コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤鶏炭焼 大安 / 鹿児島 高見馬場

大安201509 (9)

鹿児島といえば、かごしま黒豚。
数週間前に黒豚しゃぶ発祥の店「あぢもり」に予約の電話をすると連休中は、予約で全て埋まっていると言われたので、ダメもとで飛び込みで行こうとしたけど、店の前に「本日は予約で満席です。」の張り紙が・・・orz



しゃーない!と自分に言い聞かせ、別の店へ電話すると、今なら行けるとのこと。

電話の対応が外国人のような対応だったので、歩きながら何処の国の人か予想して、関西なら中国人やろなと思い、店へと向かいました。



黒豚がダメなら地鶏だ!!!

大安201509 (2)

店に入ると ホールや厨房のほとんどの人か外国人。

何処から来たのか聞いてみるとネパールみたいです。
ネパールの事は、多少知っているので、ネパリで国家よりも親しまれていると言われている歌「レッサムフィリリ」を歌うと、笑顔で対応してくれた。

(レッサムフィリリは、ネパールに行った時に現地の子供に教えてもらった歌。
日本の歌を教えてほしいと言われたので、こちらも国歌の次に有名な歌「六甲おろし」を教えた思い出深い歌w)

歌の力って凄いよね。
母国 故郷の歌で距離が縮まる。



一生懸命働いているのが印象的。



隣の「のり一」って有名なラーメン屋もネパリが多かったから、ビザが降りやすいとか留学生が多いのかな。
街でも結構見かける。





大安201509 (3)

ネパリにオススメを聞くと「大安おすすめ三点」に指をさす。

赤鶏か〜
地鶏ちゃうけど、まぁいっか〜

ということは、赤鶏さつま?
でも、値段が安いから違うかな?

かなり安い値付けやからしゃーないね。

とりあえず一人前ずつ注文してみましょか。

一人でもおすすめ半々セットってのがあるから親切ですね。



あっ!焼酎の熱燗もね。





大安201509 (4)

薩摩焼酎の熱燗

一合徳利で登場のさつまスタイル。



香りがええね。
さつまのアロマ❤︎






お通し
大安201509 (1)

ブリの煮付け。

しかも、かなり大きなサイズ。
お通しの大きさを超えているw
これで一品やんw

少しパサパサなのはご愛嬌w







鶏皮サラダ
大安201509 (6)

ボイルした鶏皮にキャベツの千切り。そして七味に海苔。

食べてみると味がないw

味がせーへんってネパリに伝えると お酢で食べるとの事。

冷麺を食べる時みたいに、お酢を3周ほどかけてみる。

メインが赤鶏の炭火焼なので、スッキリとしているので箸休めに良さそう。








赤鶏刺
大安201509 (5)

刺しといっても、皮目が炭火で炙られています。

しっかりとした歯ごたえ!

九州らしく甘い醤油にニンニク生姜で食べるのですが、炭火の香りが強いので、鶏の味が薬味に負けているかな。







赤鶏もも焼き
大安201509 (7)

宮崎の焼鳥みたいな感じ。
凄まじいボリューム!

細かくカットされて、炭火で軽めに炙られている。
しっかりとした食感で、レアの様な食感。
一味マヨネーズで食べるんですが、もも肉自体は塩が効いた大味。
脂と炭火の香りで、薩摩焼酎との無限サイクル。



安くて赤鶏の炭火焼を食べれるから、地元の人も多い印象。
若い子が目立つけど、スーツのサラリーマンが一人で立ち寄って半々セットと焼酎を楽しんでいる。







大安201509 (8)

この薩摩焼酎専用グラスには、5:5だけじゃなくて4:6や6:4で割るラインも書いてある。
色んなタイプがあって面白い!








スポンサーサイト
  1. 2015/12/05(土) 14:22:50|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶏天 / 西宮

鶏天 / 西宮

toriten201508 (16)

甲子園で高校野球を観戦後。
阪神電車に乗って甲子園球場から西宮まで移動して鶏天さんへ行ってきました。

高校野球!ええね。
プロ野球とは違って、負けると終わり。
負ける事のできない緊張感がたまらない!

各高校の応援が、独特でおもしろいですね。
市立尼崎高等学校の吹奏楽部が演奏してたりするんですよね〜





toriten201508 (1)

鶏一途さんで、淡海地鶏の素材の良さを教えてもらったので、他所で淡海地鶏を食べれないもんかと調べたら、すぐに検索できました。便利な時代ですね。





toriten201508 (2)

「極上白肝入りの刺身4種盛り」



toriten201508 (3)

おーー❤︎
フォアグラのようにトロける白肝は、風味も豊か!



toriten201508 (4)

心臓も艶々!
瑞々しさが伝わるといいな。

ズリ、心臓の食感もよく、鮮度がイイのがわかる。

ササミは甘くねっとりとしている。



やっぱり、淡海地鶏って旨いですね。





toriten201508 (6)

ちょっとええ京都の薬味




toriten201508 (5)

「つくね」がフワッフワ!
肉の味が濃くて、こりゃ旨い!





toriten201508 (7)







toriten201508 (8)

ねぎま





toriten201508 (9)

ほんのりレアのささみ



toriten201508 (10)

ブリンブリンの心臓





toriten201508 (11)

「たまひも」

卵黄に火が通り過ぎて、ゆで卵のよう。
プチンと半熟卵が弾けるぐらいが好み。





toriten201508 (12)

「手羽先」
サクッとした皮目の歯触り
しっとりとした肉質
ギュッと詰まった旨味。

バランスよくて、プルンとしてる!

こりゃ旨い!





toriten201508 (13)

雛の「ぼんじり」

焼きすぎて脂が落ちている。
プリップリ感がもっとほしい。





toriten201508 (14)

最初に食べた「つくね」が、旨かったから、リピートしちゃった。

でもね、今回はパッサパサw
焼きすぎですね。





toriten201508 (15)

玉子かけごはんと鶏ガラスープ

鶏ガラスープが結構濃厚。




toriten201508 (17)

「玉子かけごはん」



店が忙しい時間を迎えると、焼きすぎになる傾向にあります。

せっかく、いい素材があるからもっと丁寧に焼いてもらいたいもんです。





先日アップした、オリーブオイルの件ですが、問い合わせがありました。ありがとうございます。コメント欄にメールアドレスを入力してもらえれば連絡致します。コメントを認証制にしているので、他人に連絡先が漏れる心配はありませんので、いつでも連絡してきてくださいね。毎回、沢山購入しているので、お分けしますよ。












  1. 2015/10/29(木) 00:02:57|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶏一途 / 神戸 住吉

鶏一途 / 神戸 住吉

鶏一途201504 (1)

昼間に花見と散歩。

この春は週末の雨が多かった印象。

快晴の空に、桜の花が冴えますね。




鶏一途201504 (3)

こんな日に家でのんびりしている暇はない。

外に出て、春を感じて一杯やるのが一番でしょ。




鶏一途201504 (4)

岡本のワインショップRさんで一休み。

アペ代わりに軽く一杯だけのつもりが、たまたま抜栓していたラインナップを見て、ついつい飲み比べたくなった。

2010年と2013年のエルミタージュの飲み比べ。




鶏一途201504 (5)

ガーリーなワンピースを着た、若い女の子。

爽やかであどけなさが残る。




鶏一途201504 (6)

さっきのに対して

妖艶なドレスをまとった素敵な女性。



どちらもナチュラルな良さがあるけど・・・

こちらのワインが好みかな。




鶏一途201504 (7)

そして、お隣の駅の住吉まで移動。

鶏一途さん。

なかなか予約が取れませんよね。

なんとか席をゲット




鶏一途201504 (8)

四人までしか予約を取れないから、鶏好きのメンバーで乾杯。




鶏一途201504 (9)

鶏皮ポン酢(つきだし)

素材の良さが垣間見える。



淡海地鶏を使っているだけありますね。




鶏一途201504 (11)

塩とワサビの薬味は好きに付けてね。




鶏一途201504 (10)

刺身の盛り合わせ

白肝、肝、白子、ササミ、モモ、ズリ

白肝は濃厚でトロける旨さ。

白子って初めて食べるけど、睾丸なんですね。
睾丸と言われると抵抗がでるけど、女性陣も喜んで食べていましたw
私としては、共食いのようで、下半身がキューっとなったけど、これが旨かった。
トロリとクリーミーな旨味が舌に流れ出てくる。

他の部位も食べて思ったのは、素材が良いこと。

肉自体の旨味が強い。





鶏一途201504 (12)

厚切り炙りたてタタキ。

皮目がパリッと焼いてあるので香ばしく、厚切りなのでジューシー!




鶏一途201504 (13)

ワインリストはナチュールが多かった。

お手頃なカヴァですが、なかなかええ感じです。




鶏一途201504 (14)

地鶏のユッケ。

卵黄と韓国風のタレでまぜまぜ。

濃い味付けなのがもったいないかな。

素材が良い分、タレの味に頼らずに素材の良さを引き出すような工夫がほしいところ。




鶏一途201504 (15)

大根の葉
ササミ
ラディッシュ
ブロッコリー
人参のラペ

野菜も得意みたいです。




鶏一途201504 (16)

この店の名物の雄雌食べ比べ。

ねぎみの雌

丸々とした柔らかな身。
女性の脂が溢れ出す。

エロい♡




鶏一途201504 (17)

ねぎみの雄

筋肉質。
肉の旨味。
肉を食べてるって気になる。




鶏一途201504 (18)

見比べると、よくわかりますね。

上が雌で、下が雄

やっぱり好みは、女の子♡



ポーションが大きく、肉質を楽しめる大きさで食べれるのがいいね。

ただ、焼き加減は普通かな。




鶏一途201504 (19)

皮は、パリッと皮目が炙られている。

雄雌の比較は、ネギ身と同じような感じ。

皮も女の子が好み♡




鶏一途201504 (20)

サガリがモチモチしていて旨かった!




鶏一途201504 (21)

ヴァン・ナチュール。

一番お手頃価格を試してみたけど満足。



鶏一途201504 (22)

むねにく

ネギ身で食べた むね肉。
むね肉だけで食べてみたかった。



鶏一途201504 (23)

ズリ




鶏一途201504 (24)

つくね

フワッフワ。




鶏一途201504 (25)

背肝やったかな。




鶏一途201504 (26)

とりパン




鶏一途201504 (27)

せせり




鶏一途201504 (28)

まつば



鶏一途201504 (29)

手羽先

ジューシー!




鶏一途201504 (30)

ぼんじり

女の子のお尻。
雌尻を使ってる店は珍しいけど、やっぱり、雌が旨い!

ボリュームもあり、食べ応えがある。



ただ、食べさせ方と焼き加減が欠けていると感じた。




鶏一途201504 (31)

親子丼

コレが旨かった!
鶏出汁のきかせ方と味付け。
ご飯の粒加減といい。

火の通った卵と卵黄の濃厚な旨味のコントラストが面白い。




鶏一途201504 (32)

鶏おむすび



鶏一途201504 (33)

とりスープ

旨味たっぷりで、綺麗な味。




鶏一途201504 (34)

デザートは、金柑にクリームチーズを挟んで焼いている。

デザートでさっぱりしたいとこですが、ありですね。





鶏一途201504 (35)

焼き物は片っ端から食べて、単品は食べたい物を註文しました。

淡海地鶏の旨さは、わかりました。
刺身が旨いですもん。

素材が良けりゃ、旨いのは当たり前ですもんね。

素材のパーツが大きく、ボリュームがあるので素材の食べ応えもあり満足。

雄雌の食べ比べは、面白かったですね。

ブロイラーを旨く焼いて食べさせてくれる焼き鳥屋もあるから、焼鳥を極めてほしいです。





  1. 2015/06/15(月) 23:32:31|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶏三 / 阪神尼崎

鶏三 / 阪神尼崎

DSC_0827.jpg

とある場所で、ここのマスターと出会ったので、ご挨拶に。

結構、酔っ払ってたので憶えてへんみたいやったw
ラフロイグ美味しかったですよ。

開店直後の時間なのに、カウンターもテーブルも座敷も埋まっている。
人気店ですやん!



DSC_0820.jpg

「お通し」

ササミと野菜の和え物。
家庭的なお味で、こんなんが家で出てきたら毎日家に帰るだろう。



DSC_0821.jpg

「豆腐のサラダ」

ボリューム満点。
これだけで満腹になりそうだw



DSC_0822.jpg

「ずり」

隣の席。
町の大パイセングループが夕方から元気に酒盛りしているのを見ると、負けてられへんよね。
しかも、よく食べる!
元気な証拠やね。



DSC_0823.jpg

「ねぎま」「せせり」「こころ」

座敷の二つのテーブルには、どちらも若い子連れファミリー。
初っ端から子供は、大きなおむすびを食べている。きっと、これで子供の胃袋を満腹にさせて、鶏肉の消費量を控えさせて、手頃に外食をする作戦か。
子供はアホみたいに食べるからね。
どこの家庭でも、消費額を少なくするためのルールや作戦がある。



せせり、美味しいね。



DSC_0824.jpg

「アスパラせせり」「さんかく」

消費額を少なくする作戦。
コジ家では、今はなき宝塚ファミリーランドへ、年に何度か連れていってもらえた。
当時は、阪神パークか宝塚ファミリーランドがメインで、姫路のセントラルパークは、遠いのであまり行く機会がなかったかな。
その宝塚ファミリーランドへ行くと、午前中は動物を見て、昼にはコジ母弁当を食べて、昼過ぎから夕方近くまで乗り物に乗るという予定が毎回組まれていた。

本当は、朝から晩まで乗り物に乗りたいのが男子。
でも、朝から晩まで乗り物に乗られると乗り物代が、高額になる。
それを少しでも少額になるように親の作戦に、まんまと掛かっていたのである。

当時、午前中は動物園で動物を見るのが当然と洗脳されていた。
午前中の動物を見終えたら、午後から乗り物に乗れるという、飴と鞭で上手い事、乗せられていましたw

子供って、単純ですからね。
それで、大満足だった。

お金も無いのに忙しい中、遊園地に連れていってもらったってだけで、今では感謝しています。

ええ思い出です。



鶏肉でアスパラを巻いたのが、他店ではないオススメと聞いたから、食べてみたけど旨かった。



DSC_0825.jpg

「つくねチーズ」

焼きすぎかな?
スカスカ気味で好みではない。



DSC_0826.jpg

「スープ」

鶏が控えめで、味醂などが目立つかな?
もう少し鶏が強い方が好み。



阪神尼崎って、焼鳥のイメージがないけど、阪神尼崎で焼鳥ならここかな。





  1. 2014/06/10(火) 11:40:44|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炭火焼とり 安喜 (あき) / 大阪市 あびこ

炭火焼とり 安喜 (あき) / 大阪市 あびこ

IMG_0157.jpg

免許を取った頃は嬉しくてウロウロしていた地域ですが、価値観がファッションや車から酒へと大きくシフトしてしまったので、最近では行動範囲が電車で乗り換えせずに行ける地域が多くなってしまいがち。

普段、あまり飲まない地域は新鮮で面白いですね。



焼鳥の超人気店で予約不可で開店の17時の開店時間の前に行ったんですが既に満席。

席が空けば携帯電話に連絡をくれると言われたので、折角ここまで来たし時間を潰す。

何時になるかわからないと言われたけど、1時間弱で着信が鳴った。



白ワイン
IMG_0135.jpg

お腹が結構いっぱいの状態だったんで、ビールはパス。

しかも大阪の代表格のカタシモワイナリーのキングセルビーの白ラベルの一升瓶が、380円

始めて飲みました。

小さなグラスですが、なみなみと入れてくれるのが嬉しいね。

これ、グラスワインでアリ!

格安のグラスワインやったら、今までで一番かも?

下町の他の店も置くべき一升瓶と思ったね。



付き出し
IMG_0137.jpg

手羽唐揚げ

パリッとジューシーで旨いよ!




お口直し
IMG_0139.jpg

無農薬玉ねぎは、滋賀県産

甘みが凄い!!

淡路島産?と思うような甘さ!




IMG_0141.jpg

ボリューミ〜!

表面がパリッとしていて、中身はモニュモニュ感。

好み!

パリッとしない皮は苦手。





さんかく
IMG_0142.jpg

脂ギッシュ!

ポーションが大きいのが売りの店。もう少し小さくて表面を少しパリッと焼いてある方が好み。



雄雌どちらか確認すると、わからないが多分雄との事。19年勤めていて雄か雌か始めて聞かれたとか。多分、雄との事、

この店で、雌のボンジリを食べてから、ついつい聞いてしまう。いつまでたっても、女の尻を追ってしまうw

まだ、食べても雄雌がわからないので確認しないとね。と思っていたけど、そんな事は無用だったみたい。旨けりゃいい!




せせり
IMG_0144.jpg

デカッ!!

凄まじい面構えは、我孫子のモアイ!

肉厚でブリンとした串からの抜け方と食感は大きい方が旨い!

好き♡




赤ワイン
IMG_0148.jpg

こちらのグラスの赤もカタシモワイナリー。

アリアリ!

ダントツの安さ!

この一升瓶、正月にダラダラ飲みたいな〜





和牛のタタキ
IMG_0149.jpg

見栄を張って和牛の霜降りと注文してしまった・・・

しょーむない見栄なんて捨てちまえ!

馬刺しのよう。

脂は甘いが最近は牛の脂よりも赤身が好み。





やきとり
IMG_0150.jpg

デカイ!

タレが旨い!




ねぎま
IMG_0152.jpg

デカイ!

ネギが旨い!




つくねチーズ
IMG_0153.jpg

粗めの挽肉や軟骨をフワッフワの状態に仕上げている。

チーズが乗るとコクがでて旨い!




ししとう
IMG_0154.jpg

締めのししとう。

寿司屋さんの玉子みたいなもの。

野菜も旨いね!




鴨スープ
IMG_0156.jpg

力強い脂と香りの中に椎茸の香りが調和する。




IMG_0136.jpg

どれもこれも手頃な価格で楽しめる焼鳥ですね。

北新地に行けば旨い焼鳥を食べれるが、値段が高い。

ポーションが二倍の大きさで、値段が三分の一で、そこそこ旨いのがイイね!



やきとりも奥が深いですね。

西中島から東三国にも気になる焼鳥屋があるし

ちょっと、食べ歩いてみようかな〜




  1. 2013/11/20(水) 11:56:15|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。