コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パセミヤ / 大阪 南森町

パセミヤ / 大阪 南森町

moblog_72981808.jpg

某レストランのカウンターで、偶然隣同士になったので、久々に行ってきました。
実は、パセミヤさんに行きたかったので、ちょうどよかったです。

前回のパセミヤは、当日予約だったので お好み焼きと焼きそばだけだったので。
今回はがっつり、前もって予約をしてコース仕立てにしてみました。



新梅田食堂街のワインバーで、パセミヤさんの開店時間まで、アペってからタクシーで移動。
19:00開店だと、それまでの時間に結構飲んでしまうw



19:00開店スタート!
カウンター席はカップルカップル。
東京からのお客さんも来られていました。

どんな、ド変態ワインが出てくるか楽しみです。




パセミア201411 (1)

「モッツァレラ、セミドライトマト」

モッツァレラはイタリアからのエアーで輸入。
鮮度が命のモッツァレラ。
水分もタップリで、旨味のジュースが じゅわ〜っと溢れ出す。

トマトの甘味の凄いこと!



シンプルな構成ながら、良い素材を使っていることが、わかりますね。




パセミア201411 (2)

「鹿ハムサラダ」

この鹿ハム濃厚!
甘味と旨味!

野菜の個性、存在感が凄まじい。
グラパラリーフなど珍しい野菜を使っている。
落ち着いた苦味が大人の野菜。



パセミア201411 (5)

「白子」

カリっとした表面の白子は鉄板焼きの成せる技。
中身はトロリと滑らか幸せ♡

ヤーコン、ノコギリソウ、紅真大根、シーアスパラなど、存在感のある野菜と共に。




パセミア201411 (6)

メインの肉は、あけがらし、塩、マスタードで。

山形県の「あけがらし」は、便利ですね。
それだけでアテになる。
酒なんかええね。
ご飯にも合うやろな〜




パセミア201411 (7)

「鴨、野菜」

青森県産の鴨。
鉄板で調理されるから面白い。
ジューシーな味のしっかりとした肉質。
甘い鴨脂が口に滴る。

鉄板で焼かれた、じゃがいも、蓮根、かぼちゃなど、野菜が甘くて美味しい!




パセミア201411 (10)

「牡蠣、お好み焼き」

サロマ湖の牡蠣。

生地と一緒に混ぜ混ぜ。

お姉さんのチエさんが目の前で、焼いてくれます。




パセミア201411 (11)

低温で時間をかけてゆっくりと焼いてゆく。

牡蠣を一緒に混ぜることによって、牡蠣の出汁が生地に行き渡る。



パセミア201411 (12)

20分ぐらいかけて

ゆっくり

じっくり焼くことによって、ホットケーキのように膨らんでくる。



かなり分厚く仕上がってくる。




パセミア201411 (17)

ソースとマヨネーズで完成!

尼崎の至宝「ワンダフルソース」の焼ける香りがたまらん!




パセミア201411 (16)

低温で焼いているせいか、細かく刻まれたキャベツの水分が残っている。
しかも熱せられ、甘味が際立つ。

そして、粉がフカフカに仕上がっていて、美味しい。

尼崎のワンダフルなソースで黒く化粧をしてエレガントなお好み焼き!




パセミア201411 (13)

「牡蠣やきそば」

うどんって註文したつもりやったけど、ご愛嬌。
野暮な事は美味しいから言いませんw

サロマ湖の牡蠣は、しっかりしていて小柄でミネラル感たっぷり。

ソースじゃなくて、醤油が絡んで、鉄板の熱で焼けて芳ばしい。


やっぱり、この季節は牡蠣三昧がええです。




パセミア201411 (3)

ボルドーの「シャトー・クロ・フロリデーヌ・ブラン 2012」

深い香りとミネラル感が旨味たっぷり。
普段は飲まないボルドーの白。

コレは美味しいですね。




パセミア201411 (4)

フランスのローヌ

「ジャンヌ・ガイヤール・マルサンヌ 2013」

華やかでカラフルでリッチな味わい!




パセミア201411 (18)

オーストリアのウィーンで醸造。
街やん

オーストリアのフジマル醸造所みたいなもんかな。

音楽の都で育ったワインは、ミネラリーでエレガント。




パセミア201411 (19)

ニュージーランドの佐藤さんのワイナリー。

生産量が少なく貴重なsatoのリースリングは、エネルギッシュ!




パセミア201411 (8)

北海道のタカヒコさんのは、安定の旨さ。

余市はマッサンだけちゃいますよ。
ちゃんとした美味しいワインを作り出すワイナリーが存在する。




パセミア201411 (9)

北海道の農楽蔵さんの「ノラポン ルージュ 2013」

主体はメルローなのに淡い色合い。
濃い、ボディってワインじゃなくて、薄旨!
体にスッと入ってくる。



パセミア201411 (14)

今回一番のド変態ワイン!

オーストラリアの「パトリック サリヴァン」
「ジャンピング ジュース ハーフ フル 」

名前からキレキレでしょw

ピノノワールに少しのメルロー。
前年に収穫され、自然発酵させたソーヴィニヨンブランを加えた、化学実験のようなワイン!

コレが複雑なのに、よく纏められていて良かった!

こういうド変態ワインが飲みたかった♡




パセミア201411 (15)

レ・コステのロッソ
好きな造り手さん。

いかにもイタリア。
薄く、酸が心地よい。
ジュースのようにグイグイいける。



ワインに合う料理を提供してくれる。
料理に合わせるワインを出してくれる。

お好み焼きにワインってアリでっせ!






スポンサーサイト
  1. 2014/11/28(金) 19:17:54|
  2. お好み焼き・鉄板焼き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NGORO NGORO COFFEE (ンゴロンゴロ珈琲) / 大阪 天満橋

NGORO NGORO COFFEE (ンゴロンゴロ珈琲) / 大阪 天満橋

ンゴロンゴロ201411 (6)

天気が良かったので、梅田から散歩。

西天満で蕎麦をすすって、また散歩。

目的の喫茶店へ行くと休みだったので、肩を落とす・・・

せっかくなので、さらに近辺を散歩。

少し歩くと真新しい喫茶店を発見。



思わず店に吸い込まれる。




ンゴロンゴロ201411 (2)

一人のソファー席、カウンター、テーブル席。
ちょうど開店時間だったみたいで、貸切状態です。

奥のカウンターで註文会計を済ませる。

珈琲豆の種類が数種類あるが、始めての喫茶店では「ブレンド」を頼むことに決めている。




ンゴロンゴロ201411 (5)

ブレンドに使用されているのは、何処産の豆かは聞かなかったけど、店内の絵画や装飾品がアフリカなので、アフリカ方面の豆を使っているのかな?って想像しながら待つ。

ンゴロンゴロで調べてみると、タンザニアの自然保護地区の名前みたい。




ンゴロンゴロ201411 (3)

イケメン店長が珈琲をいれてくれる。

挽きたての豆をペーパードリップへ入れる。

お湯を注ぎ立ち昇る湯気と芳醇な薫りがたまらん。

ゆっくりと丁寧な所作。




ンゴロンゴロ201411 (1)

酸味が引き立つ。

珈琲を飲み始めた頃は、丸福珈琲の本店で濃いめの珈琲を好んで飲んでいたけど、最近は珈琲の酸味が好きになってきた。

ワインは濃いのも美味しいけど、薄い味で酸味の効いたガメイなんかが、好きになってきている。




ンゴロンゴロ201411 (4)

愛想の良い女性スタッフと蕎麦談義。

谷町六丁目から最近、天満橋まで移転してきたみたい。

美味しい珈琲を飲んで、ホッと一息。






  1. 2014/11/27(木) 19:09:44|
  2. 喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欧風料理もん / 神戸 三宮

欧風料理もん / 神戸 三宮

洋食もん201411 (3)

生田ロードにある、昔ながらの高級洋食。
洋食レストランって言葉が適切ですね。

神戸って洋食屋が多いけど、町の洋食屋から高級な洋食屋まで、様々な分野がありますね。

狭い土地に様々な味が、ひしめき合ってるから、神戸のぼっちゃん、じょーちゃんの舌が肥えるはずですね。




洋食もん201411 (2)

昭和の香りが漂う店内には調度品がならんでいたりします。

自社ビルの三階、四階は民芸調になっていて、すき焼きやしゃぶしゃぶなんかも食べれるみたいです。



今日は臨時収入が入ったので、ちょっと贅沢ランチ。




洋食もん201411 (4)

一番人気

名物「とんかつ定食」

今日は、こいつが目当てでやってきた。



とんかつフェチの神戸っこに教えてもらいましたw

ボリュームもたっぷりなので、満腹になりそうです。




洋食もん201411 (5)

この店のとんかつは、基本がヘレ肉なんですよね。

だから、とんかつを注文するとヘレ肉が出てきます。

形が独特でしょ。



ソースを付けずに食べる。
サクッと歯切れの良い衣。
肉、柔らかく風味も強い♡

最初の食感の柔らかさが独特!
この形じゃないと、味わえない!
この形だから、柔らかさを感じれる。

トマトケチャップの酸味。
爽やかさがある嫌味のないソース。

ソースに絡めて食べると美味しいです♡



ご飯もしっかりしていて、ええ感じ。
これ重要!

甘めの赤出汁には、クタクタに煮込まれた玉ねぎ。



神戸の高級洋食屋は一味違いますね。







  1. 2014/11/26(水) 21:26:57|
  2. 洋食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台湾 淡水軒 / 神戸 元町

淡水軒 / 神戸 元町

淡水軒201411 (5)

12時の開店時間と共に、ドッと押し寄せる男達。

サラリーマンは、手頃なラーメンと高菜ご飯のセット。

引退したおじさん達は、贅沢に餃子とビール。



元町高架下、通称「モトコー」のスタート地点に昔からある中華料理の「淡水軒」

中学生の時から見慣れた風景で、景色と同化するほど馴染んでいるが、入った事がなかった。
久々に通って、どおしても入りたくなってしまった。

この衝動は、オサエラレナイ!



開店一番に入店。

「ラーメン、餃子五個、水餃子」三個のセット。




淡水軒201411 (1)

黄金のスープ!

煮干しなどの風味と甘い醤油の香りが、湯気と共に立ち昇る。

上品とかでは、ないけど綺麗なスープ。



狭いカンウターでのノスアルジアな雰囲気。

昭和のラーメンが、ここに存在する。




淡水軒201411 (2)

歯ごたえの良い、太目の楕円形の麺。

これぞ焼豚って味とルックスの「ザ・焼豚」



年配のお客さんが多いのがうなずけます。

昔ながらの懐かしいラーメンを求めて、暖簾をくぐるんでしょうか。



進化し続けるハイブリッドなラーメンも多いけど、進化せずに残し続けてほしいラーメンってのもあります。

まさに、そんなラーメンです。

ノスタルジーラーメン。




淡水軒201411 (3)

餃子は、油多めで焼いてはります。

神戸らしく味噌ベースのタレ。

餃子を口にすると皮が多く感じる。

餡の量がもう少し多いか皮の面積を小さくする方が食感も良いと思った。




淡水軒201411 (4)

水餃子は、アッサリのタレ。

薄すぎず、厚すぎずモチッとしていて美味しい。

当たりには、大葉が入ってたりします。

水餃子の方が好み♡



昭和のラーメンって、ええなぁ。






  1. 2014/11/25(火) 19:26:29|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一腕水 (イーワンスイ) / 大阪 堺筋本町

一腕水 (イーワンスイ) / 大阪 堺筋本町

一碗水201411 (4)

予約が取れないって聞いてたから敬遠してたけど、ご縁があってランチに伺いました。

なんせ人気店ですからね。
カウンターだけの中華ってのも興味があったし、カウンターだけってのがそそります。

12:00に一斉スタート。

その方が段取りが、いいですもんね。



下午餐

一碗水201411 (2)

前菜三碟

※れんこんの五目挟み揚げ紅腐乳風味
※はくさいの辛み炒め
※柿と株のごま和え




一碗水201411 (3)

「はくさいの辛み炒め」

辛い!
シャキシャキ!

出汁がよう効いてます。




一碗水201411 (1)

「れんこんの五目挟み揚げ紅腐乳風味」

丁寧な仕事。
発酵食品を使っている面白さ。
食感良く、香りも穏やかで美味しいです。




一碗水201411 (12)

「柿と株のごま和え」

柿の甘味、株の瑞々しさ、優しい胡麻の風味。

ちゃんと中華に仕上がっている。



瓶ビールをよく冷えた薄張りグラスで、すぐに飲み干し紹興酒を選ぶ。

たしか5年、7年、10年、15年とあったけど、飲もうと思ってた7年が品切れ。

5年か10年か悩む。
見栄で10年といきたいとこだが、料理のストレートな優しい味わいに5年を選択してみた。

コレが5年にして正解!

ワインで例えると、ボージョレなどに使われるガメイ種のような感じ。
フレッシュな酸味が良かった。

ガメラーとしては、嬉しい発見。

品切れなどのハプニングで、良い効果を得れる事がある。




一碗水201411 (11)

「うずら、乾燥ゆば、杏仁の土鍋スープ」

うずらが半身。
滑らかな湯葉。
杏仁の風味。

構成が面白い。
旨味も出ている。
スープ自体のザラザラした舌触りが気になる。




一碗水201411 (10)

「白身魚の菊花揚げ、きんもくせいソース」

綺麗に咲いた鯛!

繊細です。

甘いキンモクセイの香りと甘味が鯛の風味を引き立てる。




一碗水201411 (8)

「カキの卵焼き、チリソース掛け」

小さめの牡蠣だが、身はプリプリしてる。

牡蠣の卵焼きも斬新でチリソースの甘辛いのが、また良いです。




一碗水201411 (7)

「水豆豉(トウチ)と鱶(フカ)肉のチャーハン」

ここでも発酵食品登場。

豆豉とサメのチャーハンって始めて!
(サメの事を関西ではフカって言うんですね。フカのヒレでフカヒレなので納得。)

米が長いと思ってたらタイ米を使用しているから、パラパラハラハラに仕上がっている。

淡白なフカ肉、豆豉酵母の旨味がタイ米に絡ませるセンスとバランス感覚が素敵。




一碗水201411 (6)

「ジャスミン茶」

食後に中国茶を飲んでみる。

あ〜
やっぱ、美味しい。

落ち着く。




一碗水201411 (5)

「棗(なつめ)入り小豆餅の中国式クレープ」

ナツメって漢方ですよね。
デトックス効果もあり、胃腸の調子を整えて、ビタミンCが豊富なナツメを使うのは美肌効果もあり女性にはうれしい演出ですね。

甘すぎることなく、クレープが香ばしく美味しいです。




一碗水201411 (9)

単品、全体の構成力が、センスよく医食同源を感じさせてもらえました。

丁寧で繊細な中華。

中華鍋を振る姿が美しい。
スラリと背が高く、鍛えられた背筋が素敵。

勉強研究熱心な南シェフ。

見せる!
感じる!
一腕水劇場に、通ってみたくなりました。






  1. 2014/11/21(金) 19:24:06|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洋食 マルシェ / 神戸 花隈

洋食 マルシェ / 神戸 花隈

マルシェ201411 (2)

前回のマルシェでは、名物のカレーを食べました。

満足度が高いし、普段から ちょくちょく通っていたりします。

色んな店に行っても、リピートしてる店ってほとんど無いんですよね。

気にいったら、結構通ってしまう性格。
習慣になってしまう。

気に入って通ってる店の同じメニューをなるべく載せないようにしています。
またかい!ってならないようにねw
飽き性じゃないんですけどね。



色んな店で食事をして、様々な味と出会って、自分の記憶に刻まれる。

自分の中で、独自のお店ランキングを作るのも楽しい。

また行きたいと思う店は少しだけ。
そして、お気に入りの店と出会えるのは、ほんの一握り。

でも、何件も行ってお気に入りの店と出会えた時は大興奮。

だからやめられない。




マルシェ201411 (1)

「カキフライ定食」

冬なんでね。

食べたくなるでしょ。



ご飯の量もかなり多めで、スープのカップ程の大きさほどの牡蠣フライが素敵♡

洋食屋でのプレートは、野菜から食べるんですけど、野菜自体が美味しいですね。

自家製のニンジンドレッシングもいけてます。




マルシェ201411 (3)

デカイ!!!



10センチ近くある牡蠣は一口では食べれない程大きい!

大きな牡蠣は、岡山の邑久の牡蠣を使用。



デミグラスソースとタルタルの相掛けの豪華共演が憎い演出♡




牡蠣の旨味を含んだ熱いエキスで火傷しそうになりながら、かぶりつく。

二口でも食べれず、三口で、やっと食べれる大きさに大満足。

こんなに大きなカキフライって、なかなか見ないしジューシー!



旬の牡蠣が豊富な瀬戸内海に住んでて良かった〜



お客さんが、会計時に冷凍カレーを購入しているのが目立った。

家でも食べたくなるんやろね。
たまに食べたくなるマルシェのカレーライスも魅力的♡






  1. 2014/11/20(木) 19:15:23|
  2. 洋食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍泉 / 神戸 元町

龍泉 / 神戸 元町

龍泉201410 (5)

良友酒家さんの姉妹店のChina Modern Liang You(リャン ヨウ)さんから独立されたみたいです。

点心飲茶のコースが手頃で食べれるということで、ランチにやってきました。

こちらのお店は、リャン ヨウさんの飲茶コースの内容が、手頃で食べれます。

サラダ、海鮮春巻、海鮮粥か焼飯、手づくり点心、デザート

内容を見てみると同じですね。




龍泉201410 (4)

「サラダ」



ランチタイムはサラリーマンが多いです。

龍泉201410 (3)

「海鮮春巻」

アツアツ、パリパリ具沢山!
美味しいですね。




龍泉201410 (2)

「焼飯大盛り」

海鮮お粥と焼飯が選べたので焼飯。

調子にのって大盛りにしてしまった焼飯。

結構満腹になるので、大盛りにせんでもよかったw

油少なめでパラパラなので食べやすい。




龍泉201410 (1)

「手作り点心」

豚饅、海鮮焼売、翡翠餃子、蒸し海老餃子、フカヒレ餃子、海鮮春巻き

結構豪華な内容ですね。

どの皮も艶艶して綺麗!
エビなんかもプリップリで、餡もタップリ詰まっています。



デザートの杏仁豆腐も付いてきて
1000円でお釣りがくるってコスパ高いですね。

味付けは全体的にお上品ですね。








  1. 2014/11/19(水) 19:18:02|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

China Modern Liang You (リャン ヨウ) / 神戸 元町

China Modern Liang You (リャン ヨウ) / 神戸 元町

chine modern liang you 201411 (4)

良友酒家シリーズ。

China Modern Liang You
リャン ヨウ
良友

元町駅を東へ一分ほど行った所のビルの地下一階。
廣東料理 良友酒家の姉妹店です。

こちらの店は、老舗の中華料理店の良家酒家さんとは違い、綺麗でスタイリッシュな店内。

大きめの店内。
奥には個室なんかもあって火鍋やコース料理もいけるみたいです。

今日はランチタイム。
オシャレな中華なので、マダムや女子会でビッシリと席が埋まっています。

ランチメニューは。セットの料理が豊富で、飲茶のコースなんてのもあります。
良友酒家とコンセプトが違いますね。




chine modern liang you 201411 (3)

今日は第一印象から決めていました!w

冬になると体が欲する「牡蠣やきそば」

ライスとスープをセットで追加できるのもイイね。



愛川のキンキンさんが、この店の「牡蠣やきそば」が、どうしても食べたいからって、メニューに載る前に特別に仕入れて提供したみたい。
そんなん聞いたら食べたくなるでしょ!
ミーハーですw




chine modern liang you 201411 (2)

牡蠣と青梗菜のシンプルな構成。

10個程の小ぶりだけど、形がしっかりした牡蠣。
ほんのり磯の香りがしてミネラル感が強い印象。
滋養強壮に効きそうの味わい。

餡は良友酒家の甘い香りとは違い、甘さと香辛料は控えめで、番人受けするようなタイプ。

個人的には、良友酒家の甘い香りで、香辛料が効いた香ばしい餡の方が好き。
(牛シチューの脂の甘味や旨味が溶け出していたのかもしれない。)




chine modern liang you 201411 (7)

丸めて表面のみを焼いた麺が、餡に絡んで美味しいです。

あ〜
牡蠣美味しい!




chine modern liang you 201411 (1)

スープは、トロミと酸味があるタイプ。
少しぬるいのが残念やけど、出汁が効いててキノコタケノコ具沢山!




chine modern liang you 201411 (6)

牡蠣やきそばの牡蠣で、牡蠣丼、牡蠣ご飯を制作!

餡をもう少し足してと・・・



アカン
旨い!



牡蠣を潰して混ぜ混ぜして食べても風味が広がって旨い!




chine modern liang you 201411 (5)

飲茶も気になるな〜

良友酒家の牡蠣やきそばも食べ比べしたいな。

牡蠣の季節
牡蠣を食べまくろう!




  1. 2014/11/19(水) 11:16:21|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廣東料理 良友酒家 / 神戸 元町

廣東料理 良友酒家 / 神戸 元町


良友酒家201411 (2)

神戸の元町駅くら山側へ登って中山手通沿いの山側。

神戸の老舗中華料理店の「良友酒家」さん


かなりアラカルトのメニューが豊富で、コース料理や夜は予約で火鍋なんかもできるけど、ランチタイムの名物は「牛シチューやきそば」

名前だけで、そそるでしょ。




良友酒家201411 (3)

広めの店内は、昔ながらの中華料理店の空気感。

大きな円卓に通される。

テーブル席のマダム達は、お得な日替わり定食を食べている。

メニューを一通り眺めて、「牛シチュー焼きそば」

註文が通ると中華鍋を振る音が響くのと同時に、広い店内に香ばしい香りが漂ってくる。

良い香りに、ペコペコの胃袋が刺激される。

壁に所狭しとびっしり飾ってある スポーツ選手や芸能人のサインを眺め、熱いプーアル茶を啜り、料理が出来上がるのを待つ。

お茶の香りが良い。




良友酒家201411 (1)

「牛シチューやきそば」

牛バラ肉と青梗菜が餡に絡んで、やきそばの上に、かかっているシンプルな構成。

上品な甘い香りが漂う。




良友酒家201411 (5)

豚の角煮のように、ゴロンと大きな牛バラ肉!
箸で容易に切れるほど柔らかい牛バラ肉が口の中でホロホロに解ける。

溶ける牛の脂と、甘い餡と油の良い香り。八角など、現地の中華料理の香りがほのかに広がる。




良友酒家201411 (4)

表面が焼かれて硬めのソバの香ばしさに、甘めの餡が絡まる。

素直に美味しい。


最初は、一品だけで満腹になるか不安やったけど、そこそこ満腹になるぐらいのボリュームにも満足です。

さすが老舗。
長く続く理由です。
神戸を代表する中華料理店の一つではないでしょうか。

大きな母体の「良友酒家」さん。
冬は牡蠣のメニューが楽しみですね!

姉妹店なんかもあるので、其方にも行ってみたいですね。










  1. 2014/11/17(月) 23:43:10|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とあるイタリアン / 某所

とあるイタリアン / 某所

ヴィネリヤ ジャンニ201410 (4)

Ciao!



何かを好きになる時ってキッカケがある。

イタリアの靴で石畳を歩きたくて、イタリアへ行った事もあるぐらい、イタリアが好きな時期があった。

当時はファッションが好きで、Eさんのショップに入り浸っていた。
Eさんが履いていた靴がカッコ良くて、当時日本でもあまり見かけない靴で、値段もかなり高かったけど、なんとか見つけ出して試着してみた。

始めて履いたイタリアの靴は、足に吸い付くようにフィットした。
今でもその時の感覚と感動を憶えている。

値段が高かったけど、どうしても欲しくて頑張って買ったのが「ステファノ・ブランキーニ」という靴。
この靴と出会ってから靴が大好きになった。

Eさんは、かなりのイタリア好きで、イタリアの生地やレザーの素晴らしさ、イタリア料理の美味しさを教えてくれた。
実際に手で触れたイタリアのファブリックやカシミアの感触やレザーの滑らかさに触れて、ますますイタリアが好きになっていった。
お陰さんで、今では極上のファブリックがあれば触れたいし、レザー製品や靴が好き。
気づけばレザーフェチであり、靴フェチであり、飲食フェチのド変態になっていた。

女性の靴も好き。クリスチャン・ルブタンやジミー・チューの後ろ姿は美しく、歩く女性の脚のラインをエレガントに見せてくれる。

そんなEさんに、当時紹介してもらったイタリアンの店が大阪の靭公園の近くにある「サンタルチア」さん。
そこで食べたイタリアンは衝撃的だった。
イタリアンって旨い!!って素直に思った。

小手先や巧妙に作られた料理じゃなくて、サンタルチアのシンプルな料理は家庭的で、口の中で旨味が爆発する。
20歳ぐらいだった、多感な頃の味覚に大きな刺激と感動を与えてくれた。

その頃からグルメに興味を持ち始め、物欲が大きかった10代や20代の前半から、今では食欲が大きくなってきた。

何かの出会いで感動することによって、大きく人生が変わることがありますよね。




ヴィネリヤ ジャンニ201410 (3)

こちらの店は、とある人に教えてもらったイタリアン。
ワインと郷土料理を楽しめるお店。

店に入るとワイン会社ラシーヌのカレンダーがかけてあったので、ワインに期待できそう。



アラカルトがズラリと並んでいたけど、無難に「前菜の盛り合わせ」

コッパ、サラミ、レバー、生ハム、小松菜、クスクス、秋刀魚のカルピオーネ。
肉類は、旨味ギッシュ!

そうそう!
イタリアンって、口に入った瞬間に旨味がスパークする!
これぞ、イタリアの家庭の味だろう。

小松菜や秋刀魚の南蛮漬けは、和食に通じる味付け。

スパークリングが、あっちゅう間になくなって、白ワイン。
フランスの物も目だつけど、スッキリとしたシチリアのワインにした。




ヴィネリヤ ジャンニ201410 (2)

「手打ちのタヤリンとミートソース」

色と形がチキンラーメンに似てるけど、ところがどっこい、このパスタ旨いです!
独特な食感も良く肉の風味や熱で溶けだしたチーズの絡み具合のバランスがええ感じです。



よう流行っていますね。
シェフが一人やからのんびりした食事。
ゆっくり食事と会話を楽しむ時間って重要。



隣の隣のテーブルのお客さんが、フレッシュポルチーニのフリットが美味しいと言っているのを聞いて、隣のテーブルのお客さんも同じものを註文していた。

フレッシュポルチーニが美味しい時期だったので、どうしても食べたくなった。
オムレツも食べたかったので、シェフと相談して特別メニューを作ってもらった。

忙しそうやったけど、手が空いた時やったので、わがままを聞いてくれました。
感謝です。




ヴィネリヤ ジャンニ201410 (1)

「フレッシュポルチーニ入りオムレツと黒トリュフ」

ふわふわのオムレツに濃厚なバターのコク。
香りの女王フレッシュポルチーニの艶かしい舌触りと香り。
黒トリュフの鮮烈な香りがたまらん!

シンプルでガツンと旨く贅沢な構成。
コレぞイタリアンの醍醐味!

赤ワインを飲んでたけど、コレにはシャンパンが合うやろな〜。




ヴィネリヤ ジャンニ201410 (5)

サービスでバルベラのグラッパを出してもらえた。

ほんのり甘い食後酒で、ごきげんさん。



ガツンと旨いイタリアン。
昔、サンタルチアで食べたイタリアンを思い出した。

シンプルな物を手間をかけて、ちゃんと作る。
そんな印象を受けた。

満席だが、慌ただしくなくて居心地がよい食堂。
そして、こういう料理が食べたかった。

グラーッツィェ!





  1. 2014/11/14(金) 19:08:47|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

亀は萬年 / 大阪 豊中 阪急曽根

亀は萬年 / 大阪 豊中 阪急曽根

亀は萬年201410 (9)

開店時間を過ぎると、続々と店に入っていくお客さん達。
地元の客がメインなのかな。
カウンター席ではボトルを開けてる常連さん。
年配の爺さんグループが、アテをつまみながら勢い良く酒を飲んでいる。

豊中では有名な居酒屋の「亀は萬年」
以前から気になっていて、ご縁があり訪問。



亀は萬年201410 (8)

「わけぎぬた」

結構なボリューム。
タコのトッピングが嬉しいね!

甘酸っぱいぬた。
やや、ぬたが多いせいか、食べ進めていくとしつこく感じる。

わけぎは、ぬたで和えている方が好みやけど、メニューが「わけぎぬた」やし、ぬた和えとは記載されていないから、しゃーないですね。コレは、わけぎのぬた掛けですね。




亀は萬年201410 (6)

「刺身の盛り合わせ」

刺身もそこそこで、ええ感じ。

鯨が盛り合わせで出てくるのには、驚いた。




亀は萬年201410 (7)

「あんこう肝ポン酢」

ねっとりあん肝。
量が多い!

焼酎のええ肴。




亀は萬年201410 (5)

「ハマグリの貝汁」

澄んだ旨味。
蛤の出汁って、やっぱり好き。




亀は萬年201410 (4)

「焼き穴子湯葉あんかけ」

小料理屋や割烹で出てきそうなメニューを居酒屋風に仕上げています。




亀は萬年201410 (3)

「豚角煮」

長年継ぎ足されたタレで作られた角煮。

甘めで、焼酎によう合います。




亀は萬年201410 (2)

「海鮮コロッケ」

ホタテの殻ごと揚げられていて、見た目でテンションあがるw

クリーミーでグラタンの様な海鮮コロッケ。




亀は萬年201410 (1)

「焼寿司」

焼寿司って、何やねん?
疑問で註文してみた。

ほ〜〜〜。
なるほどね。





サバ!



焼き鯖の身がご飯の上に乗って登場。

店員さんが混ぜ混ぜ。

白米に焼き鯖をほぐして、紫蘇と胡麻と紅生姜。
鯖の脂がご飯に絡む。
紫蘇の爽やかさと胡麻の風味が程よい。

これ美味しいです。




亀は萬年201410 (11)

「じゃがチーズ焼き」

しっかりとしたチーズの焼き目。
シンプルでジャンキーで結構スキ♡




亀は萬年201410 (10)

「みかん」

チェックアウト後に蜜柑を出してくれた。
もう冬支度ですな。



毎日変わるメニュー。
メニューも豊富で、どれを食べるか註文するのが楽しい。
しかも手頃やから、地元の人に愛されて当然ですね。

大体300〜800円台まで。
食べた満足感からしたら結構安いと思う。

2階席もあるけど、小さめ店内。
テーブルとの間も狭く、煙草の煙が舞う。
仲間と楽しい時間を過ごすには、良いかもね。

ええ居酒屋です。
地元にあったらええなぁ。












  1. 2014/11/13(木) 19:10:31|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホープ洋装店 / 神戸 元町

ホープ洋装店 / 神戸 元町

ホープ洋装201410 (2)

「くにきや」で焼肉を堪能して、解散かと思いきや、早めの時間だったので、二軒目に移動。

しかし、二軒目の設定を全く考えていなかったけど、
一人ならBARへ直行やけど、お酒が飲めない人もいるし、女性もいるし・・・

歩きながら考えて、普段と思考を変えて徒歩2分弱の「ホープ洋装店」さん。




ホープ洋装201410 (3)

一階にはカウンター席。

古い家を改築してリノベーションされたオシャレトロな空間。




ホープ洋装201410 (5)

2階へ案内される。

階段を登りるとテーブルとソファの席が用意されている。




ホープ洋装201410 (1)

落ち着いた暖色の照明がテーブルを照らす。



ホープ洋装201410 (9)

大きなソファに座って、マッタリと談笑。

最初はオシャレなカフェかなって思ってたけど。
珈琲は喫茶店価格。

アルコール飲料を飲もうと思ってたけど、せっかくの喫茶店だし珈琲を飲むことにしてみた。




ホープ洋装201410 (7)

「ホープブレンド」のホット珈琲

バランスの良い酸味とコクで飲みやすい。

普段ならBARでアルコールやけど、珈琲でホッと一息もいいっすね。




ホープ洋装201410 (6)

「塚田バターのトースト」

これ美味しい!



食後のトースト。
悪ノリで註文したけど、これが美味しかった。

パンの熱でとろけるバター、小豆の甘味。
そしてパン自体が美味しい。




ホープ洋装201410 (10)

パンが美味しかったので、「ミックスサンド」と「フィレオフィッシュ」を註文してみる。



フワフワの玉子の入っているミックスサンド。
こんなんがモーニングで出てきたら最高やろな。

気になっていたフィレオフィッシュ。
鯛!!!

鯛のフィレオフィッシュ!!
贅沢なサンドイッチは、そりゃ旨いですわ!

ファーストフードとは違うね。



サンドイッチはデザートw
満腹だったのに、別腹ですw



ホープ洋装201410 (4)

普段、一人なら来なかったであろう店が、思いのほか良かったので感謝です。

ランチの内容も良さそうなので、今度行ってみようかな、

ええ感じの喫茶店です。









  1. 2014/11/12(水) 19:01:26|
  2. 喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くにきや 2014年10月 / 神戸 元町

くにきや 2014年10月 / 神戸 元町

くにきや201410 (1)

月に一度の焼肉の会。

皆さん、肉が好きですね。
ホルモン大好きメンバーの舌が、どんどん肥えてきて、店のチョイスが大変です。
最近は大体2軒をメインにして、違う店にも浮気もするパターン。

満足してもらえると嬉しいけど、美味しい物を知ると、それに慣れてしまうのが悲しい。
もっと美味しい焼肉を求めても、見つからなくなってくる。

皆さん、「足るを知る」精神で生きましょうw
食べれる幸せを感じましょう!

という事で、神戸牛専門焼肉。
元町の「くにきや」さん

前回の「くにきや」では、「タンユッケ」「サガリ」「そっちゃん」が印象的だった。




くにきや201410 (18)

ピントがあってなくて、残念な画像のキムチの盛り合わせ。

白菜とカクテキは、しっかり辛くて、オイキムチは控えめ。




くにきや201410 (16)

生ものから

「生センマイ」

艶艶で瑞々しい!
舌触り、食感も良くタレも味わい深くて美味しい!




くにきや201410 (15)

予約必須の「タンユッケ」

甘〜い♡
とろけるとは、このこと!

官能のディープkissを堪能。



そうこうしているうちに、取り合いになるタンユッケ。




くにきや201410 (17)

「タン」

この日は上タンの入荷がなかったから、普通のタンにしたけど、前回のような臭みも感じず、肉厚でタンの旨味の水分がジュワ〜っと溢れ出す。




くにきや201410 (14)

「サガリ」

美しい刺し!

横隔膜の薄い背中側が「ハラミ」
横隔膜の厚い肋骨側が「サガリ」

この店は、ハラミよりもサガリが好き。

塩かタレか選べるから塩で。




くにきや201410 (13)

サガリは炭火で軽く炙って、塩で食べる。

ほどける肉の繊維。
薫る肉の香り。

美味しい〜♡
焼肉最高w




くにきや201410 (12)

「心臓」

グリンと弾き返す、プリプリの心臓。




くにきや201410 (11)

「ミノ」

ミノってよりもサンドミノやね。




くにきや201410 (10)

「そっちゃん」

そっちゃんって名前のテッチャン。




くにきや201410 (7)

外側をじっくり焼いて、内側の甘さを楽しむ。

綺麗で、アッサリしていて美味しい!




くにきや201410 (9)

「ゲタカルビ」

細長い、あばら骨の間の肉。
骨と骨に挟まれているから肉の旨味が出ている。




くにきや201410 (8)

「アカセン」

珍しいカット。
細長くカットされている。

プリプリしていて美味しい!




くにきや201410 (6)

「赤身の細切れ」

ロース、カルビ、ハラミの細切れが持ってある。
おっさんには、小さめが ちょうどええサイズ。

綺麗な赤色ときめ細かで、気温で溶けそうな脂が悩ましい。




くにきや201410 (5)

とろける肉。
サラリとした油。

このサイズだとナンボでも食べれます。
ご飯が食べたくなりますね。

官能焼肉!!!




くにきや201410 (4)

「サガリ」二人前追加。

他には「そっちゃん」二人前追加
「アカセン」二人前追加



くにきや201410 (3)

「レバー」

艶艶。
生で食べれるでしょw
もちろん炙って食べましたよw




くにきや201410 (2)

優しい味の「クッパ」で締めて終了。

今回も大満足!
皆さんも大満足のようで何よりです。

やっぱり「タンユッケ」と「サガリ」が美味しい!
今回は「生センマイ」も良かった。
赤身の細切れ肉の小さいサイズも好み。アレなら食べやすい。

神戸の焼肉は良い肉が出てきます。








  1. 2014/11/11(火) 19:08:51|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千舟屋 / 伊丹

千舟屋 / 伊丹

千船屋201410 (2)

塚口のうどん屋「悠々」さんの先輩のうどん屋さん。
こちらも悠々同様、女性店主さんの伊丹の「千舟屋」さん。

阪急の伊丹駅から歩いて、五分ぐらい。
商店街を通って、路地を入ったところなんですけど、昼から満席の人気店ですね。

「悠々」と同様に女性スタッフのみで構成されていて、皆さんバンダナとユニホームは、お揃いのピンクのTシャツで揃えられています。

女性特有の気遣いやサービスが目立ちます。




千船屋201410 (1)

お昼はお得なセットなんかもありますが

大阪王で餃子にビールの後なので「野菜カレーうどん」を単品で。

おでんや天ぷらなど、他にもメニューが手頃な値段で、あるから満腹になりますね。
そりゃ人気になるわけですね。




千船屋201410 (5)

綺麗な彩りに飛びつきたくなる。

ちゃんと紙エプロンをして汚さんようにねw



「祇園 原了郭」の黒七味は、後半にササっと ふりかけてみよう。



カレーは、スパイスがよく効いていてピリリと辛い。出汁の割合が多いので、香りも良くて美味しいです。




千船屋201410 (4)

うどんは程よく柔らかめで優しく食べやすい。

素揚げにされた野菜が甘くて美味しい。



野菜の甘さとカレーのスパイスの辛さがエエ感じです。




千船屋201410 (3)

ちょっとええ七味をふりかけたら、上品な味わいになる。

カレーうどんに黒七味って、よう合いますね。

女性が考えたカレーうどん。
ええやん。

なかなか美味しいですよん♡






  1. 2014/11/10(月) 19:09:54|
  2. うどん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IL Povero Diavolo (イル ポーベロ ディアヴォロ) 2014年10月 / 大阪 大国町 木津市場

IL Povero Diavolo (イル ポーベロ ディアヴォロ) 2014年10月 / 大阪 大国町 木津市場

イルポーベロディアボロ201410 (4)

2回目。

前回の記事は、こちらから。

あんまり、お店のリピートってしないけど、ここには来てしまった!
もう一度行きたいレストランもあれば、一度で充分のレストランもあります。



今回はカウンター席を予約。
オープンキッチンだから楽しみだ!




イルポーベロディアボロ201410 (2)

泡からスタート

ワインのラインナップが日本ワインからイタリアワインに変わっていた。




イルポーベロディアボロ201410 (1)

ガシラ、カリフラワー

表面が炙られたガシラは香りも良く、内面のレアで ねっとりとした食感。
カリフラワーの食感も良く、ハーブの香りのアクセントのバランスが上手い。




イルポーベロディアボロ201410 (14)

太刀魚、茄子

シンプルに素材を組み合わせてあるけど、主演の太刀魚、助演の茄子、脇役のマッシュルーム、端役のハーブがしっかりと自分の仕事をしていて、ストーリーが出来ている。




イルポーベロディアボロ201410 (13)

ホッキ貝、ほうれん草

肉厚でグリンとした食感のホッキ貝とほうれん草のペースト。
調理の時からの良い香り。




イルポーベロディアボロ201410 (12)

うちわ海老、カボチャ、落花生のソース

少しだけ火を通した、しゃぶしゃぶのような海老。
海老しゃぶ!

カボチャのペーストとの相性も抜群!

コレ、美味しかった。




イルポーベロディアボロ201410 (11)

すじこ、長芋、ソーメンカボチャ

イクラの甘味。
長芋とそーめんかぼちゃの食感。
ソースが魚醤のような味を感じる。

和食の領域。




イルポーベロディアボロ201410 (10)

鱈の白子、椎茸

ソテーされた白子がプチンと弾ける。
舞茸の香りが良い。

コレも好み!




イルポーベロディアボロ201410 (9)

秋刀魚、かぶら

日本人で良かったと思えるパスタ。
太めでモチモチのパスタって好き。




イルポーベロディアボロ201410 (8)

スズキ、さつまいも

身のほどけ方が見事!
透明感のある白身の風味とさつまいもの甘味。

こちらも魚醤のようなソース。




イルポーベロディアボロ201410 (7)

巨峰、ヨーグルト

ソルベにラベンダーの香り。




イルポーベロディアボロ201410 (6)

安穏芋、チョコラータ

今回はホワイト!
このチョコの表面をパリッと崩すと中からトロ〜リ。チョコが出てくる。
このチョコ好き!




イルポーベロディアボロ201410 (5)

最近、雑誌に出まくりですね。
グルメ雑誌、料理雑誌、婦人誌などなど
表紙を飾ったり、大きく取り上げられていますね。

初回よりお客さんも入ってるみたいなので、嬉しくなりました。




ワインのアテになる少しのポーション。
全部で10皿も食べたら満腹。

魚と野菜の組み合わせ。
助演の野菜やハーブがきっちりと主演の魚を引き立てる。

今回は特に和を感じた。

イタリアのエミリアロマーニャのレストランの暖簾分けやけど、日本の木津市場のレストランは、まるで寿司屋のようだ!




イルポーベロディアボロ201410 (3)



  1. 2014/11/07(金) 19:09:09|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪王 / 本店と伊丹店

大阪王 / 本店と伊丹店

大阪王201410 (5)

大阪でブラブラしてて、どうしても大阪王の餃子が食べたくなった。
スマホで検索すると梅田阪急に店を発見するが、イートインがない・・・

どうせやったら、京橋の本店で食べてみようと思い立って、地下鉄で京橋へ。




大阪王201410 (7)

本店の前には、餃子のテイクアウト待ちの人がいる。

店内へ入ると、餃子専門店の伊丹店とは違い、本店は中華料理屋だ。



しかし、餃子とビールだけを註文。
先に出てきたビールを飲みながら餃子を待つ。




大阪王201410 (6)

スポットライトのような証明の影響もあって、美味しそうに見える。

美しいきつね色の表面

しっかりと焼かれてクリスピーな食感。

皮面が、少し油っこさが目立つけど、断然美味しい。

ひき肉やキャベツ、ニンニクのバランスも好み。

餃子の皮や焼き目って大切ですね。




大阪王201410 (1)

翌日w

飽きずに餃子



こちらは餃子専門店の「大阪王」伊丹店。



開店時間に合わせて入店。

カウンターだけの店の一番右側は、この店の特等席です。

今日はなんとか特等席をゲット。

餃子を包んでいるのを間近で見れる特等席。
リズミカルに餡を皮で包んでゆくのを見るのは楽しい。



大阪王201410 (4)

註文は2人前からで、ビールが出てきたと思うと、すぐさま餃子も出てくる。

常に焼かれている餃子の売れ行きが凄まじい。
人生のかなり大先輩でも餃子を二人前、三人前をペロリと食べている。

テイクアウトも勢いよく売れている。



餃子専門店なので、スタッフもプロフェッショナル。

鉄板の上に餃子を並べて表面をしっかり焼く。
ヤカンに入ってる油を餃子の隙間に大量に敷き、水をたっぷり入れて、蓋をして蒸し焼きにする。

手慣れた作業も間近で見れて見応えもある。




大阪王201410 (3)

昨日の夜のスポットライトに照らされた餃子の方が美味しそうに見える。
店の照明も美味しく見せる重要な要素かもしれませんね。

やはり伊丹店の餃子は、昨日感じた油っこさは感じない。
よく出来た餃子は完璧のキュイソン!



大阪王201410 (2)

本店よりも伊丹店の方が好みです。







  1. 2014/11/06(木) 19:05:27|
  2. 餃子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

自然派ワイン 稲 / 大阪 中津

自然派ワイン 稲 / 大阪 中津

稲201410 (1)

とあるイベントで、お名刺をいただいて二度程行こうと思って電話をするも振られて振られて、ようやく辿り着けました。

中津側の新御堂筋沿いなのでわかりやすいが、大阪駅からだと少し不便。
不便だからこそ人も少ない隠れ家の予感。

「自然派ワイン 稲」は、螺旋階段を登った二階に店がある。




稲201410 (3)

今年オープンしただけあって、綺麗な店内とカウンター。

ワインBARなので、泡、白、赤。
さっき迄、たっぷりワインを飲んだ後だったので、赤ください。

カウンターに並べられた六種類の赤ワイン。
右側から左側に向けて重くなってゆく。
それぞれの特徴を簡潔に説明してくれる。

ほとんど飲んだ事のあるワイン。
ここは、南塚口の最古のワインBARのナジャさんのお弟子さんの店。



最近飲んだので面白かったのは、左から二番目のSって書いてるソリニーさんのワインは、同じエチケットで数種類あって、二種類ほど飲んだけど、GAMMA GTってのがガメイとグロローをミックスして美味しかったのと、オー・スイヴァンってのはカベルネフランとカベルネソーヴィニヨンをミックスしていて、ブラインド(目隠し)で飲むと、京都産の柴漬けって答えてしまうほど、漬物の香りがしてきた。ワインってホンマにおもしろい。




稲201410 (6)

オーストラリアのビトウィーン・ファイブ・ベイブ

ド派手なエチケットで、実は成分表になっていてグラフ化されてる。
こんなエチケットやけど、ビオ葡萄で無添加樽発酵瓶詰めと昔ながらの製法で作ってるみたい。

何が面白いって、葡萄の品種の配合が凄い!
前に別の場所でブラインド(目隠し)で飲んだ時は、さっぱりわからなかった。

イタリア代表のネッビオーロとスペインからフランスへと広がったグルナッシュなどが混ざっているから、チンプンカンプンで、多分イタリアのワインと自信満々に答えてハズレたはずw

コレが、複雑で旨味たっぷりで美味しいんですよね。

色々混ぜ合わせても美味しけりゃええでしょ。




稲201410 (4)

クルミちゃん。

硬い殻は、割られている。
ホジホジ。

こうやって殻を割ってクルミを食べるのって、あんまり体験したことないけど、香りも良く美味しいですね。




稲201410 (5)

イタリア

ネッビオーロなだけあって、フレッシュやけど高貴なお味です。

さっきは、変なワインやったけど、こちらは まろやかな正統派。
イタリアンのグラスワインで、こんなん出てきたら嬉しいな。




稲201410 (2)

「チーズの盛り合わせ」

どのチーズも自然派らしく、ビオ餌で育った牛や山羊で作ったチーズ。

名付けて「ビオ乳(ビオチチ)」
響きが面白いw
ビオチチ濃厚!

ワインのアテに最高やね。



ヘンテコやけど美味しいワインを揃えています。



今日は夕方からのハシゴで、飲みすぎて撃沈w






  1. 2014/11/05(水) 19:01:43|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手打ち中華そば ゆうちゃん / 神戸 大倉山

手打ち中華そば ゆうちゃん / 神戸 大倉山

ゆうちゃん201410 (2)

ラーメン屋の居抜きで、最近できたラーメン屋。

いつ店が完成するか結構楽しみにみていました。



もっこす総本店の近所なのが凄いよね。
神戸の横綱に勝負を仕掛ける挑戦者。



ゆうちゃん201410 (3)

原材料は兵庫県産の物を積極的に使っている様子。

麺の小麦は「ふくほのか」
スープは「吉備地鶏」と「布引の天然水」
淡路島の玉ねぎを使用した「淡路油」
などなど

地産地消で兵庫県のテロワールを存分に活かしている。

淡路油って、何やろか。




ゆうちゃん201410 (1)

小ラーメンとライス、一品の昼のセットなんかもあったけど、たっぷりラーメンを食べたかったので、中華そばを註文。

海苔の起き方、玉子が入ってるからかな。
シンプルな構成やけど豪華に見える。




ゆうちゃん201410 (6)

スープは、煮干しの出汁が良く効いていて程よい鶏の油の旨みがあり好み。
煮干の酸味が目立つが、柔らく感じるのは水の影響か。

レンゲにスープをすくう動作が止まらない。
麺を食べる前にスープがなくなりそうだ。



レンゲにスープを入れて半熟玉子を乗せて、小籠包を食べるようにちゅるんと食べる。
好きな食べ方♡

チャーシューもしっかり火が入っていて、トロトロじゃなくて好み。




ゆうちゃん201410 (5)

麺は全粒粉で不揃いにカットされている。
不揃いだと好みが別れるところだが、ちゃんとスープに合っていると思う。

麺を食べてる途中から麺の左奥に見える淡路油をスープに溶かしてゆく。
玉ねぎの甘い香りが一気に広がる。
ここまで香りが広がったら、油に支配されてスープの味に影響するかと思えば、香りほど変化は無く、コクと甘味が増す。

この淡路油おもしろいね!



麺を食べながらスープを飲んでしまうから、途中でスープが無くなりそうになる。
それだけガブガブとスープが減る魅力があるのかもしれない。

尼崎の和海や尼龍に近い出汁が強く好みのラーメン。




ゆうちゃん201410 (4)

サイドメニューの「チャーシュー丼」
パサパサじゃなく、しっとりとしたチャーシューで、軽めでがっつり食べれる。


今回はラーメンとチャーシュー丼を食べたけど、
後日、昼のランチセットで小ラーメンとライス、小鉢の付いたセットも食べてみたけど、少し物足りないかな。
小鉢はチャーシューと半熟玉子が入っていたから、セットのラーメンを普通盛りにしてもらって食べるのが一番かな。

ここのラーメン。
好きやな






  1. 2014/11/04(火) 19:05:43|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。