する。

黄金の出汁と 海のミネラルを含んだ鯨の肉と脂の旨味がそうさせたのだ。

火が通った肉が旨いのは当たり前。
お出汁が、かなり旨い!

お出汁を楽しむ為に、この鍋はあるのかもしれない。




新どおぞの201412 (9)

鯨の脂が溶けでた出汁で水菜と豆腐。
なんとも、お上品です。

水菜がハリハリ言う音からハリハリ鍋となったとか。




新どおぞの201412 (8)

「塩雲丹」

酒がドンドンすすむ。




新どおぞの201412 (10)

かのこのお代わり。

脂と肉の旨味で、お出汁を作りましょか〜




新どおぞの201412 (11)

しゃぶしゃぶ〜



ええ肉質と脂が、どんどん溶けてく〜

溶けてく〜

溶けてく〜




新どおぞの201412 (12)

〆の「雑炊」

あかん!
旨すぎる!

なんやコノ雑炊は!



夢中でペロリのお代わり!



アレ!?
兄貴、全然食べてませんやん!
兄貴の分もペロリw



鯨てw
って言ってる人に食べてもらいたいですね。
肉は上質の物を食べると虜になってしまう。
食べるとわかる良さがある。



ホンマに旨かった!

兄貴!
いつもご馳走様です!



そして、年末の北新地。
タクシーが掴まれへんw

タクシーの穴場を何とか見つけて帰宅。



年明けの「どおぞの」が楽しみです♥︎








スポンサーサイト
  1. 2015/01/21(水) 22:43:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

牛もつ鍋専門店 やま本 / 神戸 兵庫区 上沢

牛もつ鍋専門店 やま本 / 神戸 兵庫区 上沢

やま本201412 (5)

神戸で有名なもつ鍋屋さん。
神戸でも不便な場所にありますが、かなりの人気店です。

大阪の京橋に支店があるので、そっちの方が便利で行きやすかったりしますw



前から行こうと思ってたんですが、場所的にも不便でなかなか縁がありませんでした。

予約していた時間通りに到着。
今回そこそこの大人数です。
店のドアを開けて名前を告げると 三階に席が用意してあるみたいです。

三階建ての民家を改装しているので、二階を越えて最上階。

靴を脱いで急な階段を上る。
酔っ払うと真っ逆さまに転げ落ちそうw



ビールを註文したけど、見慣れないシルバーのジョッキが出てきた。

持ってみると ビールは入っているのに、かなり軽い。

詐欺やw
そう思ってスタッフに聞いてみるとぬるくならずに、冷たいままビールが最後まで飲める構造らしい。

しかし、量があまりにも少ないように思って、飲み放題に変更w




山芋のたんざく
やま本201412

名物の前菜。

どんぶり鉢で出てきた。
かなりのボリュームなので、鍋が出てくるまでに満腹になりそうw

生卵とネバネバ効果でパワー全開!

味は普通のたんざく。


胃の調子を整える。




酢もつ
やま本201412 (3)

たっぷり過ぎるぐらいのシャキシャキもやし達。
もつを探すのに必死になるw

ボイルされたモツが、ポン酢で和えられていて、サッパリしていて食べやすい。
もつのボリュームがもう少しほしいところ。




牛たたき
やま本201412 (4)

全力でピンボケ画像。

甘めのタレ。
肉肉しい味で、 柔らかくて旨かった。

取り合いになるw




もつ鍋
やま本201412 (2)

みそ風味、しょうゆ風味、しゃぶしゃぶ風味

しゃぶしゃぶ風味が、どんな味が謎で気になるけど、一番人気のみそ風味。



食べれる状態で出されるから、すぐに食べれます。

やま本201412 (1)

出汁が、かなり美味しい。

ニンニクがしっかり効いているけど、しつこくなくて旨味が伝わってくる!

この出汁だけ、ゴクゴクと飲んでしまう魔性の出汁。
鍋って塩分多めなので危険w

しかし、これが止まらない。

明日の口臭なんて気にしないw
それ以上に、お出汁が美味しい!




やま本201412 (7)

真っ白な華が開いたように見えるモツ。
ふわっふわの食感で甘い!

出汁がたっぷり野菜にしゅんでいる。



ここまでで、かなりの満腹感。



〆のちゃんぽんは食べておきたい・・・

画像はないけどねw
満腹で、もう胃袋に入らないと思ってたけど、不思議とペロリで完食!



牛たたき→もつ鍋→〆のちゃんぽん、の流れでいいかな。
生ビールを一杯と後はマッコリ。

このもつ鍋好きだわ♡








  1. 2014/12/24(水) 19:27:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ホルモン鍋 たつ屋 / 大阪 新今宮

ホルモン鍋 たつ屋 / 大阪 新今宮

DSC_0474.jpg

天王寺方面の空気感がホンマに変わりましたね。
フープが出来て、チンチン電車を挟んでキューズタウンが出来て、ハルカスが出来て。
大阪の開発は止まらない。北区は、これから阪神百貨店の大増床工事が始まる。

北区は外国人観光客が多くて、ホテルの値段も昔に比べると安く宿泊できていたホテルも高い値段設定にしていたり、ナンバも外国人観光客だらけで、店員も中国人専門部隊や簡単な接客英語を話す店が増えていますよね。



DSC_0473.jpg

新しいショッピングモールができても、次々とまた新しいショッピングモールができて、すぐに飽きられてしまう。

結局、日本初上陸や関西初上陸など、新しいってだけが魅力であって、中身と内容がスカスカだからすぐに飽きられてしまう。
そして、翌年から来場者数がどんどん減ってきて、半減してしまう。

最終的に魅力なんて最初から無かったのかなぁ?って思ってしまいますよね?

外国人観光客に頼るだけじゃなくて、自国の人がリピートしてもらえる内容と魅力ある町であってほしいです。



DSC_0472.jpg

そんな、大阪の魅力って、天下の台所!
「天下の台所」って言葉が凄く好き。

東京に比べると、安くて旨い店が沢山ある。
お江戸とは物価が違うけどね。
それにしても、安くて旨い店が多い。

お江戸の観光客も京都で止まる人が多いので、通過して大阪まで来た方がいいよ。
河豚も焼肉もビックリするぐらい安いって感動すると思うw



DSC_0475.jpg

そして、ホルモン鍋の「たつ屋」も長く、新今宮に鎮座していますよね。
長く続く店には、何かしらの魅力がある。
来客者を魅了し続ける何かがある。



DSC_0476.jpg

来るタイミングを間違えたら、えらい待たされる。
寒かったり暑い時期には並ぶのは災難。

この日は、30分ぐらいの待ち時間。
運が悪い日は、多分1時間30分以上待たされるかも。

それだけの魅力があるんですよね。

待ち時間が、1番の美味しく食べるスパイスって言いますけどね。



DSC_0478.jpg

鍋を着火して、煮えるまで豆もやしを摘まむ。



何年か前に来て以来何度か来てるけど、毎回大満足で帰れる。
けど、行列のイメージが頭に残ってるから一年間以上も足が遠のいていた。



DSC_0480.jpg

ハルカスついでに一駅歩いて、この界隈の独特な雰囲気を味わいながら、ホルモン鍋の味を思い出して、完全に胃がホルモン鍋モード。



DSC_0481.jpg

野菜の水分が、じゅわ〜っと溢れ出てくる。

悩ましい。



あ〜悩ましい。



DSC_0483.jpg

欲求を抑える理性との戦い。



早く食べたいと私は言う。

もう少し待ってと君は言う。



DSC_0487.jpg

もう、食べちゃうよ?



焦らされて
焦らされて

そう、今が食べ頃。



いっただっきま〜す!!



DSC_0488.jpg

甘いホルモンと口の粘膜が絡み合う時間が官能的♡

ニンニクと言う名の媚薬を入れるとエクスタシー!



甘いホルモンと甘辛いタレとのバランスがええ。



DSC_0490.jpg

そして、2回戦♡

欲求は止まらない。



DSC_0495.jpg

ホルモン煮込みを摘みながら、同じように待つ。

プニプニフワッファの甘いホルモンは優しい味付け。
葱の緑と唐辛子の赤のコントラストが冴える。



DSC_0491.jpg

にごり酒。
いや、マッコリ。

そういえば、古くなった暖簾がリニューアルされていた。



DSC_0497.jpg

具材を食べ終わったら、ご飯をダイブ。

ピロータイムといきましょか。



DSC_0498.jpg

はじめとろとろなかぱっぱ

あかごないてもふたとるな〜



DSC_0501.jpg

葱と玉子を入れて、火を切ります。

ええ具合の色合いになってきた!



DSC_0503.jpg

さぁ、めしあがれ♡



旨すぎ!!!



DSC_0506.jpg

ご飯の中サイズにして、量が多いと思ってたけど、あっ中間に完食!

これだけ食べて、安いホルモン鍋屋の半額で旨いホルモン鍋を食べれるのが、スゴイよ。




DSC_0505.jpg

大将!

私にとっては、大阪の文化財レベルの店です。



長く続いている店には何か理由がある。
お客さんが来るシステムが構築されている。

ネットなどで情報を沢山検索して色々な店へ行けるけど、最後は信頼できる人の口コミと自分の舌を信じる事が大切。
ローカルで血の通う情報が1番大切。

これからも、新しい店に挑戦をして、やっぱり彼処が一番やな〜って何度も思ったり、新しい店で感動したりする事の繰り返しになるだろうけど、そんな時間が楽しくてたまらない。



DSC_0508.jpg




  1. 2014/05/02(金) 10:34:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

丸鍋 / 某所

丸鍋 / 某所

DSC_5942.jpg

丸鍋って結構好き。

京都は、丸鍋やってる店が多いけど、雑誌に載ってる新しい店とかはハズレが多いんですよね。出汁がショボいんですよね。

昔からやっている店の方が好みです。



天然で臭みの無いのんがええけども、コストを考えると養殖でも、十分に美味しい出汁が出る。

丸ちゃんの何が好きって、大量の旨味を含んだ出汁が好き。

出汁さえ飲めれば、別に鍋なんて、せんでもええと思う自分がいる。



本当は割烹とかで、鍋とかせずに「濃厚なスープ」として出てくるのが好き。

それこそ滋味豊かという言葉がピッタリ。



好きな食べ物を聞かれる事があるけど、今の好みは「滋味豊かで濃厚なスープ」



でも、割烹ってなかなか行けないので、居酒屋だったら手軽に丸鍋を楽しむ事ができるんですよね。

別にシークレットの店でもないけど、此方の都合で書きません。

そっとしといて下さいね。



つきだし
DSC_5944.jpg

1月の始めだったので数の子と葉物のおひたし。



DSC_5950.jpg

鍋が出来るまで、平目のカルパッチョ。

酢〆した平目。上のソースは梨のソースで、緑はフレッシュバジル。



DSC_5947.jpg

待っていました!

丸ち〜ゃん♡



グツグツ

湯気と一緒にええ香り。



DSC_5949.jpg

コラーゲンもタップリで皮から身にかけてプルンプルン。

丸ちゃんの出汁を吸った野菜は美味しさが倍増する。

雌だったら卵も入っている。


DSC_5952.jpg

〆の雑炊を待っている間に銀杏を剥き剥き。



DSC_5953.jpg

丸鍋の後の雑炊は格別!

コレを食べる為に鍋を食べたと言っても過言ではない。

雑炊の作り方で其々、好みがあると思うんですが、シンプルな方が好きかな。

卵だけぐらいが好き。

他の薬味で折角の出汁が台無しになりかねないからね。

薬味は最初から入れるよりも好みによって足して行く方がいい。



DSC_5956.jpg

今回は海苔も葱も最小限。

やっぱり、丸ちゃんの雑炊は最高や!



ホンマ、お出汁だけ水筒に詰めて持って帰りたいw



画像が青い!
新年会の時に酔っ払ってカメラを2度落としたからかな?
カメラに詳しくないから、どうしていいのかわからないけど、何とかいじくりまわして好みの色に仕上げないとね。






  1. 2014/03/05(水) 10:28:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

その2  /   ふぐ料理  あじ平

その2  /   ふぐ料理  あじ平

3本書いたから  その1から2も3も読んでね


有馬記念でJRAから定期預金をおろしたのでw

北巽店のあじ平さんに連絡するも予約でイッパイとの事

同じ仕入れのや今里店に電話をすると8時からだと行けるますよと

今里までの道のりは長~~い

喉が乾いてきたので
梅田のサントリーのBARで


moblog_0e909c0d.jpg



ビーーール!!
プレモル旨すぎ!

フラッと阪急さんで寄り道

B2FのシャンパンBARで

moblog_8d16a252.jpg

bourdaire gallois champagne
RMのシャンパン

綺麗な黄金色
シャンパンの独特の香り
花の蜜の様な味が口に広がる




あじ平にワープ

moblog_2be4d685.jpg

値段は  どれも手頃なので
とりあえず、色々試してみたい


moblog_449cf8db.jpg

片っ端から注文する

ビール
てっちり1.5人前
てっさ
湯引き
唐揚げ
なべ皮
白子(鍋用)

を注文

moblog_b2dbcdbe.jpg

大ビンなのが嬉しい



湯引き
moblog_19ee53b5.jpg

ボリュームタップリ
プリップリ



てっさ
moblog_138101d5.jpg

身が厚い!刺身やん!
コリッコリ



ふぐ唐揚げ
moblog_905d24f1.jpg

旨かったなぁ~

moblog_ea3fcb7b.jpg

プルンプルンの白子ちゃん



ボリュームタップリ
moblog_9f0b2284.jpg

てっちりは
アラから煮込んで出汁をだしますよ~
moblog_5c86b021.jpg

アラをめぶる

めぶって
めぶって



なべ皮ちゃん
moblog_c07d1157.jpg

コラーゲンタップリ
プルンプルン




その出汁の旨みで野菜をひと煮立ちさせる
moblog_ce48c9f6.jpg

豆腐と白菜が旨い!



白子ちゃん
moblog_bbc45e4a.jpg

とってもクリーミー



ひれ酒
moblog_089f1dd2.jpg

焦げが芳ばしく旨い!


贅沢に  てっさをしゃぶしゃぶ♪
moblog_42cbeb35.jpg

美味しい~




最後は雑炊
moblog_9ad7bbe4.jpg

ポン酢を入れるとポン酢の味しかしなくなるので
塩をフリフリ


美味しい
至福の時



ネギを腸で巻いたやつも旨かったな~


満腹満足
ごちそうさまでした


てっちりの総合評価

身は淡白なのでアラからの出汁が必要になる

河豚出汁の旨みが少なく感じた

少人数だと、どうしてもアラの量が少なくなるので、最後の雑炊に影響が出やすい

大人数で行くか、少人数だとアラを投入する前の水をガラ入れなどに捨てておいて、予め水の量を少なくしておくと少ない水のなので少しのアラでも良い出汁がとれると思う。

食べ過ぎたので
鶴橋駅までウォーキングしました


続きがあるよ




  1. 2012/12/24(月) 22:40:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。