コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四川曹家官府菜 蜀 suu / 神戸 元町

四川曹家官府菜 蜀 suu / 神戸 元町

IMG_3882.jpg

これから寒い季節。

四川料理で温まって、毛穴全開にしましょう。


IMG_3883.jpg

スープはトロミがあり筍と人参に玉子をといてあって、旨味が強い。

スープが旨い店はアタリ!

ザーサイは胡麻油の香りがよい。

ちょいとした事でで料理って美味しくなりますね。



麻婆豆腐定食
IMG_3891.jpg

もちろん、ご飯は日本昔話バリに山盛り!



麻婆豆腐
IMG_3894.jpg

辣よりも麻が立っていて花椒の良い香り。

挽肉の旨味。

滑らかな豆腐。

オイルが良いのでしょうね。

辛さも有って、ご飯がススム!



養命酒
IMG_3899.jpg

40歳を過ぎたら良いらしいですよ!

高麗人参!

日本ではバカ高いですからね?

お土産待ってますw

昼から飲んだらエライ事になりそうですw



デセール
IMG_3902.jpg

マンゴーのソルベ

ライチ茶


これで880円



元町周辺で麻婆豆腐を食べるならココかな

元町のヌーベルシノワ!



スポンサーサイト
  1. 2013/10/31(木) 11:54:39|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼肉 満月 / 尼崎市 立花

焼肉 満月 / 尼崎市 立花

DSC_3923.jpg

焼肉屋で満月といえば、神戸は花隈の満月が有名だが、尼崎の焼肉屋「満月」も当日予約では入れないぐらい、煙が充満した店内はいつも満席です。

無煙ロースターなんて無縁です!


DSC_3926.jpg

口直しのキャベツもセットよ〜し!


DSC_3924.jpg

つけダレよ〜し!


DSC_3931.jpg

ガスコンロに点火よ〜し!


DSC_3930.jpg

ビールでキムチを突きながら、しばし肉が来るのを待ちましょか。


DSC_3933.jpg

日曜日なので市場も休みなのでタンが端っこしかないらしいのですが、サービスしてくれるみたいなんで食べときましょか。

ちゃんと仕入れの影響で数が無いと説明してくれるのがいいですね。


DSC_3935.jpg

生タンが名物らしいですが火を入れます。

コロコロ転がしながら焼くと焦げ肉いです。


DSC_3937.jpg

ホラ!

できあがり〜!

端っこでも旨い!



家族団欒のお客さんが多いですね。

レトロな雰囲気で旨さが倍増するのかもしれませんね。


DSC_3940.jpg

辛そうに見えるが、甘めのタレに浸った愛しのホルモンヌ♡

どの娘から焼いていこうかな?


DSC_3942.jpg

年期の入った網も演出です!

最初は甘すぎるかな?と思った肉だっが、食べ進めるに連れて病みつきになってくる。

ホルモンに甘めのタレがよくあっている。


DSC_3943.jpg

赤い肉はカルビとロースだけで、他は白いのだけ。

脂っこい赤みはいりません。

赤は脂のないのが好み。

でもやっぱり、ホルモンは旨いね!



DSC_3945.jpg

テッチャンの焼き方が逆や!なんて言わんといて!

その側焼いて、内側もしっかり焼く。

よく焼きなんです!



テッチャンって、いつが食べ頃かわかりにくいですよね?

食べたいと思った時が食べ頃ですw


DSC_3953.jpg

コロコロ焼き焼き

コロコロ焼き焼き

上ミノもシャキシャキして旨いな〜。

焼肉って難しい!どんだけ良い肉でも焼き加減を間違えると見るも無残な姿になってしまう。


DSC_3947.jpg

天井の換気扇がフル稼働!

肉を焼く手も咀嚼もフル稼働!


DSC_3957.jpg

〆のクッパも忘れずにね〜

満腹満足!



お会計をしてビックリ価格!

安っす〜!!

そりゃ流行るわ!


尼崎の焼肉にしては、ええと思います。

しかも安い!






  1. 2013/10/30(水) 11:37:28|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

La felice (ラ フェリーチェ) / 神戸 元町

La felice (ラ フェリーチェ) / 神戸 元町

IMG_3905.jpg

元町を散歩してると開店祝いの花に囲まれた真新しい店を発見したので、行きましょか。

オシャレなカフェ風の店。


IMG_3903.jpg

12種類のパスタから選べるみたいですが、本日のオススメのアマトリチャーナ

パスタランチの900円は、この界隈の平均相場ですね。

大盛りで50円アップですが、今回はノーマルでいっときます。



サラダ
IMG_3906.jpg

鷄が付いてくるとは、嬉しいサプライズ。



パン
IMG_3910.jpg

パンは註文が入ってからオーブンで焼いてくれる。

温かいパンは嬉しいが、少し焼きすぎかな?



パスタ
IMG_3915.jpg

全体的に優しい味付けですね

パスタは、もう少しモッチリが好み。


IMG_3916.jpg

半熟玉子がエクセレント!

潰すとピリリとしたパスタが円やかになってイイね!

ピザ屋が多い界隈。

パスタの種類も豊富なので昼のパスタ専門ランチは便利ですね。

優しい味付けなので女性客が多いのも頷けますね。





  1. 2013/10/29(火) 09:49:08|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和風もつ料理 あらた / 大阪 西中島南方

和風もつ料理 あらた / 大阪 西中島南方

DSC_4045.jpg

十三で用事を終えて、折角十三まで来たんだし、そういえば一度行ってみたい店があったのを思い出す。

夕方の18時に開店。

17時前だったので歩いて西中島南方まで一駅を歩きましょう。

17時すぎに到着したが一番乗り!

椅子に座って待ちましょう。

店の情報をスマホで確認して、何を食べるか決めときます。

続々と並ぶお客さん。

五時に暖簾が掛かり奥まで通されます。

カウンターだけの小さな店にビッシリの客。

17:40以降に並んだ人は一回転目では、入れません。




もつ煮込み
DSC_4047.jpg

柔い!甘い!旨い!

優しい味付けだが、旨味成分が支配している!

来て良かった!

最初にこれが出てきたら、テンションが上がると共に期待感も膨れ上がる。



DSC_4052.jpg

歩いた分!待った分!

こいつが沁みる!




チレ刺し(脾臓)
DSC_4055.jpg

エロい!ウズラの卵に濃いめのタレが小さくカットされたチレに絡まり合う。

角の立った新鮮で魅惑のチレちゃん!

生レバーの代打!

代打の神様!




ミノの湯引き
DSC_4056.jpg

新鮮!

ほぼ生のミノの歯触り食感、甘味ときたら!

そりゃ楽しいよ!



フクの照り焼き(肺)
DSC_4062.jpg

フワッとした独特の食感!

豚の肺は店頭などのホルモンで見かけるが、牛の肺は珍しい!?

大将はフクが嫌いらしい。A型の人はフク嫌い
が多いらしい。



コールタン&ネックスモーク
DSC_4064.jpg

一人前をハーフで盛り付けてくれました。

この辺りのサービスがイイね!



ネックスモーク

桜チップでスモークされた首は噛めば噛むほど旨味爆発!



コールタン!

これぞ、舌品!

絶品、旨味のジュース!

見た目がアレだが、ボイルして冷やしたタンを噛んだ瞬間にスパーク!

出るわ出るわ、脂と肉汁のジュース!

幸せの瞬間から余韻へと旨味の時間を楽しめる!

ホンマ、来て良かったよ!



ハイボール
DSC_4070.jpg

名物のハイボール

ラベルの剥がされたジンの瓶に入った透明の液体をギリギリまで注ぎ、ウィルキンソンのジンジャーを少し入れる。

これがアルコール度数が少し高めだが、ガブガブ飲めるので千鳥足に注意w

透明の液体は秘密らしく、答えてくれません。

ワインのブラインドみたいで楽しい演出。

原液はきっとアレでしょう。



隣席のご夫婦は福岡から来たらしく、大阪の友人の一番のオススメの店と聞いて来たらしい。割烹、串カツなどグルメツアーに来たみたいで、満足されてるようでしたが、奥さんがハイボールをガンガン飲んで手元が緩いですよw博多弁ええよな〜

その常連さんの大好物がテール雑炊!毎回二杯食べるらしい!

そら、食べんとアカンでしょ!



テール雑炊
DSC_4073.jpg

緩めの米、優しい味付けのテール出汁は旨味が十分。

〆のはずだが、ハイボールお代わり下さい!



漬物
DSC_4071.jpg

長居は無用!

お新香食べて、さっさと退出が鉄則!

並んでるお客さんに気遣い心遣い。



新鮮なホルモンを様々な食感や味付けで楽しませてくれる。

ホルモン会のオリエンタルランド!

また、来よっと!









  1. 2013/10/28(月) 13:27:37|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

山下うどん / 香川県 坂出市

山下うどん / 香川県 坂出市

DSC_3230.jpg

うどん屋ですけど、名物は芝海老のかき揚げっていう店ですね。

駐車場が広い!バスなんかでも来てはるんで行列!



DSC_3232.jpg

他にも天麩羅が多数あるんですが、うどんツアーなので、サイドメニューには目もくれません。

うどんしか食べません・・・

うどんしか・・・



上の画像の右下を見て下さい。

お客さんに関西から来たと思われる阪神タイガースの縦縞の帽子を見ると嬉しいですねw



DSC_3234.jpg

芝海老のかき揚げは、乗せてません!

乗ってると思ったでしょ!?



うどんだけ・・・


濃いめのイリコ出汁に艶のあるうどん!


DSC_3236.jpg

もっちり、不揃いの面達。

様々な食感を楽しめる。

レモンがさっぱりしていていいですね。



やっぱり、芝海老のかき揚げを食べたらよかったw



DSC_3237.jpg

時間の都合上、今日はここまで!

5件ぐらいなら楽勝です。

8件ぐらいはいけるかな。



さいなら〜讃岐〜





  1. 2013/10/25(金) 11:05:04|
  2. うどん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釜あげうどん 長田 in 香の香

釜あげうどん 長田 in 香の香 / 香川県 善通寺市

DSC_3221.jpg

この界隈にしては、9:00〜17:00まで開いてるので、便利ですね。

そう思って昼過ぎてから行くと長蛇の列。

やっぱり朝の方が人も少なくて、いいですね。


DSC_3222.jpg

しかし、並んだな〜。

たらいで食べたいw

もちろん釜あげを食べますよ。

暑いけど食べますよ!


DSC_3223.jpg

大箱の店なので大量のうどんを茹でてるんでしょうね。

茹で上がるのに、結構な時間がかかります。

熱い出汁を注ぐのは、うどんが到着してからの方がいいですね。



DSC_3226.jpg

小麦のええ香り〜

フワ〜っと漂ってくる。



DSC_3227.jpg

白濁の茹で汁。

気持ち良さそうに泳ぐ うどん。



DSC_3228.jpg

このうどん!

何が凄いかって、出汁に付けずに食べても美味しいんですよね。

塩が効いているので、小麦の甘さが伝わってくる。

香りも良い

湯上がり美人!

化粧なんて、せんでも美味しくいけるのは素晴らしい♡



DSC_3220.jpg

讃岐名物のうどんタクシーを発見!

讃岐うどん巡礼、続きます。








  1. 2013/10/24(木) 11:37:59|
  2. うどん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日の出製麺所 / 香川県 坂出市

日の出製麺所 / 香川県 坂出市

DSC_3206.jpg

讃岐富士を横目にドライブして三軒目。

うどん土産の超ど定番w

昼の1時間しか開店していないので、時間調整をして訪れました。



DSC_3217.jpg

まだ、そんなに行列でない時間。軒先の影をゲットできたんで、直射日光を避けれてラッキー。

チャキチャキのお姉さんが、慣れた口調で客の列を整えながら食べ方やら色々と丁寧に説明をしてくれはります。

途中で氷を配ってくれたり暑さ対策のサービスもバッチリで嬉しいね!

釜揚げ、熱い、ぬるい、冷たい、と麺の固さは4段階

博多ラーメンばりに硬さを選べます。

オススメは、「ぬるい」らしいので、それに乗っかりましょ。



DSC_3209.jpg

セルフ、セルフ、セルフ

卵もセルフ!

ネギを切るのまでセルフ!



DSC_3213.jpg

オススメの「ぬるい」

うどんの水締めを複数の水槽でするらしく、水締め工程の中間であげたもの。



DSC_3214.jpg

ネギはハサミを持って自分でカットします。

これが結構、楽しいw



「ぬるい」が、中途半端と思いきや、歯触りも食感もバランスが良くて、程よいですね!


万人受けするタイプ。


商売するには丁度よいですね。



DSC_3218.jpg

あらあら、大行列になってるね。


讃岐うどん巡礼つづきます。



  1. 2013/10/23(水) 12:59:24|
  2. うどん
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

須崎 / 香川県 豊崎市

須崎 / 香川県 豊崎市

DSC_3191.jpg

讃岐の道は、うどんの道

食料品屋で香川土産でも買いましょか〜




DSC_3202.jpg

さて、どんなかな〜

田舎のコンビニみたいな感じですね。

お土産は讃岐和三盆は有るかな?はたまた、うどんは有りますかね?




と、見せかけて うどん屋併設ですねん。

製麺所まで、あります。

DSC_3195.jpg

真夏で酷暑の日

釜揚げうどんの店、温か冷か悩む。

暑い日だから、来客の皆さん冷を食べてはりますが、釜玉が有名な店なので玉子を入れる事を考慮すると。




悩んだ結果



冷やご飯に卵かけご飯は想像できへんしな〜

熱いご飯に卵かけご飯が旨いやろうし



温にしましょか!


DSC_3197.jpg

セルフで卵を手に取って〜

茹で上がる時間をまちましょか〜

この待ち時間が一番のスパイスで、お腹が減った分 旨さが倍増する。


DSC_3194.jpg

はい、出来ました!

太めの麺は艶艶の艶女アデージョ



この艶麺を活かすには、調味料や薬味の調合のセンスがいります。

DSC_3198.jpg

このビジュアル!

たまらんな〜

甘い醤油は苦手なんで、ちょろりと少なめに入れます。

ネギに生姜も少なめ。

まぁ、好みなんですけどね〜



それを熱々のうちに卵を麺と絡める!

DSC_3201.jpg

カルボナーラw!!

モチモチした歯ごたえはバランスもいいし、丁度いい歯ごたえの限界値!

これ以上硬いと苦手な人が増えると思う、いい塩梅!

麺の熱で卵に火が通って半熟状態!

熱で小麦の香りが引き立ち半熟玉子の円やかな風味!

暑い中、温うどんにして正解やった!


DSC_3204.jpg

讃岐うどん巡礼、まだ続きます。





  1. 2013/10/22(火) 12:27:37|
  2. うどん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

道久製麺所 / 香川県 三豊市

道久製麺所 / 香川県 三豊市

DSC_3184.jpg

讃岐うどん巡礼。

讃岐にうどんが根付いたのは、弘法大師の空海の影響といわれています。

四国の土地は乾燥地帯で、稲作が出来ない為に遣唐使の時の知識を活かして、乾燥に強い農作物の小麦を育てるように伝えたとか。

日本での、うどんの発祥は諸説諸々とありますが、小麦文化と饂飩へ加工する技術を持ち込み根付かせて、うどん県とまで言われるようになったのは、空海と切っても切れない関係があるのではないかと思います。



香川県の朝一番。

うどんを啜るために住宅街の中の製麺所へ行きました。

9時開店なので、巡礼はここからスタートが望ましい。

周りの車は県外や地元のナンバーが朝早くから駐車してはります。


DSC_3185.jpg

製麺所なので基本は業者に卸しているんですが、それを分けてくれるのは親切ですね。

小麦を茹でる良い香りが充満する製麺所。

綺麗に並んだ出来立ての瑞々しいうどん達は、朝一番の食欲を増進させますね。


DSC_3186.jpg

お母さんの手つきは手慣れたもんで巧みに玉を作っていきます。


DSC_3188.jpg

これを一玉、75円で分けてくれるんですよね。

手頃で朝ごはん!

製麺所なので、食器なんてありません。

皆さん、丼と調味料と薬味と箸を持参です。

今回は旅の途中だったので最小限の荷物、醤油だけスポイトに持参して、コンビニので どん兵衛を購入して箸をもらってきました。

どん兵衛の中身は帰ってから丼鉢で食べたよん。


DSC_3190.jpg

少し黄みがかった麺の断面は四角く、角が立っていて張りがある。

ビジュアルからして強そうな麺!



この麺に石川県の(株)ヤマト醤油味噌さんの「ひしほ醤油」をぶっかけました。

無添加の生醤油「ひしほ」は三ツ星の鮨屋にも卸しているらしく、大阪の人気ラーメン店の而今さんでも使っていました。「ひしほ」オススメです。


見た目通り、エッジのきいた麺は剛麺!

硬さで好みが分かれるだろうが、新鮮な麺は香りも良くて流石は本場!と思わせる内容。

生醤油で食べた影響か、出来立ての麺は新鮮な刺身かのようにイキイキしている!

新鮮なうどんは刺身!



一件目で刺身とはメニュー構成としてはいいね!

巡礼は続きます。




  1. 2013/10/21(月) 11:35:09|
  2. うどん
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

イタリアン alba(アルバ) / 神戸 東灘区

イタリアン alba(アルバ) / 神戸 東灘区

IMG_3636.jpg

摂津本山駅から南へ徒歩5分



IMG_3635.jpg

地下の店へと続く階段を降りると大きな硝子の壁。

全面ガラス張りのせいか、地下の店内まで光も入ってきて

何とも心地よい昼下がり。


IMG_3637.jpg

ランチタイムのグラスワインが安くて

300円代だったかな?

昼からガブガブいくには丁度いい。

東京の下町イタリアンも確かグラスワインの値段を300円にした途端に流行り出して、昼から皆さんご機嫌だったのを思い出すな〜。



IMG_3638.jpg

前菜の鶏のバジルペーストの味も良かったし、サラダが美味しかった!


IMG_3641.jpg

パスタは、ピーマンと穴子の柚子胡椒風味。

大盛りで!!


IMG_3640.jpg

具材がどっさり

爽やかな柚子風味。

穴子の味も感じれる。

柚子風味の穴子をアテに白ワインをグビグビ。

オイルに絡んだピーマンをアテに白ワインをもう一杯。


IMG_3644.jpg

エスプレッソを飲んで、カウンター越しのスタッフと、しばし談笑。

夜のグラスワインを見るとビオワインがメインじゃないですか。


IMG_3645.jpg

デザートにガメイを一杯下さいな。

この酸味と華やかな香りが甘みに変わる。

最近、ガメラーやな。


IMG_3647.jpg

おっ!

グラスの赤い液体の中に満月を発見!

そういえば、本日は満月ですぞ!

今宵は月と飲みましょう♡


雲が厚い・・・




  1. 2013/10/19(土) 13:53:31|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らーめん専門 和海 / 尼崎 阪神武庫川

らーめん専門 和海 / 尼崎 阪神武庫川

IMG_3773.jpg

和海と書いてナゴミと読みます。

出来た当初から二年以上通っているが、全く飽きない。

今となっては、日本全国からラーメン好きが集まる店になっているみたいです。

カウンター9席、人気になりすぎて大行列になって足が遠のいていたが、無性に食べたくなる。

無化調で綺麗でコクのある出汁をとる。

ベースがシッカリしているから塩、醤油、味噌、どれを食べてもブレない旨さ。

現在、1番好きなラーメン屋!

一番自分の舌に合っているラーメン屋!

何が1番かって、近いのがいいw

大将は優しそうな人だが、ラーメンに対してはストイックでど変態!

スープを入れる動きのチャキチャキした動きと、麺を茹でている時の眼孔の鋭さはプロ!

様々な食に触れては自分のラーメンへ添加する進化系の限定ラーメンも旨い。

いや〜

これは、センスやね!

料理はセンス!

和海食べた人〜関西でここより美味しいラーメン屋やお気に入りを教えて下さ〜い。




鶏塩らーめん
IMG_3477.jpg

見た目にも豪華な鶏肉にメンマに水菜、珍しい車麩。

鶏肉はモモとムネの二種類で、火入れが完璧。

フレンチか!?wって思うシットリした具合。


IMG_3484.jpg

スープは鶏と魚。

バランスよくブレンドされていてシットリと奥深い!


IMG_3481.jpg

麺は中太の縮れ麺で歯ごたえもよく、シットリとしたスープを拾い、麺とスープのバランスも良い!


IMG_3487.jpg

最後の楽しみが、車麩。

カピカピのこいつを美味しいスープに浸すとブクブクにふやけます。

そいつを頬張ると、そりゃ旨い!!



ふわとろチャーシュー丼
IMG_3476.jpg

炙られた芳ばしいチャーシューに卵黄色の濃いフワフワの半熟玉子との相性がバツグン!

自然と笑みがこぼれる。




とある夏の日の限定ラーメン
IMG_3775.jpg

硬い細麺好きピリ辛冷やしラーメン

出汁は、めじか(そうだ鰹)と秋刀魚節。

旬の魚を使った限定の出汁ですね。


IMG_3776.jpg

スープは、複雑で奥深いが不思議と爽やか。

この夏は20種類の冷やしラーメンを提供したそうな。


IMG_3777.jpg

爽やかなスープに合わせるのは、通常の1.5倍の量の細麺がバランスよく合います。

ここをバシっと合わせてくるのはセンス!


IMG_3778.jpg

人気店を絶賛しても面白くないですねw

これからの季節は味噌ラーメンが解禁される!

楽しみ〜


  1. 2013/10/17(木) 12:05:58|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アヒル / 神戸 三宮

アヒル / 神戸 三宮

IMG_3655.jpg

いつ行っても、電話をしても満席ですね。

三宮の超人気の鳥料理屋さん。

平日の夜に電話をして何とかカウンターをゲット。

ことごとく断られる来客者。

すごい人気店。

愛想の良い女将。

IMG_3657.jpg

気持ちいい接客。

これぞまさに オ モ テ ナ シ!




付き出し
IMG_3660.jpg

カボチャの冷製スープだったかな?

濃厚でクリーミーで、美味しかった!

始めがこれだと期待してしまうね。




刺身の盛り合わせ
IMG_3661.jpg

播州赤鶏の肝、心、ズリ、胸とモモ

チャービルなんかの付け合わせのセンスも良い。

一口食べて鶏が新鮮なのがわかった。


IMG_3663.jpg

恥ずかしそうに後ろに隠れていた、赤どりのモモの炙りが芳ばしく、歯ごたえも良く、噛めば噛むほどに鶏の旨味が出てきて、旨かった!



白クダサイ
IMG_3664.jpg

イタリアの白ワインは香りも良くて手頃なうえにそこそこイケる!




何を食べるか迷った結果、最近自分の中で流行の焼き鳥をオーダー


つくね
IMG_3666.jpg

柚子胡椒風味でフワフワしてる。



せせり
IMG_3667.jpg

ハラミ
IMG_3670.jpg

ポンジリ
IMG_3671.jpg

小さくて可愛いサイズ

食べやすく女性目線。




口直し
IMG_3674.jpg

野菜達が旨い!野菜の味がするw




赤クダサイ
IMG_3680.jpg

イタリアの赤は白と同じ作り手


せぎも
IMG_3681.jpg

素材が良いだけに印象に残る串が無かったのが残念。



白子が売り切れ!食べたかったな。




他の鶏料理も気になる。



鶏にゅうめん
IMG_3682.jpg

淡白で鶏の旨味が弱い。



鶏スープ
IMG_3686.jpg

締めれなかったのでスープまでオーダーしちゃいました。

弱いスープ。アラレの香りが強いので負けてしまう。

女性客が多い店なので、これぐらいがウケるのかもね。



次は、白子と他の鶏料理と〆は鶏茶漬けにしよう。



  1. 2013/10/16(水) 10:38:50|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鮨 まつ本 / 西宮 苦楽園

鮨 まつ本 / 西宮 苦楽園

IMG_3737.jpg

とある処でお逢いしたのは偶然か。

これも何かのご縁かと。

早速予約の電話を入れて、伺ったのはお盆明けの八月半ばを過ぎた頃。

苦楽園から芦屋にかけて高級住宅街の並ぶハイソな地域。

真夏の強い日差しに負けそうになりそうな昼


IMG_3739.jpg

エビスの小瓶が染み渡る。

グラスはバカラ。

シンプルな店の作りに音の無い静かな空間。

凛とした空気に適度な緊張感。

襟を正して鮨を摘もう。




剣先烏賊
IMG_3741.jpg

三枚におろされた物を細切りにしてシャリの上に盛り付ける。

白胡麻と塩を振って食べるのは関西の小松弥助。

烏賊の甘み!

手の込んだ食感は面白い!

手で素材に直接触れる感覚。

鮨を手に取ると小さめのシャリは、ほどけてしまいそうにデリケートで繊細。

酢も弱く甘くない味は好み。



太刀魚の炙り
IMG_3743.jpg

表面を炭火で炙り、棒寿司のように握られてカットされる。

手の上に乗せられる。

酢橘と七味で食べる。

火を通して、分厚い身はふわっふわになり香ばしい。



IMG_3745.jpg

サケクダサイ。


鯛の昆布締めの画像は見つからず・・・




鯵アジ
IMG_3746.jpg




鰹カツオ
IMG_3748.jpg

スモーキー!



漬け中トロ
IMG_3750.jpg




鮎あゆ
IMG_3752.jpg

川魚の臭みなどなく、小さな鮎は繊細!




車海老
IMG_3753.jpg




鱧の漬け込み
IMG_3756.jpg

出汁を吸った鱧は優しく、酢橘の皮でキリっと締まる!




秋刀魚サンマ
IMG_3757.jpg

これからが旬。




つぶ貝
IMG_3759.jpg

ショクショクした食感と貝の甘み!




赤出汁
IMG_3764.jpg

ホット一息。




穴子
IMG_3766.jpg

甘めのタレでフワフワ



巻き
IMG_3767.jpg

北海道礼文産の紫雲丹と干瓢

海苔の香りが良いから雲丹の香りの邪魔になる。

海苔も美味しく、雲丹も美味しい!

中の雲丹だけも楽しみたい。




玉子
IMG_3770.jpg

卵はほんのり甘く、弾けんばかりに出汁が効いている。

出汁巻き!




子烏賊
IMG_3771.jpg

秀逸!!

本日の目的の逸品!

コレを食べにきた。

先日、話されていた、シニ烏賊!?の子烏賊!

一週間前だと小さすぎて、後だと大きくて握れない。

一貫で一匹使える丁度良いサイズの子烏賊はお盆明けにしか漁れない至宝の子烏賊!

艶のあるきめ細やかな肌と質感!

優しい食感と滑らかな舌触りと甘味は味わった事がない!

追加でオーダーした甲斐があった!

ちょいと贅沢なランチもたまにはイイね!




鮨修行はされていない独学の鮨。

センスが大切なのかもしれませんね。




鮨職人は手が命!

飲み過ぎて手を怪我されないように注意して下さいねw

昼のまかないも食べてみたいな〜



  1. 2013/10/15(火) 11:08:08|
  2. 寿司
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BAR TOYOKAWA トヨカワ / 徳島 阿波富田

BAR TOYOKAWA / 徳島 阿波富田

DSC_3153.jpg

この店を出て、徒歩1分

どうしても来たかった!

阿波美人が目当てでもなく

阿波踊りが目当てでもなく

ここ来る為に徳島へ上陸したんです。





太めの道路から一本入った飲み屋街の一角

40年以上も営業されていて、親子二代でカウンターに立たれている オーセンティックなBAR





ジントニック
DSC_3156.jpg

喉を潤す。綺麗なお味




ダイキリ
DSC_3158.jpg

キレキレなショートで決めて!





モヒート
DSC_3165.jpg

抜群!!

香り良し!味良し!爽やかさ良し!

仕事が丁寧。

自宅で栽培している二種類のミントを使用してつくっているとか。

配合が完璧!好み!




DSC_3167.jpg

バックバーにはスコッチ、バーボン、ジャパンウイスキー、リキュールが纏められビッシリと並んでいるので、眺めているだけで楽しい。





徳島ハイボール
DSC_3170.jpg

せっかくなんで、ご当地ハイボールを飲んどかないとね!

普通のウイスキーのソーダ割りちゃいます!

レシピを書くと あれなんで詳しくは書きませんが

特産物の和三盆と酢橘を入れているのが特徴。

香りの良いウイスキーを使っているだけあって

コレが複雑で美味しかった!




DSC_3174.jpg

阿波美人・・・

ええなぁ〜





トゥナイト
DSC_3176.jpg

優雅!!




今夜は・・・

想像しながら飲んで下さいとマスター

この店のスペシャリテ!

1986年全国バーテンダー技能競技大会総合優勝したときに作られたカクテル!

コレを飲みに遠方から来る人も多いらしいです。



DSC_3183.jpg

今夜は・・・

阿波美人と・・・

なんて想像しながら

今夜は1人酔っ払いましたとさw







  1. 2013/10/11(金) 10:37:58|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

和料理 潮来亭 / 徳島 阿波富田

和料理 潮来亭 / 徳島 阿波富田

DSC_3136.jpg

何故か徳島へ

初徳島ですね!

鳴門から徳島通過で香川や高知、愛媛ってのが多かったんですが・・・

実は徳島へ来たかったんです。


DSC_3135.jpg

ようこそ徳島!

あわ踊り!

お盆の時期ですねw

徳島へ来たかった理由は、そのうちね!




徳島市内の割烹へ

と言っても、雰囲気はちょいといい 居酒屋風



付き出し
DSC_3138.jpg

阿波牛だったかな?

牛しゃぶの冷製

コレが旨すぎ!

付き出しのボリュームとレベルを遥かに超えている!

柔らかく旨味の乗った牛にトロロ芋と甘い玉ねぎ!

クオリティが高い!

今日一番かもw




鰹のタタキ
DSC_3140.jpg

ねぎまみれで、何かわからんねw

添えられた酢橘は、さすが徳島!酢橘の町!



DSC_3141.jpg

表面の皮を炙られた鰹は芳ばしくネットリとした食感はエロい!




鱧の湯引き
DSC_3144.jpg

大阪の名店喜川で修行をされてただけあって

ええ状態で出してくれはります。

やっぱり、酢橘は基本!



DSC_3146.jpg

梅肉で!

って、旅行してるのに京都に居る気分w



鰆の干物
DSC_3147.jpg

普通に旨かった!



鳴門金時チーズ饅頭
DSC_3149.jpg

なんじゃこりゃ!?

芋の甘さとチーズのコクと餡!

複雑ながら餡が、ちゃんと繋いでくれているのが面白い創作料理!

この店のスペシャリテだろう!


デセール
DSC_3152.jpg

甘夏のゼリーやったかな

早く書かんと忘れるね!



予想以上に手頃だったのが嬉しかった!

徳島の夜





  1. 2013/10/10(木) 23:59:09|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインBAR Nadja ナジャ / 尼崎 塚口

ワインBAR Nadja ナジャ / 尼崎 塚口

DSC_4260.jpg

尼崎の夜、前回のナジャはこちらから。

尼崎といっても阪神尼崎ではなく阪急塚口です。

南塚口だが、ドアを開けた瞬間に南フランスまでトリップする。

そう!この匂いを嗅ぎに来ているのだと今日も実感する。

自然派のビオワインをメインに提供してくれる。

この店のお陰でワイン好きに拍車がかかった。


DSC_4258.jpg

店内の開けられた瓶やコルクからはワインのフレグランスが立ち込める。

積み上げられたダンボールには大量のワインストック。


DSC_4256.jpg

ステンドグラスの奥に眠る熟成ワインたち。

美しい音楽からセンスの良い奇抜なBGMなどに囲まれたワイン達の宴。




DSC_4264.jpg

シャンパンは1種類

グラスワインは赤白其々2〜3種類かな?

最近はグラスワインをブラインドで楽しむ。

今回はフランスのピノノワールと予想したが残念!

ニューワールドのピノノワールだった。

香りもいいね!


DSC_4254.jpg

1年以上、週一回も通えば、自分の好みにも合うワインとも出会えるしワインの良さや楽しさもわかってきた気がする。

これが不思議と舌が変化していくのか、酸味の強いものが苦手で、力強く果実味に溢れている品種が好きだったのが、今ではピノノワールの香りの良いエレガントな酸味が好きになってきた。

ウイスキーでも正露丸のような香りのピート香が苦手だったが、今では大好物♡


DSC_4255.jpg

大人数で居酒屋使いをする店じゃないね。

デートでワインに力を借りて口説いてみたり。

ワイン好きの一人客も圧倒的に多い。

此処はワインを嗜む空間。

ワイン好きの集まる社交場。


DSC_4262.jpg

これはフランスのラングドック

さっきの二種類以上を飲み比べると分かりやすい。

同じ赤でも反対の存在。

ワインはフランスが中心で、イタリアも多く

スペイン、日本、ニューワールド、アメリカの少量かな?


DSC_4265.jpg

ワインのアテや料理と楽しむのもいいが、註文すると30分はキッチンにこもってしまうので、マスターとの会話を楽しめないので、ほとんどがワインのみの利用が多いかな。

落ち着いた雰囲気だが、カウンターとテーブルが埋まるとテンヤワンヤになる。

その時は、待ち時間を楽しむのが大人のマナー。

何故遅いかは愛情を込めて、ひと手間かけた料理を作ってくれるからである。

奇想天外なセンス溢れる料理がたまに有るのも楽しいし、その料理に合わせてワインを楽しむのもいいでしょうね。

ただ、ここはワインBARなので料理だけの註文はタブー。

って、見たことないですけどねw


DSC_4269.jpg

このハイソなワインBARが南塚口に有るのが、私にとって奇跡!

私の知る限り、客層もよく心地良い時間をいつでも楽しめる。


DSC_4272.jpg

たまに出現するロゼはマルセル・リショー

マルセル・リショーはやっぱり好きですね。新酒も赤も好みの物ばかり。

ロゼって、こんなに美味しいの?と思わせてくれる。




他の日のワイン達

エチケットを見てるだけで楽しめる。

DSC_4108.jpg
DSC_4107.jpg
DSC_4106.jpg
DSC_3967.jpg
DSC_3966.jpg
DSC_3965.jpg
DSC_3964.jpg
DSC_3963.jpg
DSC_3869.jpg
DSC_3866.jpg
DSC_3864.jpg
DSC_3253.jpg
DSC_3252.jpg
DSC_3648.jpg
DSC_3568.jpg
DSC_3566.jpg
DSC_3543.jpg
DSC_3540.jpg
DSC_3537.jpg
DSC_3504.jpg
DSC_3442.jpg
DSC_3427.jpg
DSC_3426.jpg
IMG_3032.jpg
IMG_2933.jpg
IMG_2842.jpg
IMG_2840.jpg
IMG_2839.jpg
IMG_3403.jpg
IMG_3401.jpg
IMG_3400.jpg
DSC_3652.jpg
DSC_3651.jpg
IMG_2328.jpg
IMG_3239.jpg
IMG_3235.jpg
IMG_2734.jpg
IMG_2733.jpg
IMG_2732.jpg
IMG_2731.jpg
IMG_2392.jpg
IMG_2391.jpg


今宵もナジャでワインと戯れましょ♡






  1. 2013/10/09(水) 11:19:50|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華料理 王さん / 尼崎 出屋敷

中華料理 王さん / 尼崎 出屋敷

DSC_4277.jpg

尼崎の夜

出屋敷駅を北へ行くと夜中でも煌々と光る看板がある。

昔から一杯やって帰る前に、よく立ち寄っていたのを思い出す。

なんで、よく行っていたか?

夜中に開いている阪神尼崎付近の中華料理屋はここしか知らなかったからw

深夜に開いてるわけがないやろうと思い店の前へ行くと必ず開いている。

今まで裏切られた事がないんですw



店に入るとママさんがお出迎えしてくれて、「久しぶりやね〜」

そういえば今年に入ってはじめてかな?




上焼飯
DSC_4279.jpg

普通の焼飯やカツ焼飯もあるが、コレがお気に入り♡

パラパラに炒められた少しオイリーな焼飯。

それを覆うフワフワの玉子。

さらにソースのコク。


DSC_4285.jpg

レンゲをフワフワ玉子に入れると 細かく刻まれた野菜に焼豚。

エビとイカがゴロゴロ入っているから流石、上の焼飯!


DSC_4287.jpg

焼飯とフワフワ玉子のマイルドさとソースのコクが絡んだ瞬間が至福の時。



スープ
DSC_4282.jpg

付属のスープは一般的な味だが、酔った体に染み渡る。



DSC_4280.jpg

いろいろ食べたが結局、上焼飯に辿り着いた。

春雨の餡かけスープもオススメ!



ここに来て思う事がある。某ポイントランキングのサイトの点数なんて関係ない。

とりあえず、上焼飯を食べてみてほしい。


  1. 2013/10/08(火) 11:18:29|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天ぷら 天露 / 阪神 尼崎

天ぷら 天露 / 阪神 尼崎

DSC_4207.jpg

尼崎の夜

尼崎に天麩羅屋が有るとは知らなかった。

コレは行かねばならぬ!


場所は、尼崎えびす神社の北側だが、マンションの隙間を奥に行った所に暖簾がかかっているので、わかりにくい。

これぞ隠れ家!


DSC_4208.jpg

カウンターが10席程に座敷が2テーブルの小さな店。



小鉢
DSC_4213.jpg

鮪の漬け




DSC_4210.jpg

四種類の塩で食べるシステム

左奥から塩、山椒塩、抹茶塩、紫蘇塩

店名がテンツユだが天汁は、ありません。




車海老の脚
DSC_4215.jpg

生きている車海老を目の前で包丁を入れて調理してくれる。

殻を剥いて背わたをとって、海老の背が曲がらないように包丁を入れる。

目の前で見れるのは面白い。

薄目の衣でカリッと揚げられた脚はサクサクで食べやすくビールによくあう。




車海老
DSC_4218.jpg

天麩羅の花形!

大きめの衣ですが、大きめの車海老は食べ応えもありぶりんぶりん!




獅子唐
DSC_4219.jpg

二つあるので、違う味の塩で楽しめる。



ワカサギ
DSC_4221.jpg

まだ、小柄なワカサギは柔らかく小骨も小さく食べやすい。

コレからが旬!



オクラ
DSC_4222.jpg

大きめのオクラには甘めのタレが始めから付いている。

食べやすいように包丁が入れられていて、タレで食べる天麩羅は串カツの感覚で面白い。




サケクダサイ
DSC_4226.jpg

お任せで出てきた越乃寒梅




フカヒレ
DSC_4228.jpg

まさか、天麩羅でフカヒレを食べるとは思わなかった!

ねっとりしたフカヒレの煮こごりの天麩羅は新感覚!





蓮根
DSC_4229.jpg

輪切りじゃないのは珍しく、この切り方 食感が良くて美味しいです。




マナガツオ
DSC_4231.jpg

マナガツオって鰹とは別科なのね。




松茸
DSC_4232.jpg

食感、歯を入れると溢れる松茸エキス!

香りも良くて幸せだw




口直し
DSC_4235.jpg

油をリセット!



胡麻豆腐
DSC_4238.jpg

優しい味付けの鮪の出汁に半身浴で出てきます。

出汁の風味の後に胡麻豆腐の香りが鼻腔を抜ける!

コレは美味しかった。




ハゼ
DSC_4240.jpg

羽のように綺麗に開いているので食べやすい。



さつまいも
DSC_4241.jpg

ホクホクで甘く蒸し料理の良さが出ています。



イカ
DSC_4242.jpg

四角柱にカットされた紋甲イカはねっとり。



河豚のとうと身
DSC_4243.jpg

河豚の皮と身の間の部位を湯引きしてポン酢で和えている。

酒に良くあう!



とある出来事でサービスしてもらえました。

お心遣いありがとうございます。

冬にかけて旬ですね。

ラッキー!




インゲン
DSC_4244.jpg




帆立
DSC_4246.jpg

大粒の帆立!

テンション上がる!



イチジク
DSC_4247.jpg

イチジクで天麩羅でどやさ?と思っていたが

蒸された温かいイチジクは甘味が増して美味しかった!



雑炊
DSC_4248.jpg

鮪の出汁で炊かれた雑炊は、出汁が多めでホッコリ。

DSC_4250.jpg


デザート
DSC_4251.jpg

ピオーネで口を潤して〆




小鉢、天ぷら15品、雑炊、デザートで3150円で満腹!

魚と野菜のバランスもよく、胃もたれもなし。

衣は好みが分かれるでしょう。

ゆっくりできる、下町の天ぷらやもいいもんです。



メニューを眺めるとアテも充実しています。

しかも深夜まで営業しているので、他店が閉めている遅い時間にちょっとええ物を食べたい時には便利そう。


  1. 2013/10/07(月) 12:05:41|
  2. 天ぷら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

播州地酒と全国銘酒 肴 ひの / 神戸 三宮

播州地酒と全国銘酒 肴 ひの / 神戸 三宮

IMG_3507.jpg

元町の I 子さんのオススメで行きました。

普段から好んで日本酒は飲まないが、飲んでしまえば美味しい日本酒と出会ったり、日本の料理にピッタリだったりするのでツイツイのんでしまう。

正直、飲んだ数が少ないから辛いか甘いか、香りが強いか弱いかぐらいしかわからない。

甘いのは苦手で辛口が好み。


IMG_3490.jpg

赤星のビールに突き出しが結構イケる!




ポテトサラダ
IMG_3493.jpg

ほぼ全員が食べている名物のポテトサラダ。

なぜ名物か?

このボリュームで、100円!!

100円で、こんなポテサラ始めて!

大きくカットされた柔らかい焼豚が入っている。

上にはフライドオニオンが、まぶしてあるので芳ばしく

パプリカパウダーのビジュアルもイイね!

味も絶品!

この店のスペシャリテだと思う!




刺身の盛り合わせ
IMG_3494.jpg

明石の蛸は食感もよく水分も旨味たっぷり!

生の鰹はねっとり新鮮!しめ鯖、サーモンなど魚もええもん使ってます。





IMG_3497.jpg

辛口でお任せしました。

純米吟醸 奥播磨

グラスはリーデル。最近うすはりのグラスの店が多くなってきましたね。

播州の酒を揃えているだけあって、地元愛を感じる。

しかも飲みやすく、刺身には酒だ!

日本酒はほとんどが500円前後だったはず。




姫路おでんの盛り合わせ
IMG_3500.jpg

アッサリした出汁で作られたおでん。

五種類ほど入っていて、どれも大振り、

色は薄いが味はちゃんと付いています。

葱も美味しい!

そんなおでんを・・・

IMG_3502.jpg

姫路では生姜醤油で食べるんですよね。

これが滋味深く、いいですね〜






IMG_3498.jpg

名刀政宗 特別純米酒 脇 超辛口

この酒もグイグイ飲める。イイね!




フルーツトマト
IMG_3504.jpg

大将からサービスで出していただきました。

ありがとうございます。

このフルーツトマトの甘いこと!

苺のように甘い!


IMG_3506.jpg

甘いフルーツトマトには、コレ!

サービスで出してもらいました。

開運

名前がイイね!

実は、これが苦手な甘口の酒と知らされる・・・



甘いフルーツトマトを頬張り

甘口の酒を口に含んだ瞬間



旨〜〜!!

コレが合う!!

ブルーチーズに貴腐ワインのような衝撃!

デザートだ!




結構、満腹でほろよいで3000円ナリ!



大将曰く、日本酒好きでワインを飲む人は少ないが、ワイン好きは日本酒を飲むらしい。

そんな日本酒好きが、日本のワインは大阪府羽曳野の仲村ワイナリー「がんこおやじの手造りワイン」は飲んで美味しかったとのこと。

がんこおやじの手造りワインは、エチケットを隠してブラインドで飲んだ時に日本のワインと思えないぐらい美味しいと思った事がある。日本のワインで初めて美味しいと思ったワインだ。

同じ味覚やんw



日本酒も楽しいな〜





  1. 2013/10/04(金) 11:10:55|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

柏原葡萄農園 / 大阪 柏原

柏原葡萄農園 / 大阪 柏原

DSC_3507.jpg

この前「花切り」をした時には、まだまだ緑色で硬かったデラウェアが熟して色付くのは早いものです。

お盆の終わりの事。


DSC_3508.jpg

お盆明けの時期で猛暑、酷暑だったが山の上で気温は若干涼しく感じる。日差しは大きく伸びた葡萄の葉が遮ってくれていて、思ったよりも過ごしやすい。


DSC_3506.jpg

前回の経験から着替えを持ってきているので、汗臭さも気にしなくていい。

汗かきだからタオルは必須!

長袖長ズボンを履いていないと、夏になると蚊が多い。しかも山の蚊となると都会の蚊と違って、大型で刺された腫れもなかなか引かない。

結局、全身を覆っているつもりだったが、オデコを刺されたw ミミナシホウイチ

半袖で来ていた女性は腕が悲惨な状態になっていて、可哀想だった。

次回は長袖で来てね!


DSC_3513.jpg

軍手をはめて、ハサミでチョキチョキ。

数日にかけて収穫していくので、熟れている葡萄からカットしていきます。

まだかな?と思うものは残しておいて次の日には全ての葡萄を収穫します。


DSC_3517.jpg

「花切り」で選定された先鋭部隊の葡萄達!

この葡萄はワイン用の葡萄になるので、しっかり味見もしないとね!

どれどれw

DSC_3516.jpg

キラリと光る葡萄

実の真ん中に見える黒いのが種。



水分を大量に含んだ実は瑞々しく、甘くて美味しい!

昔は、種有り葡萄は面倒くさくて渋くて苦手だったが、今では種の周りの渋みが何とも旨い!



普段食べている、種の有る葡萄を食べるのはストレスを感じるかもしれませんが、いいもんですね!

この種が良い仕事をするみたいで、種の周りの渋みがタンニンになるなど重要な役割を担っているみたいです。

だから、敢えて種有りの葡萄なんですね。

納得!


DSC_3510.jpg

種無し葡萄を作るには、ジベ処理といって葡萄の花をジベレリン薬液というホルモン調整剤に浸して作るみたいですね。

ジベレリン処理をすると糖度が低くなるので、それを補うために肥料を添加するみたいです。

だから、種無しだと食べやすくて甘くて子供でも食べやすいのですね。


DSC_3512.jpg

出来るだけ無農薬に近い状態で作られた葡萄には、可愛い虫達が付着しているので、綺麗にしながらバットに詰めます。

洗ってしまえば早いのにと思うでしょ?

洗ってしまうと味が落ちて薄くなってしまうので、手作業で綺麗にしていきます。

先ほど触れた種の話。



美味しい物ほど、手間がかかる。

手っ取り早く作られた安い物ほど何かある。

どっちの食物がいいですか?


IMG_3513.jpg
IMG_3514.jpg
IMG_3515.jpg
IMG_3519.jpg
IMG_3520.jpg
IMG_3521.jpg
IMG_3522.jpg

どうやら年内には新酒を飲める噂です。

楽しみ♡

IMG_3524.jpg


  1. 2013/10/03(木) 12:18:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冷麺処 伸 / 神戸 三宮

冷麺処 伸 / 神戸 三宮

IMG_3318.jpg

もう、すっかり秋めいた空で衣替えのじきですが、まだまだ暑いですね。

食べたのは真夏日のですが、まだ暑いという事で今年最後の冷麺でもいかがでしょうか?

冷麺って焼肉の〆に食べることが多いですが、冷麺専門店にくるのは初めてです。


IMG_3321.jpg

冷麺とビビンバのセットで950円

冷麺の麺は基本が半玉で一玉にすると+100円かかるので、1050円になる。

平日のランチに1000円オーバーは気が引けるので、半玉にしときましょ。



IMG_3325.jpg

麺はボソボソであまり好みではないが、スープは かなりアッサリで食べやすい。

IMG_3326.jpg

ヤンニンと酢を大量に投入して変化を楽しむのは持論

暑いときや食欲がない時にはいいだろう。



IMG_3328.jpg

ビビンバは無難な味付けだったんで、大量にヤンニンを投入して楽しむのも持論



明日から寒冷前線で、気温のが下がり冬に備えるジビエの栄養素が高まったり魚の脂ものり 野菜なども どんどん美味しくなり。

食欲も増してきます。

秋冬をしっかり楽しみましょう♡






  1. 2013/10/02(水) 11:03:36|
  2. 韓国料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チッチャ Ciccia / 神戸 三宮

チッチャ Ciccia / 神戸 三宮

DSC_4074.jpg

無性に食べたくなるイタリアン

前回のチッチャ




生パスタ
DSC_4076.jpg

三宮で見られる風景

「百聞は一見に如かず」

わかりやすい!




アペリティーヴォ
DSC_4079.jpg

Salute!

CAVA
くどくなく、スッキリとした味わい。




DSC_4083.jpg

モッツァレラ

空輸と聞いて即決

空輸だから食べたくなってしまう。

歯触りもよく噛んだ瞬間にジュワッ〜っと広がる水分と風味とコク

値段を考えると親切!





ストゥッツィキーノ
DSC_4084.jpg

グリッシーニとバケット

この市販のグリッシーニが結構イケる!



グラスワイン
DSC_4086.jpg

白がアッサリと濃いめの二種類

赤は三種類

明朗会計w

面白いのはイタリアではなく、フランスワインばかりが揃っていること

どう、組み合わせるか楽しみ!




アンティパスト
DSC_4091.jpg

秋刀魚のタタキ
わた風味のマヨネーズと雑穀のサラダ仕立て

一口食べた瞬間

絶品!

天才!

脂の乗り!炙った香り!がたまらん!

苦味の効いた、わたのマヨネーズが抜群に合う!

大小の雑穀の食感、揚げたパンのサクサク感!

秋刀魚の脂、皮を炙った香ばしさ!

食事をする楽しさを教えてくれる!

前回に引き続き、前菜は絶品!



アッサリした白ワインがイイね♥︎



べヴァンダ
DSC_4087.jpg

脂がのった秋刀魚やタコは以外に赤ワインが合うらしいが、左のアッサリした白ワインが良く合う!色もアッサリしている分、薄いでしょ。




プリモ・ピアット
DSC_4094.jpg

パスタ 魚介類のラグーソース、イカスミのタヤリン

生地のボソボソした食感は、あまり好みではないが、味が良い!

アルザス、マルクテンペのアリアンスがバッチリ合う!

前菜のアッサリワインだと弱すぎる

食事にワインは欠かせないと思わされる。



「この料理にはこのワイン」「こっちの料理はこのワイン」など料理に合う最良の組み合わせを提案してくれたら食事とワインの楽しさをもっと知ってもらえるだろう。

隣客がアッサリ味と濃い味のワインを飲み比べて前菜に合うワインは濃い味のテンペよりもアッサリした飲みやすい物の方が美味しかったと言っていたのは、正解だと思う。

テンペはワイン自体が美味しく、料理に合わせずとも、グラスワインだけでワインバーで出てくれば満足させてくれる。濃いワインは、存在感が大きいので、料理に合わせるには、やはり素材を選ぶ。

このパスタには抜群だった。




セコンド・ピアット
DSC_4101.jpg

仔羊のロースト ごぼうのソース ローマ風

ごぼうのソースはブロデッタートと言ってローマの郷土料理らしく

そのままでは重いので、ごぼうと卵を合わせた、オリジナルですって。


DSC_4103.jpg

ソースが美味しい!牛蒡の風味も良く、まろやかさがある。

羊と牛蒡の相性は鉄板。

伝統と組み合わせだが古くない。

ネオクラシカル!

イタリアンの肉料理は焼くだけや煮込むだけの店が多く。旨さにも欠ける店が多いので、ソースで楽しませてくれるのは流石!

羊の良い風味がありソースが美味しいので、もう一歩踏み込んだ味があるともっと凄い料理になると思う!



DSC_4092.jpg

仔羊に牛蒡のソースならボルドーが王道らしいがローヌで!




一回転目だとバタバタして忙しいので、シェフとの会話ができないので、二回転目で落ち着いている方が好みかな。

カウンターでのオープンキッチンは楽しい!

スキレットの動きや手捌き、調味料を入れる量やタイミング。

見ているだけで楽しめる!

リストランテには無い楽しさがある!



そんなバタバタの中で、むせた時に水をさり気なく持ってきてくれたのは、嬉しかったです。オオニシサンアリガトウ!



加納町の天才青木シェフ、次はユックリきます。料理の美味しさとワインを追求し続けて下さい。




  1. 2013/10/01(火) 10:52:20|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。