コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ca Sent カセント / 神戸 元町

Ca Sent カセント / 神戸 元町

DSC_4339.jpg

リニューアル情報を得て電話をすれど、なかなか繋がらない夏前。

ようやく予約がとれても2ヶ月後の秋。

相変わらずハードルが高いです。

食材も美味しくなっていくので楽しみですね。


DSC_4342.jpg

予約の10分前に到着してドアを開けるが、準備がまだとの事で、外で
待つ事に・・・

紋白蝶を眺めていると、5分前にようやく店内に通されました。


DSC_4341.jpg

スタイリッシュなモノトーンの店内。




シャンパーニュ
DSC_4344.jpg

柔らかい泡が立ち昇るように

柑橘系の香りも豊かで高揚感もあがる。





グリッシーニ
DSC_4348.jpg

神戸のパンの定番、サ マーシュさんの極太グリッシーニはモッチモチで添えられたバジル、スターアニス、シナモンが香りをさり気なく演出する。





鯖のマリネとアボカドのピューレ
DSC_4350.jpg

パリパリのチュイールでサンドされた浅めに締められた香りの良い鯖にネットリと絡むアボカドは初っ端からエロい!

しかも手で頂くが食べやすい。

シンプルな構成だが、一技効かせてます。





DSC_4355.jpg

泡はデゥラモット!

さすがですね。

「サロン」も飲んでみたいな〜



スペイン産 紫にんにくのペースト 玉ねぎのマリネ
DSC_4360.jpg

またまたチュイール!

爽やかな酸味と甘みが口に広がる!




こちらも手で頂くが、最近ヨーロッパの星付きレストランでは手で料理を食べるのが流行っているらしいです。

手で食材に触れる事によって、より食べ物を理解できる。指に伝わる感覚は間接的に食事をするよりも素晴らしいのかもしれない。日本でも鮨、インドのカレー、骨付き肉の塊も手で食べるからこその、独特な伝わり方があると思います。箸を捨てよう、フォークとナイフはいらない。もっとプリミティブに食事を楽しもう。




イクラの茶碗蒸し
DSC_4361.jpg

温かい香りの良い大粒のイクラ。火?スモーク?

イクラちゃんに出汁と卵のプリンは美しい。





DSC_4365.jpg

ミネラリー!!

ミネラルを含む水質で作られた濃厚な宮城県産の牡蠣はアンチョビのペーストと皮をミキサーですり潰して凍らせたピンクの冷たい林檎のシャーベットで鮮やかかつ爽やか!

上に添えられたのは、西洋山葵の葉





白ワイン
DSC_4369.jpg

スペインのチャレロ。

確か、もともとジェロボアムが経営母体だったはず。自然派ワインに期待をよせる。

改装を期にオーナーシェフに変わった?





フォアグラのテリーヌ
DSC_4371.jpg

低温調理されたフォアグラ
下のアーモンドのチュイール
上の紫芋のチュイール
オリーブのペーストと
蜂蜜ビネガー


コクの塊が滑らかに、すぅーっと溶けていく。




北海道のボタン海老 青蜜柑
DSC_4373.jpg

海の香りが、ほのかにする。

少し火の入ったレア状態の大ぶりのボタンエビは、まるで さっきまで生きていたかのよう。

良い素材をシンプルに調理する事で、最大限に美味しさを引き出されている。



素晴らしい!


DSC_4380.jpg

殻を剥がす時に卵が殻の方に付いていくので、上手に剥がすのが難しいが絶品!

こんなに美味しい海老は、なかなかいない。

素手で食べるのって官能的

間接よりも直接のほうがいいでしょ♡





温野菜のサラダ焦がしバターとエメンタールチーズのソース
DSC_4381.jpg

季節の有機野菜達にポットから注がれる、真っ白いエメンタルソースは牛乳のようにサラサラ。

見せるサラダ!



DSC_4382.jpg

熱々で香り高いコクのあるソースで野菜が踊りだす!

そして野菜の味が濃い!

これなら野菜嫌いの子供でも食べれそう。

主役のソース!





DSC_4387.jpg

サ・マーシュのパンをさっきのエメンタルソースに浸す。

フワフワの生地にソースをタップリ含んだパンほど美味しい物があるだろうか?

この場合、パンはソースの引き立て役。




DSC_4388.jpg

マルク・クレイデンヴァイス 

アルザス アンドロー リースリング 2011

思ったよりもミネラル!




DSC_4389.jpg

細身のカトラリーはオペ用の器具に見える。

次の料理をオペしてやる!w




福井県三方五湖の天然鰻と蕎麦の実のポレンタ
DSC_4393.jpg

カンペキ!!

肉厚ジューシーな鰻の脂を蕎麦の実の素朴さが優しく仕立てる。

鰻といえば浜松と高知の四万十川が有名だが、まさかの福井県で、こんなに美味しい鰻がいるなんてビ・ツ・ク・リ!

鰻の白焼きの香ばしさは好きだが、またそれとは違う美味しさ!

鰻の脂がタップリ乗っているが、サラリと食べれる。




DSC_4394.jpg

チャンパニス ヴィエリス シャルドネ 2010 ヴィエ ディ ロマンス

あれっ?

なぜ、白を飲んでるんでしょ?

鰻には赤のはず。



バレンシア風おじや
DSC_4396.jpg

魚介類のベース。

濃いめの味付け。

旨味成分たっぷり。

この店
のアロスと良い勝負!アロスにベシャメルが良かったな〜

こちらは、シンプルに素材を楽しむ。



DSC_4401.jpg





おかわりしちゃったよw




DSC_4405.jpg

栗、栗の皮とコーヒーのデセール

栗の皮で大人の味付け。



DSC_4408.jpg

ハーブティー

レモングラッセ、ベルベール、ミントから選べる。



DSC_4410.jpg

スペイン産のホンダンショコラ、弓削牧場のアイスクリーム、カカオのチュール

フワフワマイルド。




至高の料理!

素晴らしい!



気になる点

ワインに弱い。

店員の靴。

ウェイティングスペースがほしい。



また、予約の電話をかけるぞ!



Estaba muy rico, gracias!

DSC_4337.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/11/29(金) 10:10:24|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

麺や而今 / 大阪 鴻池新田

麺や而今 / 大阪 鴻池新田

DSC_4637.jpg

小雨の降る中、ラーメンドライブ。

住宅街の、ど真ん中。

行列はナシ。



駐車場は満車。運動がてらダイエーの駐車場から歩きましょか。

店の前に到着すると路駐をしている輩が・・・

住宅街やのにマナーが悪いですね。

東大阪やし、しゃーないかw





芳醇醤油そば
DSC_4639.jpg

丁寧に作られているのが伝わってくる。

丁寧に盛り付けられたラーメンは見ていて気持ちがいい。

美意識が高いですね。

鴨肉の薫香と旨味。

臭みもなく好みの焼豚。

軟骨が入っていて焼鳥屋のようなつくね。

もう少し食べたいと思う味と量。




DSC_4640.jpg

表面を覆う澄んだ鶏の脂。

綺麗なスープは鶏の魚介のダブル。

鶏の主張が強く、濃厚な旨味と香り。

それを和らげて纏める魚介出汁。

鮎の魚醤と生醤油の返しの芳醇な香り。

ここの生醤油は家にありますけど、無添加で賞味期限が短いが、香りも味もよく重宝しています。

フィニッシュにジビエのような鳥獣香が残る。

鶏だが、ジビエスープだ!


力強い、このスープで鍋をしたいw




DSC_4641.jpg

中細ストレートの低加水麺は、ザラついた表面が濃厚スープを絡めて啜れる。

レンゲは、いりません。

麺を啜る勢いで、麺に絡んだスープを飲みます。



DSC_4635.jpg

ラーメンに夢中で、そぼろご飯忘れてたよw

甘辛く生姜が決まってる!




しかし遠かった!

近くに有ればな。





運転おつかれさま。
merci beaucoup











  1. 2013/11/28(木) 12:55:30|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LE CHAT NOIR (シャノワール) / 大阪 心斎橋 鰻谷

LE CHAT NOIR (シャノワール) / 大阪 心斎橋 鰻谷

DSC_4329.jpg

この店を出て、少し歩いて鰻谷のスナックビルの四階へ。

エレベーターを降りると目の前に扉。


DSC_4330.jpg

扉を開けると落ち着いた照明の店内。

そこはフランスのパリ。



奥には若いカップル客がいる。

どうやら飲食関係者のようだ。



我々もカップルだが男二人・・・




DSC_4332.jpg

あまりワインを飲み慣れないイケメン美容師のIくんは、香りの良いものをリクエスト。

ブルゴーニュのピノ・ノワール

木イチゴの様で酸味も少なくバランスよく円やかで飲みやすい。

時間をおけば、開いて華やかに。

ワインに慣れないIくんも満足げ。



私は二杯目にいただきました。



DSC_4333.jpg

ギガルのコートデュローヌ。

果実味に溢れてジューシーでスパイシー!

やっぱり手頃で美味しい。



DSC_4334.jpg

このチョコ美味しい!

ビターと甘みのバランス。

とろけるようなトリュフチョコ。



たしか、この日は日曜日の夜だったかな?

繁華街で日曜日やってて昼の15時からやってるから便利。

買い物途中のカフェ代わりに利用とかカッコイイ!

夕方までは、チャージが無料。

料理もあるよん。



DSC_4336.jpg

マスターとIくん。

実は面識があったみたい。

他所で何度か会って顔を知っているよう。

世間は狭い!

縁ですね。


これでIくんも一人でワインを飲みに行けるようになったかな?





  1. 2013/11/27(水) 11:53:01|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中国東北家庭料理 長江 / 大阪 宗右衛門町

中国東北家庭料理 長江 / 大阪 宗右衛門町

DSC_4312.jpg

心斎橋と難波の間。

相変わらずギラギラした宗右衛門町。

昔に比べるとカラス達は減ったのかな?

様々な業種の客引きを手刀でかわして道頓堀川沿いの雑居ビルの二階。

ビルの階段を登ると香辛料の匂いが立ち込める。

同行者いわく、中国の現地の匂いらしい。

始めて入るにはハードルが高いであろう店内は、中国人客しか居ない。

宴会をしているテーブルを跨いで奥のテーブルに通される。

後から入ってきた客は、多分アメリカ人。

日本人は私達だけ。

なんともインターナショナルな空間。

日本じゃないみたい。



DSC_4313.jpg

この日はイケメン美容師の友人、友人といっても弟みたいな存在。

といいながらいつもお世話になっていますw

定期的なミナミ飲みに付き合ってくれるから助かります。



DSC_4314.jpg

中国東北料理といえば、これが出てくる。

ザーサイとピーナッツでビールをグビグビ。

また、ザーサイが旨い!

ビールが消えるw




キクラゲと玉子炒め
DSC_4316.jpg

プルンプルンの食感で艶艶のキクラゲと甘い脂の豚肉がフワフワの玉子を纏う。

これ、旨いです!

御飯も欲しくなる味!

ボリュームたっぷりで食べるのに苦戦!




牛ハラミと唐辛子炒め
DSC_4319.jpg

あまり期待していなかった肉料理。

山盛りに盛り付けられた肉は大ぶりで柔らかくて旨い!

アジア系の香辛料が効いていて、濃い目の味付けがビールに良い!

ビールもいいが、白飯食べたい〜




羊串
DSC_4322.jpg

クミンなどの香辛料が塗してある羊串。

店の人に焼いてもらって、お皿に盛り付けてもらったものだが、ちょいと焼きすぎかな?

少し硬めだが羊臭さなどはなくて、旨味と香辛料が口のなかを独占!

コレを一度食べると羊串を食べたくなる中毒性がある。

やっぱり羊串は旨いです。




チャーハン
DSC_4323.jpg

家のチャーハンみないな懐かしい味。




紹興酒
DSC_4328.jpg

そして、ザーサイとピーナッツで紹興酒を舐める。

料理のボリュームもたっぷりで、旨くて羊串もある中国料理屋です。

深夜?朝方の五時まで営業されてるみたいなので便利!

夜中の客層なども興味がある。

島之内にある「故郷」とハシゴして羊串の食べ比べをしてみたい。



誰か行きませんかw?






  1. 2013/11/26(火) 12:38:01|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シャンパンバー リシュリュウ (RICHELIEU) / 神戸 元町

シャンパンバー リシュリュウ (RICHELIEU) / 神戸 元町

DSC_4310.jpg

神戸で用事。

心斎橋で待ち合わせがあるが、まだ少し時間がある。

せっかくなのでブラブラ散歩をしながら時間を楽しもうと計画。

たまたま、路地を覗くとシャンパンバーの「アプレ」さんの跡地に居抜きでシャンパンバーが出来ていたのでドアを開ける。



カウンターの中にはラフな格好をした恰幅のある男性ソムリエ。

低音で話す口調は元、サービスマンっぽい。



店内には女性客がカウンターに二人。

少し間をとってあり、どちらも一人客のようです。

一人でシャンパンバーに来る女性ってかっこいい。

そもそも、男が一人で行く方が稀なのか?



グラスのシャンパーニュは三種類を丁寧に説明してくれる。



champagne
DSC_4303.jpg

coessens (コサンス)

一樽のみの生産で450本!

日本には180本しか入ってこない

マスターの希少と言う言葉で選んでみた。

希少って言葉に弱いw

ブルゴーニュ地方の粘土質の土壌に似ていているので、ピノノワールのみ栽培している造り手さんです。



柔らかい泡。

芳醇で複雑な香り。

そして、スパイシー。

熟成させたら良さそう。



珍しい物を揃えてはるみたいですね。



脚が長く美しいフルートグラス

確か、クロアチアのハンドメイドだったかな?



DSC_4308.jpg


入り口側の女性はカジュアルでオシャレな服装でショートボブがカワイイかんじ。

白ワインを嗜んでいる。

そこそこ飲み慣れた感じです。

白ワインの途中、何度か電話に出るために店外へ

デート前に飲みにきているのか、待ち合わせか。



真ん中に座っている女性は、ジャケットにブラウスでレザースカートのトレンドを押さえたセクシーで教養の有りそうなお姉さん。

シャンパンを飲み終えたようで、白のグラスワインを選んでいる。

運ばれてきた大きなブルゴーニュグラスを傾けて、香りを楽しんで満足そうだ。

ワインに詳しく、舌も肥えていそう。

仕事の関係で神戸に来ていそうな感じ。



皆さん、頭でワインを楽しんでいる様子。

神戸のワインバーってこういう店が多いのかもね。



若いカップルが入って来た。



そろそろ、約束の時間なのでチェックアウト。

阪神電車で神戸から大阪難波まで、一本で行けるから便利になったもんですね。



全然違うタイプの人間が葡萄から出来るワインという共通のものを楽しんでいる。

そして、其々の人間模様がBARで反映されるから面白いですね。









  1. 2013/11/25(月) 12:41:44|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

杏杏 (シンシン) / 神戸 元町

杏杏 (シンシン) / 神戸 元町

IMG_0159.jpg

杏杏でアンアンちゃいますよ。

シンシンですよ。

パンダみたいな名前ですね。


IMG_0158.jpg

最近、二日酔いになる事が減ってきたのは、酒に対する免疫力がついたのか、セーブする能力が身についたのか。

シンドイのが嫌なんで、自然とセーブしているのでしょうねw

それでも食べ過ぎ、飲み過ぎた次の日は、ここのお粥に限ります。


IMG_0160.jpg

ジャスミン茶がすこぶる胃に染みる。


IMG_0162.jpg

杏杏と書いてシンシンと読む

シンシンと降り積もる雪

細かくて滑らかな餡と絡んだ雪の様な米



IMG_0164.jpg

薬味を投入

パクチー最高!

揚げワンタン最高!


IMG_0168.jpg

トロトロの細かい米

香ばしい油

柔らかくトロトロの鶏



やっぱり、体調不良や二日酔いの日にピッタリw



IMG_0171.jpg

小皿に盛られたカタヤキソバはオイリー!

これぐらいの量は女性の胃袋にはピッタリかな。



IMG_0173.jpg

オ〜レンジ!

爽快!



さて、夜の酒に向けてがんばろっと!






  1. 2013/11/22(金) 12:12:57|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

広東料理 悠苑 / 神戸 元町

広東料理 悠苑 / 神戸 元町

IMG_0018.jpg

中華料理って四大料理ってあるじゃないですか。

その中でも広東料理は日本においても一番食べ慣れてる料理ではないでしょうか?

神戸の中華街、南京町でも広東料理屋が多いイメージ。



この店は南京町ではなく、山手の方にある店。

天井の高いホールには大きな円卓やテーブル。

昼になると近くのサラリーマンやお買い物マダムで満席状態になる。

平均年齢は高めですね。

人生のベテランさんは良い店を知ってはります。


IMG_0020.jpg

中華料理屋の基礎スープは、滑らかで美味しい。


IMG_0021.jpg

この搾菜!

調味料の香りが良くて、あっさりしていて、いつまでも食べていられる。

ご飯やビールの肴にちょうど良い。



IMG_0025.jpg

酢豚!

広東料理の代表格!

肉、肉、肉!ボリュームたっぷり!

野菜ばかりで肉が無い酢豚は酢豚じゃない!

甘辛いソースとジューシーな豚はご飯にピッタリ!


IMG_0026.jpg

そんな、ご飯はおひつで出てきて、食べ放題。

炊きたてで、ええ状態!

タイミングが良い。きっと普段の行いが良いのだろうw

酢豚と搾菜で三杯目を食べそうに、なったが調整して二杯でセーブ。



IMG_0027.jpg

中華料理屋の卵焼きって美味しい!

強い火力、そして油が良いのだろう。

フワッフワで香りが良い。

何度行っても安定して美味しいですね。










  1. 2013/11/21(木) 10:30:54|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炭火焼とり 安喜 (あき) / 大阪市 あびこ

炭火焼とり 安喜 (あき) / 大阪市 あびこ

IMG_0157.jpg

免許を取った頃は嬉しくてウロウロしていた地域ですが、価値観がファッションや車から酒へと大きくシフトしてしまったので、最近では行動範囲が電車で乗り換えせずに行ける地域が多くなってしまいがち。

普段、あまり飲まない地域は新鮮で面白いですね。



焼鳥の超人気店で予約不可で開店の17時の開店時間の前に行ったんですが既に満席。

席が空けば携帯電話に連絡をくれると言われたので、折角ここまで来たし時間を潰す。

何時になるかわからないと言われたけど、1時間弱で着信が鳴った。



白ワイン
IMG_0135.jpg

お腹が結構いっぱいの状態だったんで、ビールはパス。

しかも大阪の代表格のカタシモワイナリーのキングセルビーの白ラベルの一升瓶が、380円

始めて飲みました。

小さなグラスですが、なみなみと入れてくれるのが嬉しいね。

これ、グラスワインでアリ!

格安のグラスワインやったら、今までで一番かも?

下町の他の店も置くべき一升瓶と思ったね。



付き出し
IMG_0137.jpg

手羽唐揚げ

パリッとジューシーで旨いよ!




お口直し
IMG_0139.jpg

無農薬玉ねぎは、滋賀県産

甘みが凄い!!

淡路島産?と思うような甘さ!




IMG_0141.jpg

ボリューミ〜!

表面がパリッとしていて、中身はモニュモニュ感。

好み!

パリッとしない皮は苦手。





さんかく
IMG_0142.jpg

脂ギッシュ!

ポーションが大きいのが売りの店。もう少し小さくて表面を少しパリッと焼いてある方が好み。



雄雌どちらか確認すると、わからないが多分雄との事。19年勤めていて雄か雌か始めて聞かれたとか。多分、雄との事、

この店で、雌のボンジリを食べてから、ついつい聞いてしまう。いつまでたっても、女の尻を追ってしまうw

まだ、食べても雄雌がわからないので確認しないとね。と思っていたけど、そんな事は無用だったみたい。旨けりゃいい!




せせり
IMG_0144.jpg

デカッ!!

凄まじい面構えは、我孫子のモアイ!

肉厚でブリンとした串からの抜け方と食感は大きい方が旨い!

好き♡




赤ワイン
IMG_0148.jpg

こちらのグラスの赤もカタシモワイナリー。

アリアリ!

ダントツの安さ!

この一升瓶、正月にダラダラ飲みたいな〜





和牛のタタキ
IMG_0149.jpg

見栄を張って和牛の霜降りと注文してしまった・・・

しょーむない見栄なんて捨てちまえ!

馬刺しのよう。

脂は甘いが最近は牛の脂よりも赤身が好み。





やきとり
IMG_0150.jpg

デカイ!

タレが旨い!




ねぎま
IMG_0152.jpg

デカイ!

ネギが旨い!




つくねチーズ
IMG_0153.jpg

粗めの挽肉や軟骨をフワッフワの状態に仕上げている。

チーズが乗るとコクがでて旨い!




ししとう
IMG_0154.jpg

締めのししとう。

寿司屋さんの玉子みたいなもの。

野菜も旨いね!




鴨スープ
IMG_0156.jpg

力強い脂と香りの中に椎茸の香りが調和する。




IMG_0136.jpg

どれもこれも手頃な価格で楽しめる焼鳥ですね。

北新地に行けば旨い焼鳥を食べれるが、値段が高い。

ポーションが二倍の大きさで、値段が三分の一で、そこそこ旨いのがイイね!



やきとりも奥が深いですね。

西中島から東三国にも気になる焼鳥屋があるし

ちょっと、食べ歩いてみようかな〜




  1. 2013/11/20(水) 11:56:15|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

老虎菜 (ラオ・フー・サイ) / 神戸 東灘区

老虎菜 (ラオ・フー・サイ) / 神戸 東灘区

IMG_0128.jpg

当日電話で、1度振られてリベンジ。

10日程前の予約で二回転目のカウンターをGET!

駅から少し歩いて、腹も減れば喉も渇く。

店の前に漂う油と香辛料の良い香りに期待感が膨らむ。




上海ハイボール
IMG_0096.jpg

ビールを飲むぞ!って決めてたけど、面白そうなのが有ったので、こっちにしちゃった。

紹興酒のソーダ割り。

コレが結構好みの味。

もう少し濃い方が好みだが、濃いと早々に酔っ払っちゃう。



IMG_0099.jpg

様々なスパイスが並ぶカウンターの中はオープンキッチン。

中華だからって油ギトギトとは、程遠く清潔感があるのは好印象。



電話での当日予約と予約無しでの来店客が、断られてゆく。

プレートで本日予約で満席などの張り紙をすればよいと思うが、丁寧に説明するオモテナシか。



香草のサラダ
IMG_0102.jpg

爽やか!

こういうサラダを待っていた!

パクチー、セージ、セロリ、パプリカ、オイリーで辛いのは辣油かな。

調味料が良さげ。




口水鶏
IMG_0103.jpg

タレ!!

複雑で深いコクが凄い!

完璧な状態に蒸されカットされ、フワッとした食感の良いヨダレ鶏!

ヨダレが止まらん!




仔羊のキャレ、十三香粉炒め
IMG_0109.jpg

大小の唐辛子、様々な香草の良い香り!

薬味と香草のオンパレード!


IMG_0111.jpg

中華鍋最強と思わせる絶妙の火入れ。

羊とクミンや香草の出会い。

臭み皆無で、旨さ爆発!

素晴らしい!



羊好きやけど、久々に旨いと思った。

羊にはボルドーのイメージだけど、スパイスの効いたスペインやグルジアのワインにも合いそう!

羊の国、ニュージーランドのワインも合うかも。合わせて飲んでみたい。



これだけ巧みに中華鍋を扱う料理人はなかなかいないと思わせる。

中華って、料理にオタマで調味料を加えると思うんですけど、指で摘まんで塩を足していってる。

大雑把じゃなくて、ちゃんと味付けをしたり、また ひと手間加えたり、丁寧に作っているのが伺える。




紹興酒
IMG_0116.jpg

ワインが合いそうとか言いながら、中華やし紹興酒を飲んでしまう。

常温のストレート!

やっぱり、合う合う。




麻婆豆腐
IMG_0121.jpg

豆腐が良い。

まるで極上のシルク、カシミヤのよう。

ミンチの旨味に程よい花椒の刺激。

荒々しい旨味の中に上品さも漂う。




蟹身入り餡掛け炒飯
IMG_0124.jpg

カニ、カニ、カニ!

ドバーッと大量の蟹身餡!

IMG_0126.jpg

アッサリ味付けの炒飯に、旨味エキスたっぷりの蟹餡。

最後までテンションを下げずに料理を締めくくるのにピッタリ。




IMG_0113.jpg

デザートも美味しいらしいから、食べたかったけど、次回に持ち越し!

手頃で、旨い中華やよ!

次の予約を入れて帰ったよん。


IMG_0095.jpg




  1. 2013/11/19(火) 10:19:00|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

tea room MADO MADO / 神戸 元町

tea room MADO MADO / 神戸 元町

IMG_0079.jpg

三宮から元町まで散歩して、大丸を冷やかしで行ったりして、夕食の予約時間まで、時間が余っていたので、ホッと一息に便利な場所。



IMG_0094.jpg

間口の狭いドアから、階段を登ると



IMG_0080.jpg

窓 窓 MADO MADO

夕暮れの時間も早くなりましたね。

窓からは空しか見えない。

夕刻の喧騒さは感じない。

ただ時間が過ぎてゆく。



IMG_0082.jpg

入れ方を指図するんじゃね〜

好きな入れ方で、好きなように飲ませてくれ。

と思いながら、マジマジと見て入れ方を真似てみる。



IMG_0083.jpg

ティータイム開始!

説明の様に入れますよ〜



IMG_0085.jpg

アフリカの民族が被ってそうな帽子の中にティーポットが入っています。

冷めないように心遣い。

1)茶葉が開いて沈むまで、しばらくお待ち下さい。

IMG_0086.jpg

2)ポットの中を軽くかき混ぜ、カップへと注ぎます。

隣の席のお洒落なお爺さんが名物のスコーンを頬張る。

晩御飯前なので我慢する。



IMG_0089.jpg

少し濃いな・・・と思われる方は差し湯で薄めてお召し上がり下さい

紅茶って入れ方で香りも味も変わってしまうほどデリケートな飲み物。

少し、茶葉を蒸すだけでグッと香りが引き立つ。



IMG_0091.jpg

ハイ、このままで充分美味しいです。



紅茶を好きになったのは、北欧スウェーデンのセーデルブレンドを飲んでから。

ノーベル賞の授賞式の時、食事会で出される高級茶葉。

世の中に、こんなに香りの良い紅茶が有るのに驚いた事を思い出す。



IMG_0093.jpg

レトロな時計が幾つもある。

時計の針が指す時間を見ると

5時46分の物がある。

神戸やね・・・

胸が熱くなる。









  1. 2013/11/18(月) 13:00:49|
  2. 喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸キーマカレー 元町通り三丁目 / 神戸 元町

神戸キーマカレー 元町通り三丁目 / 神戸 元町

IMG_3780.jpg

キーマカレー、一本の店。

このカレー屋に来る理由。

皆、愛想の良い姐さんに会いに行くのかもしれない。

店に入るとスパイスの良い香りが漂っている。



IMG_3781.jpg

カレーを食べたのは暑い時期だったのでサラダ。

寒いし季節はサラダの代わりにスープが付きます。

具沢山な豚汁。

提供してくれる前に味噌を投入してくれて、生姜をおろしてくれるのは愛情たっぷり。




神戸キーマカレー
IMG_3783.jpg

キーマカレーってルーがドロドロのイメージですが、見た感じは緩め。

神戸キーマカレーって、何ぞや?と思いますよね。

キーマカレーのひき肉にトロットロのスジ肉が入っているんですよね。

ルーが緩めなので、水っぽいのかと思いきやスパイスの辛さと肉のコクが溶けているので、ご飯がパクパクすすむ。

わずかなトマトの酸味もいい感じに効いてくる。

葱のシャキシャキした食感と青さが爽やかにして、意外に合うね。



IMG_3786.jpg

食べ進めているうちに、姐さんが声を掛けてくれる。

「ルー足そうか?」

お願いします。

「ご飯も足しとこか?」

もちろんお願いします。



豚汁もお代わりしちゃったw



なんてイイ店なんだ!



実質、650円で、食べ放題。

まったく、凄い店だよ!




  1. 2013/11/15(金) 12:47:37|
  2. カレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みみみ堂 / 神戸 元町

みみみ堂 / 神戸 元町

IMG_3866.jpg

元町から北側に歩いて、県庁の東側。

この界隈も飲食店が増えてきて、美味しい店が集まる密集地になってきています。

BARは無いかな?

そんな中、カフェ風のカレー屋さん。

演奏会やギャラリーとしても使えるみたいですね。




ピクルス
IMG_3867.jpg

カレーを註文すると付いてくるが嬉しいね。

野菜の種類も多い。

蓮根にうずらの卵まで入ってる。

酢も浅めで優しい味付け。




ほうれん草のキーマカレー
IMG_3869.jpg

ミンチの塊。

さすが、キーマカレー。

ミンチの間には、くたくたに煮込まれた、ほうれん草が彩りを添える。

スパイシーな香りがプンプンする。



IMG_3870.jpg

玄米のような白米のような〜

もちろん、大盛りですよ!



IMG_3875.jpg

ドロッとした挽肉の塊を米に乗せて〜。

肉のコクとスパイスが優しく絡む。

辛さはそんなになく、もっとスパイスの効いた方が好みですが、これはコレで旨い!

この店にこのカレー有り!




デザート
IMG_3880.jpg

パンナコッタまで付いてくる。

しかも、コレが美味し!

あんまりデザートは要らないタイプの人間ですが、コレはアリ!

女性うけするね。



IMG_3877.jpg

天井も高く、お洒落なアート作品や本に囲まれての食事。


IMG_3878.jpg

いいもんですね。

美的意識と食意識は通じるものがあると、最近思います。



IMG_3872.jpg








  1. 2013/11/14(木) 10:45:34|
  2. カレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インドカレー茶屋 にきる / 神戸 神戸駅

インドカレー茶屋 にきる / 神戸 神戸駅

IMG_3787.jpg

カレーネタとインド料理ネタが溜まっているんです。

何処で出そう悩みながら、重い腰をあげます。

来週は一週間、インド料理週間にしようかなw



IMG_3797.jpg

基本メニューには沢山のカレーが並びますが、今日のランチメニューならサラダやチャイも付いてくるので、お得!

二種類あると悩むな〜



IMG_3793.jpg

甲殻類の出汁を味わいたいけど、菜食主義の南インド料理に凝っていた時期だったんで、野菜入りムング豆のカレーにしましょか。

野菜のカレーなので優しい味わい。

スパイスが結構効いてるからピリリとしていて、物足りないとかはないですね。

ちゃんと、インドカレーになってる。

スパイスが好きやから、こういうカレーを食べさせてくれる店はありがたい。

旨いね!



インドのカレーはスパイスを効かせた煮込み料理で、日本での煮込み料理は肉じゃがとか筑前煮とかにあたるんですかね。だから肉じゃがにカレーのルーを入れると旨いねんな〜。



IMG_3789.jpg

神戸の定番、黄色いターメリックライス。

ウコンが日々酷使している肝臓に染み渡るw



IMG_3792.jpg

野菜も食べんとね!

ごまドレッシングでシャキシャキ。



IMG_3795.jpg

しかもチャイ付き!

砂糖をサラサラっと入れるとホッと一息。

珈琲と紅茶には、砂糖を入れないけど、チャイは砂糖を入れる方が美味しい。




IMG_3788.jpg

これで800円ナリ!


昼カレーはやっぱ、イイね!










  1. 2013/11/13(水) 10:11:29|
  2. カレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

尼龍 らーめん / 尼崎 センタープール

尼龍 らーめん / 尼崎 センタープール

DSC_3894.jpg

最近、よく行くらーめん屋。

2号線を走ってると看板は目に入っていたんですが、

尼崎のラーメンといえば、阪神尼崎の現存する最古のラーメン屋と、阪神武庫川の大行列のラーメン屋が有名やったりしますが、大行列に列んで1時間も待ってラーメンを食べるのもなんなんで、こっちなら列ばずにたべれるから重宝しています。

場所が微妙なんですけどねw



DSC_3871.jpg

最近、池村製麺所のステッカーを貼ってる店が増えた?




しょうゆラーメン
DSC_3872.jpg

無添加をうたってるラーメン!

見た目もシンプルでいい感じ!

澄んでるね〜


DSC_3874.jpg

優しいラーメン!

鶏と魚介のダブルスープ。

だけど、ちゃんと出汁を取ってるから、コクもあるのがイイね!

好み!


DSC_3877.jpg

スープが絡む平打ちの中太ストレート麺。

麺の香りもコシもイイよ〜



昔はゴテゴテの濃いラーメンが流行ったが、今は年のせいかナチュラルなのがいい!





地鶏唐揚げ
DSC_3878.jpg

この唐揚げは旨い!

サクッとした歯ごたえに、ジュワ〜っと出てくる脂は、小ぶりのミュンヘンか!?

註文すべき一品!




地鶏唐揚げ丼
DSC_3881.jpg

さすがに唐揚げ食べて唐揚げ丼は・・・w

旨いからペロリ



DSC_3886.jpg

この餃子はアリ!



昼はやってないから注意せなね。

夜営業のみ!

ここ数年、尼崎市のラーメンレベルが高いと思うな。





  1. 2013/11/12(火) 11:21:37|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レストラン Pvone (パヴォーネ) / 神戸 六甲道

レストラン Pvone (パヴォーネ) / 神戸 六甲道

IMG_3942.jpg

ド派手な看板wイタリア語で孔雀!

昔、国道2号線のVIN SANTO時代には何度か行ってたけど

移転してからは、始めてです。

魚料理に強い店。

鯛を魚醤で皮をカリッと焼いてくれてたのが美味しかった記憶が残っているんです。

昔は食堂の様な造りだったが、現在ではレストランというよりもお洒落なカフェみたいになってる。

IMG_3943.jpg

今回はCセットです。

がっつり食べましょう。





IMG_3917.jpg

喉が渇いた!

ジョッキで飲みたいが、店には似合わない。





太刀魚のロール焼き
IMG_3921.jpg

これ!イイね〜

前菜にしては上出来!

太刀魚に巻かれた赤いのはトマト

塩が効いた太刀魚の身はフワフワで季節の魚は、やはり良い!

野菜の上にはアンチョビペースト




かぼちゃの冷製スープ
IMG_3925.jpg

まだ、暑い時期だったから冷製w





IMG_3926.jpg

南アフリカ!





IMG_3927.jpg





あさりとムール貝のビアンコ
IMG_3930.jpg




真鯛の青ネギペースト
IMG_3934.jpg

遅めの時間だったためか、真鯛が売り切れだったため黒鯛でリカバー

皮の焦げた感じと塩辛目のネギペーストは酒盗。

泥臭くもなく、これはコレで旨かったです。

値切ればよかったかなw



ボリュームもあって満腹。

次回はBセットで前菜と魚料理がベストかな!?







  1. 2013/11/11(月) 10:43:08|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルナ・パルパドス / 西宮 苦楽園

ルナ・パルパドス / 西宮 苦楽園

DSC_3994.jpg

苦楽園は西宮市の高級住宅地で、少し山を登れば芦屋市の超高級住宅街の六麓荘がある。



DSC_3997.jpg

最近、スペイン料理に興味津々なんです。


DSC_3999.jpg

週末だったので一応予約の電話ん入れておいたが、客は私一人だけ。



DSC_4001.jpg

静かで落ち着いた空間でのランチは贅沢な時間。



スパークリング
DSC_4005.jpg

やっぱ、CAVAでしょ!

キリリとドライでよいね。




スペイン産の何とか?とリンゴのシュー
DSC_4009.jpg

甘さがドライなCAVAにいい!


パン
DSC_4011.jpg

プレーンなのとブラックオリーブ



タパス
DSC_4015.jpg



さわらのスモーク
DSC_4016.jpg

レアの鰆は、身がしっかりしていて、ねっとりとして薫香がいい!

花オクラ、ほおずきはフルーティー



エンパナーダ
DSC_4019.jpg

スペイン料理の言葉は、わかりにくく、聞き取りにくいし、覚えにくいw

エンパナーダは、ガリシア地方の伝統料理で具入りのパンで、今回はチキンのパイ。




玉ねぎのエスカリバーダ
DSC_4020.jpg

エスカリバーダは、焼き野菜。

オーブンで2時間のロースト

オリーブオイル 塩 ワインビネガーで味付け。

甘味!

じっくり焼いて甘みをひきだす。

シンプルなのがいい!




DSC_4022.jpg

もちろんスペインのワイン




アーモンドとサフランのスープ
DSC_4024.jpg

スペイン産のマルコナアーモンド。

見た目は素朴だが、香りも良く旨味もタップリ!





DSC_4026.jpg

ビオワインもありますね。




淡路鱧の天ぷら
DSC_4032.jpg

ソースは生トマト。スペイン料理にはトマトソースが多いですね。

テンプラはスペイン産まれのポルトガル語で、日本と作り方に違いがあります。

小麦粉、ビール、水、コーンスターチ

スペインの天ぷらにはビールが入っているんですよね。



DSC_4033.jpg

美味しい!

カラッとした衣とは裏腹に、熱い油で蒸されてフワフワに開いた鱧!

トマトソースがイイ!




高知県産カンパチ
DSC_4037.jpg

皮を炙られ香ばしいカンパチは肉厚!

火入れも丁度良い!

そして、付け合わせの野菜が美味しい!

あかず 里芋 生きくらげ 丸ズッキーニ




デザート
DSC_4041.jpg

オレンジ蜂蜜のアイス

有機レモンのシャーベット

スペインチーズのチーズケーキ

アップルバターケーキ




ハーブティー
DSC_4044.jpg

カモミールで〆



ランチ

これで税抜きだと、2500円!

満足いく内容やと思います。



  1. 2013/11/08(金) 12:24:40|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mojito 7 (モヒート セブン) / 大阪 天神橋筋六丁目

mojito 7 (モヒート セブン) / 大阪 天神橋筋六丁目

DSC_3380.jpg

mojitoと書いてモヒートと読みます。

マスターのアモーレ・ヤギさん。

昔は新地などで店をされていてカクテルや料理は素晴らしい腕前だったとお聞きします。

そして、行き着いた先が天六でモヒート専門のBAR。


DSC_3382.jpg

店名の7だけあって、七種類のモヒートを楽しめるそうです。

1番から楽しんでいきましょか。

美味しい!

ラム酒にミントで気分はラテン!

シガーも置いているので吸えばキューバにトリップするやろな〜


DSC_3385.jpg

フレッシュミントと氷のミスト。

手間もかかるし贅沢なカクテルだと思います。

様々な味のモヒート楽しいね〜!



DSC_3387.jpg

チャームが、かなり旨かった!

さすがです。



DSC_3390.jpg

ハバナまで飛行機のチケットを用意しないとね。

何をしに行くか?



ラム酒とシガーを吸いに!



なんて言ってみたいなw









  1. 2013/11/07(木) 11:39:54|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸のとあるBAR

神戸のとあるBAR

IMG_3356.jpg

神戸って、良い客が集うBARが狭い地域に集まっていると思うんです。

BARに行きだしたキッカケって人それぞれだと思うけど、男って背伸びをしたい生き物。

等身大で身の丈に合った生活をすればいいものを ついつい背伸びしてしまう。

ここに来出したのは二十歳の時に友人に連れられて来た。

それまでは、色気のあるJazzが流れるようなオーセンティックなBARなんて行った事がなかったから、どっぷり大人の世界に憧れて通いだした。

そして様々な、人と出会って酒場でのマナーなど楽しみ方やカッコイイ飲み方をする人を見て憧れて真似てみて。

そんな、マスターやお客さんは、穴場の店や美味しい店も知っている。

数珠繋ぎで美味しい店と出会えるのも楽しさのひとつ。



ここに来ると皆が飲んでいるのはハイボール。

自分の中でハイボールの基準になっている。





IMG_3366.jpg

トマーティンの31年
滑らかでまろやか、麦芽の抱擁



IMG_3367.jpg

ローズバンクの25年
華やかでエレガント!



相反する2人の麦子ちゃん

女性に例えるならローズバンクの魅力的な華やかさに恋をするが、トマーティンの包容力に溶けてしまう。



お味の方はローズバンクの方が好み♡




  1. 2013/11/06(水) 12:00:53|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中華そば いのたに 本店 / 徳島 佐古

中華そば いのたに 本店 / 徳島 佐古

DSC_3245.jpg

讃岐うどんツアーの帰り道に、どうしても食べてみたかった中華そば

ご当地ラーメンの代表格で徳島ラーメンといえば、この店なんじゃないでしょうか?

高速を降りて夕方の時間は、大渋滞の市街地。

夕方には店を閉めるからドキドキしながら店を目指す。

裏道を抜けて思ったよりも早く到着。



DSC_3238.jpg

肉入りにしようか悩んだが、一番オーソドックスな中華そば

道頓堀の神座ぐらいサインがビッシリ。

食券を購入してコの字型のカウンターに座って待つ。

お持ち帰りも出来るみたいで、最近このての店が増えたように思う。


DSC_3239.jpg

シンプルだね〜


潔い!!


DSC_3241.jpg

アッサリ甘めの豚骨醤油はクセもなくバランスが良い。

和歌山ラーメンにも似ているが肉が独特で豚バラを味噌で煮て、生姜焼きのようなイメージ。

肉入りにするのも良さそうかな。


DSC_3242.jpg

自家製の中細麺は、アッサリ豚骨醤油を吸い上げやすく、ズバズバ啜ると甘みがええな〜

早い時間に閉めるのがもったいない。

飲んだ後に食べたら旨いやろな〜



なんか、ホッとする店やな。


DSC_3246.jpg



  1. 2013/11/05(火) 10:52:56|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラ・ギャロワーズ La Galloise / 大阪 心斎橋

ラ・ギャロワーズ La Galloise / 大阪 心斎橋

DSC_3518.jpg

昼も大幅に過ぎた日曜日の二時前の難波駅。

ガッツリした食事をしながら、キリリと冷えたワインをどうしても飲みたくて店を探すが、日曜日の二時前で開いてる店もランチのラストオーダーも終わってる店がほとんど。

そして、ここが検索してヒット!

iPhone便利や!


DSC_3519.jpg

二時前なのに、ほぼ満席。

長いカウンターを横切り奥のテーブル席をゲット!

葡萄狩りの後だったから、どうしてもワインを飲みたかったんよね。



DSC_3523.jpg

冷製スープにサラダにキッシュ。

ティファニーの食器だから女性は喜ぶだろうが、俺はオッサンw



DSC_3524.jpg

手打ちパスタが有名らしいが売り切れらしく普通のパスタしかないらしい。

残念。

一気にテンションが下がるが仕方がないので諦める。



牛肉と白インゲン豆のスパイシーラグーパスタ
DSC_3530.jpg

乾燥パスタもそうだけど、やっぱり原料が水と小麦だから、どんな小麦を使って、どのように作作られているかで、味も変わるし食感も変わる。

パスタの成分表示を見てください。カロリー、タンパク質、水分含有量、炭水化物、糖。

100gあたり

乳化に必要なタンパク質は13g前後

モチモチ感を出すのに必要な水分含有量は12%前後

炭水化物は69前後

炭水化物に含まれる糖が4〜5g

後は製法、形。

日本に輸入されてるパスタは様々。

ここまでのパスタを使ってる店は少ないと思います。

探すのが大変だしコストも高くなる。



味は良い。

もう少しモチモチ感がほしいところ。

コレを手打ちパスタで食べたかった!



DSC_3532.jpg

セコンドに合わせて赤もね♡



犬鳴豚のソテー
DSC_3533.jpg

オリーブオイルにバルサミコ酢。

いかにもイタリアン!

もう少し厚くカットされた方が好み。

下に敷き詰められた温野菜に豚の脂で甘くて旨い!



DSC_3536.jpg

この店とは全く縁も所縁も無い話ですが、

最近、食品偽装がメディアで騒がれているが、許せませんね。

表示よりも自分の舌の感覚が重要。

目で食事も楽しめます。

が、文字で食事をするのではないと思う。

自分の舌で感じて、口に合うか合わないかを判断する事が大切。

高価なブランド牛の霜降りサーロインだけが美味しいわけではない。

安価な経産牛の赤身だけのサーロインを焼き方によっては、とてつもなく美味しく調理されるシェフもおられます。

食事をするときは、自分の舌を信じて感じてほしいです。

因みに僕は、ブランド和牛と経産牛を食べ比べても、どちらがどちらか当てることは、出来ませんw

高いから美味しい、安いから不味いわけじゃないと思う。

美味しいと思った方が自分に合っているだけであって、美味しい物を食べて楽しい時間を過ごすのが大切です。

これからも、純粋に食事を楽しみたい。




  1. 2013/11/01(金) 12:43:10|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。