コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柏原葡萄農園 / 大阪 柏原

柏原葡萄農園 / 大阪 柏原

DSC_3507.jpg

この前「花切り」をした時には、まだまだ緑色で硬かったデラウェアが熟して色付くのは早いものです。

お盆の終わりの事。


DSC_3508.jpg

お盆明けの時期で猛暑、酷暑だったが山の上で気温は若干涼しく感じる。日差しは大きく伸びた葡萄の葉が遮ってくれていて、思ったよりも過ごしやすい。


DSC_3506.jpg

前回の経験から着替えを持ってきているので、汗臭さも気にしなくていい。

汗かきだからタオルは必須!

長袖長ズボンを履いていないと、夏になると蚊が多い。しかも山の蚊となると都会の蚊と違って、大型で刺された腫れもなかなか引かない。

結局、全身を覆っているつもりだったが、オデコを刺されたw ミミナシホウイチ

半袖で来ていた女性は腕が悲惨な状態になっていて、可哀想だった。

次回は長袖で来てね!


DSC_3513.jpg

軍手をはめて、ハサミでチョキチョキ。

数日にかけて収穫していくので、熟れている葡萄からカットしていきます。

まだかな?と思うものは残しておいて次の日には全ての葡萄を収穫します。


DSC_3517.jpg

「花切り」で選定された先鋭部隊の葡萄達!

この葡萄はワイン用の葡萄になるので、しっかり味見もしないとね!

どれどれw

DSC_3516.jpg

キラリと光る葡萄

実の真ん中に見える黒いのが種。



水分を大量に含んだ実は瑞々しく、甘くて美味しい!

昔は、種有り葡萄は面倒くさくて渋くて苦手だったが、今では種の周りの渋みが何とも旨い!



普段食べている、種の有る葡萄を食べるのはストレスを感じるかもしれませんが、いいもんですね!

この種が良い仕事をするみたいで、種の周りの渋みがタンニンになるなど重要な役割を担っているみたいです。

だから、敢えて種有りの葡萄なんですね。

納得!


DSC_3510.jpg

種無し葡萄を作るには、ジベ処理といって葡萄の花をジベレリン薬液というホルモン調整剤に浸して作るみたいですね。

ジベレリン処理をすると糖度が低くなるので、それを補うために肥料を添加するみたいです。

だから、種無しだと食べやすくて甘くて子供でも食べやすいのですね。


DSC_3512.jpg

出来るだけ無農薬に近い状態で作られた葡萄には、可愛い虫達が付着しているので、綺麗にしながらバットに詰めます。

洗ってしまえば早いのにと思うでしょ?

洗ってしまうと味が落ちて薄くなってしまうので、手作業で綺麗にしていきます。

先ほど触れた種の話。



美味しい物ほど、手間がかかる。

手っ取り早く作られた安い物ほど何かある。

どっちの食物がいいですか?


IMG_3513.jpg
IMG_3514.jpg
IMG_3515.jpg
IMG_3519.jpg
IMG_3520.jpg
IMG_3521.jpg
IMG_3522.jpg

どうやら年内には新酒を飲める噂です。

楽しみ♡

IMG_3524.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/10/03(木) 12:18:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<播州地酒と全国銘酒 肴 ひの / 神戸 三宮 | ホーム | 冷麺処 伸 / 神戸 三宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/215-d329ef33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。