コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

立呑処 おかもと / 尼崎 立花

立呑処 おかもと / 尼崎 立花

DSC_0974.jpg

JRの立花から、そこそこ歩きます。

立花って、パチンコと立ち飲みの店がかなり多い町なんですよね。

場末の空気感が、どこか心地よい町。

地元の人しか来ないような住宅地。
昼間の早い時間から町のパイセン達が、かなり渋い。




DSC_0975.jpg

刺身なんかもあるけど、立ち飲み価格で、そこそこいける。

この日の中トロは旨かった。




DSC_0977.jpg

日本酒の獺祭がある。
しかも立ち飲み価格。

ココは新地の料理屋か?と思うような日本酒が何種類かあるのに驚く。




DSC_0979.jpg

金村義明さんのような体格で大声の常連客がかなり酔っている。

皆んな尼崎で育って、今でも住んでいて、地域や学校の話が繋がり盛り上がる。

甘い土手焼きがやけに旨い。




DSC_0981.jpg

好きな紅生姜と三度豆の天婦羅。

ジャンキーで旨い。



酒がすすむ。
酔ってくると、純米酒で十分です。

満足じゃ〜





スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 23:46:46|
  2. 立ち飲み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和心(なごみ) / 尼崎 武庫之荘

和心(なごみ) / 尼崎 武庫之荘

DSC_0973.jpg

関西で人気のラーメン屋。
和海の支店です。

しかし、人気店の人気具合が凄まじい。時間を外して行ったのに並んでたもんね。

席数が少ないってのもあるんですけどね。

本店の店主は手を怪我されて閉店状態なので、こちらの店に流れてくる影響もあるかもしれませんね。



本店の塩ラーメンが好きで、開店当初は、よく食べに行っていましたが、こちらは本店での限定メニューで、たまに提供される煮干しブラックや追い鰹のブラックなんかの二本立て。ようするに醤油専門店。

関西で有名なラーメン屋、大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山と食べ歩いていますが、本店の和海さんのラーメンが、関西で一番好きなラーメンかもしれない。

ここのラーメンがあれば他に行かなくてもいいぐらい好み。


スープが体にスルスル入ってくる。
美味しいワインみたいな感じにね。

ホンマは支店でも塩ラーメンが食べたいんですけどね。
完全に醤油に固定するほうが在庫も抱えずに済むし客も二分できる。

ただ、人気になりすぎてビックリするぐらい並んでるから最近食べれてない。

店主も熱心に旨い物を食べに行っては、様々な要素をラーメンに取り入れてるし勉強熱心。



支店も行列ですが、スマホで煮干しにするか追い鰹にするか調べていたら、すぐに順番がきた。


カウンターだけの小さい店。
そりゃ、すぐに行列にもなりますw



DSC_0970.jpg

肝心のラーメンは、旨いです。
真っ黒いスープだが辛くはないし優しい。

本店と同じように優しいスープが体に染み込んでくる。

優しいだけじゃない。
コクもありしっかりとした柱になる旨味を天然素材で引き出しているのが驚きだ。

麺もスープにしっかりと絡んでいる。

このバランス感覚を表現できるって凄いね。



DSC_0972.jpg

チャーシューご飯は、スープにダイブ。

おじやにして、いただきました。



若者が多い印象。
周りの若者は、替え玉をしてからチャーシューご飯を食べてたしね。
凄まじい食欲。



本店に負けないぐらいの味と思います。

同じ商品を出していないので、比べる云々より、其々の良さが出ていて良いです。

大満足。



最近の尼崎のラーメンがここ最近グッとレベルが上がってきて楽しいです。








  1. 2015/04/29(水) 14:38:34|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイニング木下 / 神戸 東灘区 岡本、摂津本山

ダイニング木下

木下 (7)

ワインショップRで一杯だけと思って訪れたけど、結局あれもこれも飲んでしまって、結構ご機嫌さん。

ワインショップの店主が、この前行ってみて良かった店を教えてもらったので、寄ってみることにした。

どうやら魚がオススメらしい。




木下 (6)

「熱燗」

好みを伝えて、オススメを入れてもらった。

最近は、甘い日本酒も好きになってきた。

日本酒は米から出来ているのを理解すると、熱燗の甘い酒は旨い酒です。




木下 (1)

ダイニング木下って名前が、あチャラいと思っていましたが・・・ちゃんとしてそうです。

学生の町ですもんね。




木下 (2)

「付き出し」

肴が二種類出てきてご機嫌さん。

蟹と海苔とキュウリの和え物が、風味も良くて旨かった。




木下 (3)

刺身を盛ってもらう。

三種盛り

初鰹の身が柔らかく旨味を含んでいて美味しい。

秋の戻り鰹は脂を蓄えているが、きめ細かな身のもっちり感が春の風物。

ヨコワも良かった。




木下 (4)

ほたるいか、あおやぎ、わけぎ、うるいのぬた


ほたるいかの文字を見て、反射的に註文。

ほたるいかと日本酒❤︎
ホンマによう合います。

あおやぎも甘くて旨い。

ぬた和え、ええね。

味覚がどんどんオッさん化していってますw




木下 (5)


「鰆の幽庵焼き」

最近まで鰆って苦手やったけど、昨年ぐらいから良さに気づいた。

美味しいお店で鰆を食べるとビックリするぐらい美味しいもんです。

だから、最近は鰆を食べる回数がふえました。

薄っぺらいパッサパサのんは苦手。
肉厚でジューシーなのが好み。

この店は後者でそこそこ。





今回は16:00ぐらいからやっているから、開店時間と同時に訪問。
予約なしで、すんなり入れたけど夕方の時間は予約で満席。

常連さんは早めの時間に来店して、サクッと飲んで帰りはります。

メニューは2人前ですが、一人で行っても対応してくれるし便利です。

岡本にしては、なかなかのお店。
魚料理を食べたい時はオススメです。





  1. 2015/04/24(金) 23:59:13|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いそざかな 一とく / 明石

一とく / 明石

一とく201503 (11)

加古川で焼肉を食べてからの二軒目。

電車に乗り途中下車で明石駅。

お口直しに魚でも食べましょか。



明石駅から徒歩6分(細かいw)、何回か行ったけど毎回6分。

ウォンタナを越えた細い路地に昔から続いてる割烹の「一とく」さん。
今年に入って、大将と何度か飲みましたが、人柄と料理の腕前に惚れました。



この日は焼肉の後に、席があるか電話を入れると、運良くカウンター席が空いていたのでラッキー。




一とく201503 (2)

桜の前の季節。
今年最後の寒波に凍える指先に熱燗がしみる。



二軒目なのを伝えて、ほどほどの量でお任せにしてもらった。




一とく201503 (1)

「付き出し」

可愛い飯蛸が出てきたのは嬉しい。



若い大将。
常連さんは、今の大将の時代と親父さんが大将だったの時代の味を両方知っている。

それぞれの良さがあったみたいですね。

長年通える店に出会えるとは素敵なもんですね。




一とく201503 (3)

「メイタガレイの刺身」

上方の割烹では重宝されるメイタガレイ。

大きくはないが、艶もあり肉厚。

グリンとした食感が良い。
旨味も出ていて、甘味も感じる。

刺身で食べれるのは、やっぱり贅沢。



口がパクパク動いているので、ついつい割り箸で遊んでしまうw



地魚を使用した強みが活かされている。

明石で魚の美味しさを最大限に味わえる事は喜ばしいです。




一とく201503 (4)

「黒メバルの煮付け」

瀬戸内へ春を告げる黒メバル。

刺身も最高の美味しさですが、煮付けはやっぱり最高の食べ方。

サラッと煮付けてあって、骨からホロリと解れた白身には、少しの弾力感が残るが口に含むと繊細に解けてゆく。

優しい味付けに、黒メバルの旨味が伝わってくる。



付け合せの筍も、かなり美味!



大将の性格に似ていて、優しい味付けなのが良いです。

料理って性格に出るもんですね。



日本酒がドンドン無くなるw




一とく201503 (5)

「メイタガレイの骨揚げ」

さっきのメイタガレイの骨が美味しそうに変身!

パリッとした食感の骨と優しいお出汁が、よう合います。




一とく201503 (6)

「鯛めし」

岡本のワインショップRの渡辺さんがオススメの鯛めし。

そう。
「一とく」さんへ来て鯛めしを食べずしては帰れません。

土鍋でゆっくりとじっくりと炊き上げられた鯛めし。




一とく201503 (7)

「鯛めし」

ひたすら無言で食べて、お代わり。

遠赤外線効果でふっくらと炊き上がった鯛と飯は、最高の贅沢。




一とく201503 (8)

良い牡蠣が入っているからと、ついつい追加してしまうw

今年の牡蠣は、夏の雨の影響でプランクトンが少なく、成長が遅いとか。

ようやくブリンブリンの瀬戸内の牡蠣が本領発揮にして食べ納め。

見た目は、火が入っているように見えるけど、内側は半生にしていてミネラルを感じれる。

(最近、一とくさんで天婦羅やローストビーフを食べたけど、魚や肉の繊維がねっとり残るキュイソンに仕上がっていて満足)

今年最後の牡蠣は、優しい磯の風味が広がる。




一とく201503 (10)

赤出汁で〆。



美味しいのは鯛めしだけじゃない。
他の魚の料理も美味しくいただけます。

素材の特徴を理解して、良さを引き出ししてくれます。



真面目で優しい大将の料理。
やっぱり、好きやわ〜



  1. 2015/04/22(水) 22:34:40|
  2. 和食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼肉 かつじい / 兵庫県 加古川市

焼肉 かつじい / 兵庫県 加古川市

かつじい201503 (1)

焼肉を求めて加古川へ上陸。
加古川は屠殺場もあり、肉好きの私にとって聖地のようなもの。

一度屠殺場の見学なんぞにも行ってみたいもんです。

なんとも香ばしい、そんな加古川という土地で精肉店が営む焼肉屋さんが「かつじい」さんです。



加古川駅を下車して、わくわくしながら店へと向かう。

春先で昼間は暖かかったけど、夜は寒すぎて、いつも薄着で暑がりのパイセンがブルブル震えているw




かつじい201503 (2)

「トロタン」

タン元ですが、味が薄い。
タン元なら、もう少し旨味がほしいところ。




かつじい201503 (3)

「塩タン」

トロタンとの比較材料。

やはりトロタンの方が旨い。




かつじい201503 (4)

「ハラミ」

使用している牛肉は、雌牛に拘り神戸、但馬、近江、松阪とその時々で使い分けているみたい。

ハラミに関していえば、赤身と脂のヴィジュアルのバランスは申し分ない。

しかし、へにゃへにゃで肉が弱い。

確かこの日は近江牛だったと思う。
本来なら香りと旨味を兼ね備えているはずのだが、たまたまハズレの日だったのかもね。




かつじい201503 (5)

「カイノミ」

漢字で書くと「貝の身」
牛肉のお姫様❤︎

鮮やか。

バラだけどヒレに近い部位。
脂が太いシャトーブリアンといったところか。

見た目以上にサラリとした脂に驚いたが、甘味と旨味に欠ける。




かつじい201503 (6)

「特選ササミ一本」

ササミと言ってもカルビ。

綺麗な肉質。





かつじい201503 (9)

やはり、肉が弱く、旨味が乗っていない。

タレは、トロッとしていて濃く甘い。

赤身に付けるとタレの味が占領する。




かつじい201503 (7)

3種盛り、イチボ、ザブトン、シンシン

この日は確か近江牛。
神戸、近江、松阪牛の食べ比べをしてみたかったけど、普段はしていないらしくイベントの時にしかやっていないみたい。肉飯も食べたかったけど今日は無し。



イチボはお尻。
普段は、女の子のお尻を追っかけてばっかりですが、牛のお尻はとろけますw

ザブトンは肩ロースの上。
画像なりの溶け具合。

シンシンは、フィレ並みの柔らかさ。




かつじい201503 (8)

ホルモンを盛り合わせてもらう。

心臓、テッチャン、センマイ、アカセン



付けタレが濃いめで甘くホルモンに、よう合います。

ホルモンは旨いっす。

このタレはホルモンを食べる為にあるんとちゃいますかね。




かつじい201503 (11)

幻のホルモン

これが今日一番!
オススメ!



この日が、たまたまはハズレだったのか赤身に全く魅力を感じなかった。

ホルモンは旨かったんすけどね。

もっとポテンシャルを秘めているとは思うねんけどな〜。

良い肉が出てくる日に行ってみたいかな。

屠殺場の聖地の意地を見せてほしいです。






  1. 2015/04/20(月) 23:47:26|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漁師居酒屋 楓 / 神戸 和田岬

漁師居酒屋 楓 / 神戸 和田岬

楓201503 (4)

神戸の中央市場から南へ行くと三菱重工の労働者を相手にしている店が多くある。

その中でもランチ時になると、ひときわ賑わいをみせる店が「楓」さん。

比較的新しい店ですが、魚中心のランチメニューが豊富で親父心を鷲掴みにします。




楓201503 (2)

註文しようと思っていた、日替わりの海鮮ユッケ丼が売り切れていたので、「鯖の煮付け定食」にした。

他にも肉系のメニューもあったけど、せっかく魚が得意そうな店なんでね。

好みのご飯のアテ小鉢を数種類から選ばせてもらえるので、明太子を選んでみた。




楓201503 (3)

註文が通ってから煮付け始めた。

少し時間はかかったけど出来たてが出てきた。

鯖の半身は浅めに煮付けられていて、薄めの身はアッサリとしていてくどくない。



分厚い身の方が好み。



豆腐にもたっぷり甘いタレが染み込んでいて、豆腐でもご飯を掻っさらう。

結構手頃な価格設定で豊富なメニュー。そこそこのボリューム。
そりゃ人気になりますね。




隣の席のお兄ちゃんが、旨そうに唐揚げ定食を食べている。



隣の芝は青く見えるもんです・・・




楓201503 (5)

後日

から揚げ定食w




楓201503 (6)

カラッとサクッと



う〜ん

魚の方がええかな。




楓201503 (7)

ご飯の状態が、昨日よりも良くて旨かった。




楓201503 (1)

イカの塩辛と白米って最高やね。

日本酒に合う物は同じ原料の白米にも、よく合いますよね。






  1. 2015/04/15(水) 22:44:42|
  2. 食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洋食 キャベツ / 神戸 板宿

洋食 キャベツ 神戸 板宿

キャベツ201502 (6)

洋食屋の数が多い神戸。

三宮からは、そこそこ離れている須磨区の板宿。
須磨区といっても長田区寄りで須磨区役所の近く。



不便な場所ですが地元民に愛される人気店。

ようさん人が入っています。
入れ替わり立ち替わり。

客層も幅広く、沢山の人を裁くために基本相席です。




キャベツ201502 (7)

ごはん、スパゲッティ、キャベツの量を選べる。

手前に座っていた、ガタイの良いお兄ちゃんは、すべて大盛りで配膳されていた。

凄まじい量だったので、普通にしよう。

相席になった小柄なお兄ちゃんは、慣れた口調で「全部大盛り」

無料で大盛りにも出来るから、ここぞとばかりに皆さん大盛りにしはりますw




キャベツ201502 (1)

普通だったら、手頃なチキンカツ定食といきたいとこだが、食べ歩きブログなので少しだけ見栄をはって大奮発。

Bセットにしてみた。

トンカツ、海老フライ、ハンバーグと豪華絢爛。

夢の共演!




キャベツ201502 (2)

負けじと調子に乗って大盛りのごはん。

かなりのボリューム感だ。

ご飯だけで食べきれるかどうかの山盛り具合なので、スパゲッティとキャベツを大盛りにしないで良かったw

店名が「キャベツ」なだけに、今度はキャベツを大盛りにしてみよう。




キャベツ201502 (4)

「トンカツ」

薄めでライトな揚がり具合。
デミグラスソースが掛かっているのが洋食ならではですね。

しかし、ソースにほんの少しだけ嫌な苦味を感じる。フィニッシュにね。焦げた苦味ではない苦味。



キャベツの量もたっぷりで、トンカツを支えている。
スパゲッティの量も凄いっす。




キャベツ201502 (5)

ハンバーグ、エビフライ

そこそこ立派なエビフライ。衣で誤魔化してる、パチモン海老フライではない。

やっぱり海老フライはタルタルで食べるのが旨い。



ハンバーグは、合挽きでフワフワしたタイプ。




キャベツ201502 (3)

食べ終わった後の満腹感。
満足させてくれますね。
地域密着型の洋食屋。

手頃なメニューもあるし、よう流行ってるのがわかります。






  1. 2015/04/13(月) 22:20:52|
  2. 洋食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大西亭 / 大阪 野田、海老江

大西亭

大西亭201503 (9)

久々の「大西亭」さん。

一人だと、比較的直前でも予約を取りやすいです。

席数が奇数のカウンターなので滑り込みセーフ。

ほとんどがペアやしね。
しかも店内ほぼ女性。

予約してまで食べに行くのが億劫の男性が多いって事ですね。



野田と福島の中間地点の住宅街。
不便なのがこの店の好きなとこ。





大西亭201503 (1)

アミューズ。

シンプルにクリームチーズ。
濃厚コク旨!

力強いファーストインパクト!



大西亭201503 (3)

前菜、プラス¥500で盛り合わせ。

盛り合わせにするとかなりのボリュームになるけど、あれもこれも食べたいもんね。

女性は、盛り合わせにすると満腹になってメインが食べれなくなるから注意ですw

豚のホルモン煮込み、ベーコンのオムレツ、野菜のスープ。

ストレートに旨味をぶつけてくる。
セカンドインパクト!



白ワインをカラフェで飲まないと、捌けない分量。



大西亭201503 (7)

メインは神戸ポーク

春巻きの皮に包まれている。

パリパリの食感とジューシーな豚。
甘い玉ねぎと、溢れ出る豚の甘い油がたまらん!




大西亭201503 (8)

デザートにチーズ。



アカン・・・旨い!

昨今、小手先で提供される新食感や新感覚の料理が多いですが、ダイレクトに旨い!を提供してくれるビストロと思います。

この感覚って自分にとって重要で好きな要素。



シンプルに旨いって重要。


  1. 2015/04/12(日) 00:04:52|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓八商店 / 神戸 須磨区

韓八商店

韓八201503 (10)

三宮から少し西へやってきた。

新長田駅と鷹取駅の中間ぐらいかな?

久々に来てみた韓八商店。



確か、寒い時期しか食堂は営業していなかったはず。




韓八201503 (8)

商店の一角というより、食堂の一角に商店がある感じで、冷蔵庫の中には名物オモニが作ったキムチやお惣菜が並んでいる。



スープの定食を食べにくるのは久々。




韓八201503 (1)

スジスープの定食



韓八201503 (2)

そういえば、スジスープしか食べたことがないw




韓八201503 (3)

惣菜の盛り合わせを箸休めに摘む。




韓八201503 (4)

キムチは食べ放題で、ニラの薬味がこれまた旨い。




韓八201503 (5)

ニラのタレを豆腐に掛けて食べたら、ホンマに旨いです。

少し塩辛いが、家に欲しいですw




韓八201503 (6)

ご飯に乗せても旨い。




韓八201503 (7)

スジもたっぷり!

塩ベースでシンプルな味なのが良いです。



明日のお肌の調子は、きっと絶好調だろう。



少し味が変わった?

スタッフさんに聞いてみると、オモニは体調を崩されて、現在は調理をされていないとか。

早く治癒するのを願うばかりです。









  1. 2015/04/09(木) 23:16:33|
  2. 韓国料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旭屋 / 神戸 北野

旭屋 / 神戸 北野

旭屋201503 (3)

兵庫県の神戸牛の肉好きに知らない人はいないぐらい有名な旭屋。

神戸牛の専門店でもある肉屋の旭屋さんが三宮にやってきた。

しかも、人気のコロッケが食べれると聞けば、少しぐらいの坂は、へっちゃらで登れます。




旭屋201503 (1)

牧場にまで直接足を運び、仔牛の頃から餌や飼育の過程を見ておいたり、セリで直接チャンピオン牛を仕入れたりしているみたい。



旭屋201503 (5)

セラーの中で熟成中の神戸牛。

紫の菊華が眩しい。
黄門様状態です。

神戸牛の中から、更に選び抜かれた牛肉、肉質と脂質がきめ細かく、熟成させてコクと旨味を増幅中。




旭屋201503 (4)

お値段も部位によってプレミアムですね。

サーロインを買っても、美味しく焼く自身がありませんw
手が震えそうですw

炭焼き窯は、家にないしね。

あっ!
この中でも手頃な!?
極上もも肉を300gぐらいを、スキレットに向日葵油たっぷりの高温でバチバチ焼くと旨そう。

無性に食べたくなってきた。




旭屋201503 (2)

ステーキは・・・



神戸牛コロッケが有名で9年待ちだとか。

9年待ちのコロッケは、3年の雌牛のA5ランクの角切り肉がはいっている。じゃがいもは、神戸牛に負けない味わいのアンデス種を使っているそうです。

聞いてるだけでヨダレが出てくるw



その9年待ちのコロッケは、無いけど、神戸牛プレミアムコロッケというのがあったので、代わりにプレミアムなコロッケを食べることにしよう。




註文を受けてから揚げ始める。




旭屋201503 (6)

揚げること5分。
熱々のコロッケ。

このプレミアムコロッケは、神戸牛の角切りとアンデス種と洞爺種のじゃがいもを混合した物を使っている。

9年待ちとの差は、じゃがいもの品種と同じ神戸牛でもランクが違う。
9年待ちの方は、3歳で雌の処女牛のA-5ランクの中でもプレミアムな物を使っているみたいですね。

同じ神戸牛でも肉質が明らかに違う物を使ってるみたいですね。

食べてみたいーーー!



旭屋201503 (7)

サクサクのホックホク。
神戸牛の脂の甘味が溶け出して、じゃがいもが艶艶。

旨味が溶け出したじゃがいもは、甘味がたっぷりで、しっとりと なめらかで美味しいです。




  1. 2015/04/07(火) 23:37:17|
  2. オヤツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トラットリア・サッサ / 神戸 御崎公園

トラットリア・サッサ / 神戸 御崎公園

サッサ201502 (5)

最近、お昼に行くイタリアン。

場所が和田岬なので、超不便なんすけどね。




サッサ201502 (6)

グラッパだらけw

ワインのボトルを並べてる店は多いけど、グラッパは珍しいね。

グラッパを減らす会なんてのもやっているみたい。



奥のテーブル席の壁には、ビアンカーラのエチケットが飾られている。好きなワイン。
どうやら、シェフが好きなワインらしい。



一番手頃なランチを選択。

サッサ201502 (1)

前菜。

イタリアのハム。
パプリカ、ビネガー。
ナス、オレガノ。
ゴボウのペペロンチーノ。
クリームチーズのクロスティーニ。

サラダのドレッシングは、オリーブオイルとバルサミコでナチュラル。好み。




サッサ201502 (2)

熱々のお皿から美味しそうな香りと湯気が立ち昇る。



そう、この店ではランチでリゾットを週替わりで旬の食材で、食べることができるから、ついつい来てしまう。

パスタランチは、多いけどリゾットランチがあるって珍しいでしょ?

もちろんパスタランチもあるけど、この店は、断然リゾットの方が好み。




サッサ201502 (3)

2月の後半のメニューから「牡蠣と白ネギのリゾット」

ようやく大きくなって、食べごろになってきた牡蠣。
今年は、全体的に小ぶりが続いたからね。

牡蠣が少し刻まれてあり、海の風味が広がる。ミネラルよりも風味が良いタイプ。瀬戸内の牡蠣だろうか?

米は、ちゃんとアルデンテ。
ええ食感!
お皿と米の熱で、食べ終わる頃に蒸されて馴染んでくる。

白ネギのさりげないアクセントもええ感じ。



これが、以外とたっぷりな量で満腹になる。




サッサ201502 (4)

エスプレッソまで付属。

これにデザートを追加しても千円でお釣りがくるんでお得と思います。




別の日

サッサ201502 (7)

パルマ産生ハム
赤キャベツとクミンのマリネ
鏑の黒胡椒とビネガーのマリネ
蓮根のピリ辛
クリームチーズのクロスティーニ

これ、ワインをガブガブいきたくなりますw



もう一歩踏み込んで欲しい味付けですが満足。




サッサ201502 (9)

この日は「サーモンとキャベツのクリームリゾット」

皿も熱々、米もアルデンテ。
ディルなんかの香草がええ仕事。


鰆とアスパラガスのトマトソースのパスタも試してみたけど、やっぱりリゾットの方が好みです。
カルボナーラも試したけど、パスタとソースが馴染んでいないように感じる。使ってるパスタか乳化の好みの問題すかね?



桜エビと空豆のリゾットは、特に良かった。
マスト。

豚ラグーと菜の花のリゾットなど季節のリゾットが食べれるから飽きませんね。



わざわざ、三宮から食べに行くというよりも、近くに来たし行っとこかってぐらいの使い方がええです。



  1. 2015/04/06(月) 23:46:14|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北野BURN (バーン) /神戸 北野

北野BURN (バーン) /神戸 北野

バーン201502 (4)

馬肉を満喫して満足。

小意気にキャフェで白ワインを飲んで一休みw

パイセンの小腹が、もう空いてきたらしい。

そして、お好み焼きが食べたいとのこと。

そういえば、三宮でお好み焼きを食べに行く店をあまり知らない。

どうしてま二宮方面になってしまう。

三宮なら北野坂沿いの角の店は、何度か行ったことがあるけど、今回は行った事のない店をチョイス。

席の空き具合を確認するべく、お店に電話をすると9時で満席!

席が空き次第、携帯電話に連絡をしてもらうようにお願いしときました。

もう一杯飲んでいると、早速電話がかかってきた。

胃袋の消化を促す為に徒歩で北野まで移動。




バーン2015022 (1)

オシャレな店だ。
明らかにオッさん2人で来るような店じゃないですw

そこんとこは、あまり気にしないので、食べたい物をオーダー。




バーン2015022 (2)

鉄板焼きスペシャル

牛肉、牡蠣、海老、タコ、イカ、野菜などなど

牛肉の肉質がもひとつかな。
タコは、大振りで旨かった。




バーン201502 (1)

「豚玉」
お好み焼き屋の基本でしょ。

かなり細いキャベツがデリケートすぎる広島風。

キャベツの水分が飛んでしまわないか心配ですが、繊細でお上品。




バーン201502 (2)

名物のチーズ焼き

数種類からチーズを選べたので、コワルゴンゾーラをチョイス。




バーン201502 (3)

チーーーーーズ!
キャベツは、入っていない!?
粉も少なく、ほぼチーズw

オリーブオイルとブラックペッパーで食べるのが新感覚!



そういえば、チーズ玉とは書いていない。

こいつはチーズ焼きだった。

お好み焼きと言われれば疑問やけど、ワインはキッチリお代わりをしました。








  1. 2015/04/02(木) 23:55:49|
  2. お好み焼き・鉄板焼き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。