コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワインバー Nadja / 尼崎 塚口

ワインバー Nadja / 尼崎 塚口

IMG_2003a.jpg

今宵はナジャりましょ

BARってね

どう楽しむかが重要と思う。


IMG_2332.jpg

BARカウンターの中はステージで外は客席

客で来たのだから、楽しませろ。なんて思っちゃダメ。

盛り上げる時は、ワイワイやって

落ち着いたバラードの空気の時は、静かな時間を楽しむ。


IMG_1981.jpg

落ち着いている時はマスターとの会話を楽しみ

忙しい時には、1人の時間を楽しむ



IMG_1980.jpg

普段は、しょっちゅう店に来ていて、締めのワインを楽しみにきているが

今日はガッツリ食べに来たので、シャンパンからスタート!




森いちご

IMG_1986.jpg

こんなに可愛らしい苺ちゃんは、見た事がない。

デリケートなゆえに輸送に耐えられないらしいです。

そりゃ、出回らないですね。



IMG_1987.jpg

1cm程の柔らかく ふわっふわの空気を含んだムース

歯を使わずに 舌と口蓋ですり潰すと

赤は苺の自然な酸味

コレが以外だった、白苺は甘みが広がる。



IMG_1988.jpg

シャンパーニュにピッタリのアミューズ!!




白ください

IMG_1991.jpg

マスターは食べ物の註文が通るとラボにこもり30分は出てこない。

一皿に愛情を込めて調理をする。



IMG_1999.jpg




武庫一寸豆

この季節の代名詞

IMG_1994.jpg

フカフカのベッドからおはようちゃん




IMG_1995.jpg

皮を捲らずにそのまま食べる

シャキシャキの食感と春の生命エネルギーを感じる青くささが

フレッシュ!!



IMG_1992.jpg

薄皮をめくって、メゾン ドゥ ラ トリュフのトリュフ塩をひとつまみ

トリュフの香りが濃い!

こんなトリュフ塩は始めて!


他にはペコリーノじゃなくて、チェダー オリーブオイルと合わせても、それぞれの香りと楽しめる。


これだけでイタリアの白ワインをガブガブ飲める。


IMG_2005.jpg




トマトだらけのサラダ

IMG_2003.jpg

数種類ものトマトを使用している。

しかも、カットが縦と横と変えているので、潰れ方や食感、甘味に酸味 爽やかさを楽しめる。

黒 オレンジ 黄色 赤

円に楕円形、大小様々なトマト


それを引き立てる複雑な味のドレッシング

苦味と酸味が調和する。

素人が想像するとオイルとビネガーとグレープフルーツの果汁。

ドレッシングを想像するのも楽しい時間。


正解は、オイルと数種類のビネガー!数種類のビネガーが複雑さをだすみたい。なるほど!



IMG_2009.jpg

さあ、赤に切り替えてブルゴーニュ



次はマスター渾身の自信作!

マルホランド・ドライブ!! (ホタルイカのキャビアまみれ)

IMG_2006a.jpg

何じゃコリゃ〜!!




普段は一皿30万円

今回は特別にベルーガを使用しているので

一皿、何と99万円!!ビックリ価格!!




IMG_2006.jpg

キャビアの様な黒い輝きはクスクスをイカスミで和えたクスクスノワール。

99万円はジョーダンw

お求めやすい価格になっておりますw

ホタルイカ、パプリカ、若牛蒡、そら豆、蓮根も入っていて



ビッグバン!!



ホタルイカは太陽

それぞれの野菜は惑星

宇宙を一気に、かっ食らう!

ワインを飲む為に産まれてきたようなオリエンタルな味付け。




IMG_2010.jpg

ワインが止まらん!




鴨のローストと そら豆のピュレ ワンダフルビネガー

IMG_2012.jpg

様々な形にカットされた ピンクの鴨を走る漆黒のワンダフルビネガーは尼崎のワンダフルソースで味付け。

このセンス!!オリエンタル!


そして、鴨の下にはそら豆の絨毯



IMG_2013.jpg

カットが変えられているのが面白い!

様々な鴨が味わえる。

そりぁ、美味いですよん!



IMG_2019.jpg

添えられたパンで夜マックw

ワインに超贅沢な鴨バーガー!

遊び心のある最高の夜!!


IMG_2023.jpg

瓶にエチケット、コルクまで黒衣のクローズ・エルミタージュ

フィネス!!!

上品で優雅でエレガント!!





他の日の一コマ

IMG_2325.jpg

実は、しょっちゅう通っていますw

このカウンターで一週間をリセット。


IMG_2326.jpg

イタリアの自然派ワインの魔術師

カーゼ・コリーニ


IMG_2327.jpg

04と05の合体!

流石に果実味と凝縮と旨味が大爆発!!


IMG_2328.jpg

スペインのテンプラニーリョ

このシリーズもイイね!


IMG_2329.jpg

カルシウム欠乏のトマト

これが甘みと酸味の旨味に溢れていたりする。

トマトは水分不足で育てると甘くなるって聞いた事がある。水分を少なくするとカルシウムを吸い上げれなくなって、このような見た目になるが、料理人はこれを欲しがるらしいです。


IMG_2334.jpg

黄色いシワシワのトマトはトマト感を失わずにレーズンのような食感で甘みがあり、この時期にしか食べれないそうです。



IMG_2391.jpg

YOYOちゃんのシリーズは、相変わらず旨味前回!

グルナッシュ最高!


IMG_2392.jpg

トスカーナのサンジョベーゼもイイね!!



あなたの人生もワインで狂うかもw


スポンサーサイト
  1. 2013/06/17(月) 14:41:56|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<喜八 / 神戸 元町 | ホーム | AZABU BAR アザブバー / 神戸 三宮>>

コメント

ナジャ良いですよね~
ほんまに羨ましいです
近所に欲しい店ランキング1位です
  1. 2013/06/18(火) 12:58:58 |
  2. URL |
  3. アルティマ #-
  4. [ 編集 ]

1つ1つに理由がある、そんなイメージです。
説得力のある料理が出るんですね。

まずは、苺に興味津々なんですけど。
  1. 2013/06/18(火) 15:45:53 |
  2. URL |
  3. ま~くん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> アルティマさん、コメントありがとうございます。

私の家の近所に有るのが奇跡です。
ありがたいです。

  1. 2013/06/20(木) 21:50:25 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ま〜くんさん、コメントありがとうございます。

確かに、そうですね。
一つ一つに意味があります。
深いです。

苺も収穫される時期じゃないと
食べる事ができないです。

フワフワで自然な酸味がシャンパンにピッタリでした。
鮨のネタと同じで旬を味わうのが粋と思います。

  1. 2013/06/20(木) 21:58:48 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/154-1ab5b972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。