コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒトミワイナリー / 滋賀県 神崎郡

ヒトミワイナリー / 滋賀県 神崎郡

DSC_5112.jpg

この日は、滋賀県までワイナリー見学。

この時に岩谷さんから熱いワインへの思いと情熱を語ってもらって、11月に見学に来ると面白いとお聞きして、ええ時期になりましたので、お伺いしましょう。


普段の行動範囲が阪神間から京都までだと、滋賀県の神崎郡ってサッパリわかりませんw

電車で近江八幡駅で昼から焼肉で近江牛を満喫して、日本一区間価格が割高な近江鉄道八日市線を終点の八日市駅。そこからバスで30分程の大移動。

所要時間、2時間30分以上。東京に行けるやんw



DSC_5094.jpg

こういうワイナリー見学は、こちらのワイナリーと合わせて2件目ですね。


DSC_5087.jpg

今年、2人入った新入社員によって見学ツアーをしてくれました。

初々しさが、いいですね。


DSC_5090.jpg

瓶詰めも手作業です。



DSC_5091.jpg

ビオ、ビオって言わなくても日本のワイナリーって結構、無添加葡萄でVIOなワイナリーが実は多いんですよね。

超、綺麗に道具が使われていて掃除も行き届いていますね!

気持ちいい!



DSC_5093.jpg

岩谷さんお手製の無添加食パン。

ワインに合うパンを作りたい志。



DSC_5095.jpg

以前より、かなりワインの種類が増えていますね。



DSC_5096.jpg

初めて作ったワインを酒屋に売り込みに行った時に、濁ったワインって売れなかったらしい。

濁っていない綺麗なワインを作れないなんて、ダメワイナリーだと言われたそうです。

濁ったワインを逆手にとって、それを売りにする発想が素晴らしい。



濁りは酵母なので、瓶内で発酵するので数本を其々の季節に飲むと一年間でも結構楽しめると思う。


DSC_5080.jpg

新しいボトル!

フレッシュな果実味たっぷり!



DSC_5081.jpg

エチケットは全て岩谷さんのお手製。

さすが、元アパレル業者です。

そして、ネーミングが素敵。

春待ちにごりワイン。

ボトリングされたてなので、春頃に飲み頃を迎える。



DSC_5097.jpg

どれもこれも個性がある。


DSC_5098.jpg

白ワインもキレッキレの酸味タップリの者から柔らかい物まである。



DSC_5099.jpg

香りも面白い!


DSC_5100.jpg

MMCA!

好みの味の色!

色を見て一目惚れ!


DSC_5102.jpg

この色は、もしや?と思って飲んでみると若干思っていた味とは違うが好みの味!

この舌にくるマッタリ感。

ピノ・ドニスっぽい!



DSC_5106.jpg

そして、さっきと同じMMCAを開けてもらう。

さっきのは瓶の底の方だったみたいですね。

そして開けたての上の方を入れてもらいました。



ハイ!この香り!

ピノ・ドニス!

本当はマスカット・ベリーAですが、香りがドニスって面白い!

今回1番の好みですね!


エチケットは樽の中で自然発酵している模様を化学式を交えて描かれている。


東京での試飲会でも皆さんドニスだって間違えたらしいですねw



DSC_5103.jpg

スパッとスッキリ!



DSC_5104.jpg

これも面白かった!

塩辛っぽい香りで味は円やかで美味しかったw

ユニーク!



DSC_5105.jpg

エゴスタルジアの円い香りも独特。



DSC_5107.jpg

梅ワインなんかも作っている。

これは甘くて女性むけかな?



DSC_5109.jpg

さっきの梅酒の上から、白のスパークリング、カリブを上から足してブレンドすると

これまた、たまげた!

美味しいです!

和歌山ロワイヤルと銘々w



DSC_5110.jpg

フレッシュな酸味が際立つ。

やはり瓶詰めした途端のボトルは保存してから飲んでみたいです。

瓶詰めしたての味も知っている方が楽しめますね。



DSC_5111.jpg

これも好み!

さっきの赤ワインもそうだけど、ここのMBAは面白い仕上がりになりますね!

ただ、こちらはメルロー入り。

メルロー苦手なんで、美味しいメルロー飲みたいです。




天然酵母の素晴らしさ。

発酵の面白さを体験できました。

次の収穫時期には、お手伝いにも参加したいですね。



DSC_5113.jpg

隣のバス停まで散歩をして葡萄畑を見学。

岩屋さんに、残ってる葡萄があったら食べてみて!と言われて必死に探す。


DSC_5115.jpg

必死に探すが結局見つからず・・・

バスが来た。

帰りのバスはグッスリ熟睡元気全開!



そして京都で途中下車してこの店に行くのでありました。







スポンサーサイト
  1. 2014/01/02(木) 20:23:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尼崎ツアー / 竹生→かき金→nadja(ナジャ)→BAR River(リバー) | ホーム | 新年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/282-10ae3cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。