コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

堂島精肉店 / 大阪 北新地

堂島精肉店 / 大阪 北新地

IMG_0391.jpg

精肉店って名前ですけど、焼肉屋。

北新地とは名ばかりで、この店はかなりリーズナボー。

だから、いつ行っても満席で、運良く席をGET。

ビニールシートで囲まれていて、カウンターが数席と厨房の中にテーブル席がある面白い作り屋台の雰囲気が漂う。



IMG_0376.jpg

数人で来れば色々と注文出来て戦えるのだけど、今日は1人のむねを伝えて精肉店へ宣戦布告。

初めての戦いなので相手の戦闘力がわからない。

1人で戦うとなると胃袋の許容量があるので、注文しすぎると即、戦線離脱を余儀なくされる。

敵のセットリストを見ると、赤系の肉は一通り揃っているようだ。

コレをどう注文するかが攻略の鍵。

ここは、1番値段が安い赤身と1番値段が高いシャトーブリアンで勝負をしてみよう。

安い肉と高い肉の違いが、どれ程あるのかが興味深い。



IMG_0383.jpg

店の人が焼いてくれるシステム。

ほほ〜う。

安い肉も高い肉も同じパックに入れて提供されるのか。

コレは完全に試されている。

惑わされないぞ!



きっと、左の肉が綺麗に並んでいるので、シャトーブリアンだろう。

そして、右の乱雑に置かれた肉が、赤身だろう。



IMG_0378.jpg

右の肉は乱雑に扱われている感じだが、箸で持ってみると繊維が解けそうな感じで、しなやか垂れる。

赤身でも美味しそうではないか。



IMG_0381.jpg

口に含んだ瞬間。

「柔らか〜!」

止めどなく甘い肉汁が溢れてくる。



赤身でも良い肉質ではないか!

まるでシャトーブリアン?




IMG_0379.jpg

綺麗にセットされた左の肉♡

さっきの肉質を考えると、期待が高まる。

箸でつまむと、張りのある肉質。



IMG_0380.jpg

さぁ、食べちゃうぞ〜♡

「しっかりとした歯ごたえで、この肉は・・・ザ・赤身」



IMG_0383.jpg

反対だった〜



左が赤身、右がシャトーブリアンだったのねw



マンマと引っかかってしまった。

並べ方で判断したらあかんね・・・



人は見た目で9割が判断されてしまう。

自分も清潔感に気を使おう。



赤身はしっかりとした歯ごたえで380円やったら納得ですね。

シャトーブリアンは柔らかくて値段相応でした。

両者に違いはありすぎでしたw



IMG_0385.jpg

気を取りなおして、名物MIXホルモンで勝負。

実は、赤身よりもホルモンの方が好き♡

強火のコンロ。

中華鍋には大量のホルモンとキャベツが投入され勢いよく振られる。



IMG_0388.jpg

結構なボリューム!

満腹になりそうだ。

最後まで戦えるだろうか?

「ホルモンの甘みと様々な食感が何とも旨い!」

お値段以上の一皿ですね。

満腹に近いが、なんとかホルモンを倒した!



なかなか良い勝負だった。




スタッフが店名の入った紙袋を持って、何度も外へ出ては帰ってくる。ミンチカツも有名らしいので、きっとクラブのお土産だろう。時代は移りゆくもんですね。










スポンサーサイト
  1. 2014/01/20(月) 10:47:11|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<丸吉 / 神戸 三宮 | ホーム | トラットリア ダ ゴイーノ (Da Goino) / 西宮北口>>

コメント

ええ感じですなあ。

いつか再トライしてみようかな。
前は祝日でも入れず、だもんで・・・。
  1. 2014/01/20(月) 11:00:08 |
  2. URL |
  3. ま~くん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ま〜くんさん、コメントありがとうございます。

前回は、休みでしたよね。
何度か振られて、ようやく行けました。
また、よろしくお願いします。
  1. 2014/01/20(月) 19:24:23 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/292-f73f6137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。