コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

akordu (アコルドゥ) / 奈良 富雄

akordu (アコルドゥ) / 奈良 富雄

DSC_5660.jpg

Hola〜!

奈良の富雄って遠いと思っていたんですけど、思ったよりも結構近いですね!

電車から駅に到着する前に立派な建築物が目に入る。

駅を降りる前に一発で店の場所がわかりました。



DSC_5663.jpg

外観は大正建築のような煉瓦造りの立派な建物。

文明開化の音がする。

お洒落なアンティークに仕上げられた白い木造の入り口。

女心をくすぐる。

デートをするにはもってこいだろう。

誰かw



DSC_5664.jpg


ドノスティアに行ってスパニッシュの美味しさを教えてもらいました。関西のスペイン料理には素晴らしい店が多いと聞き、神戸のカセントを経験して、今回に至りました。


ドノスティアの母体にどうしても来てみたかった。



DSC_5707.jpg

DSC_5666.jpg

立派な建物の中を通ってテラス席に通される。

春から秋にかけて、良さそうなテラス席。庭の木々も冬には枯れているので、建物の中の方が雰囲気は良さそうだけど、小市民の私には、そんなわがまま言えません。



DSC_5667.jpg

やっぱ、スタートはCAVAやね。

裏切られた時が怖いので、期待なんてしない方がいいんですけど、楽しみすぎて期待ばかりが先走る。

遠足前の気持ちのよう。



早速スタート

DSC_5668.jpg


低温調理した和牛とホタテ、チョリソーのタルタル
半生の牡蠣とブルーベリービネガーのグラニテ
パセリホエー ローズマリーポテトチップ


DSC_5671.jpg

上の野菜をかき分けるとタルタルちゃんが登場!

見た目が美味しそうすぎて崩すのがもったいない。

肉の旨みと帆立の甘さが同じ温度で共存。そこに冷たいブルーベリーが口のなかで融点を迎えて其々と融合する。



魚介類と肉と果物の組み合わせは複雑。

超難解な食べ物。



それとは対局に、牡蠣にホエーのソースは面白い。

海のミルクと大地のミルクを掛け合わすセンス。




DSC_5672.jpg

パンは温かいのを持ってきてくれる。



DSC_5673.jpg

白のグラスは3種類あったかな?

シャルドネ。




冬の魚 オイルコンフィ ターメリックスモークエアともやし
DSC_5674.jpg

泡の中はムカゴ、もやし、そしてカマス。

ターメリックがスペインっぽいのかな?ターメリックはサフランよりも料理に合うのかな?




緑米と野菜 ウイキョウとペルノーのジュレ貝
ソパ デ ペスカード
DSC_5679.jpg

ソース最強!!

オマールと魚介のソース!!スープのように液状化した濃厚なソース。やっぱり、甲殻類は出汁が旨い!甲殻類は、出汁を取るためにいるんじゃないかと思うぐらい旨い!クロロフィルを含んだ古代米、緑米はもち米なので、もちもちしたオジヤを楽しめる。

ムール貝の上のペルノは昆布出汁を混ぜたジュレ。これは旨い!





真鯛のサルテアード サミカサ茸のインフーション
蕎麦のベシャメルとトリュフ
DSC_5683.jpg

魚に蕎麦のソース。

蕎麦のソースは伝統最近の流行りなのか、他所のスパニッシュでは鰻に蕎麦のソースだった。

蕎麦ソースとトリュフの大爆発。

鯛の脂が弱いのか、トリュフと蕎麦に魚が負けているように感じた。






葛城合鴨のアサードと森
紫芋のエッセンスと落ち葉
DSC_5684.jpg

地元奈良の鴨ってのが好印象。

きっと鮮度も良いだろう。

冷凍になったビュルゴーのシャランよりもイイ鴨ね〜w?

フランスから冷蔵のAirだと幾らになるんやろね?高そうw



しかも、分厚くカットされていている合鴨は鹿肉にも近いベルベットのよう!

エロい♡



甘い紫芋のソースがあっていて、こりゃ旨い!!

満足度の高いメイン!



DSC_5687.jpg

スペインやしテンプラニーリョやったかな。

シッカリした果実味だったけど、鴨が全然負けてない。






青リンゴのジェラート 山椒風味のチョコラテ
生姜のアーモンドビスケット
DSC_5689.jpg

お皿の奥にあるのが、温かい山椒風味のチョコラテを生姜のアーモンドビスケットに、かけて頂きます。

山椒と生姜の風味豊かでホッとさせてくれる。

青リンゴのジェラートをビスケットに付けたり科学実験。



DSC_5692.jpg

ハーブティーで暫し


DSC_5693.jpg

お茶請けの綿菓子。

久々に食べた懐かしい味。

髭なんかも作ってサンタ気分w




DSC_5702.jpg

建物が細部にわたって素敵すぎる。


DSC_5703.jpg

Stairway to Heaven




DSC_5704.jpg

この空間でゆっくり時間をかけて食事をするだけで、価値がある。


DSC_5705.jpg

2014年。

今年の3月に閉店する。

最初、人気があるのに何故?と思ったけど、建造物の老朽化。

いたしかたないね。

残念。



これからのアコルドゥさんの活躍が楽しみですね!!

Muchas Gracias.









スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 09:48:30|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<豚の骨 / 無鉄砲 | ホーム | ヌードルダイニング 道麺 TAO MEN (タオメン)>>

コメント

ほう、この建物はいいですね~。

誰かデートしてくれんもんか・・・。
  1. 2014/01/31(金) 11:35:20 |
  2. URL |
  3. ま~くん #-
  4. [ 編集 ]

予約とって行くつもりが
前日より発熱(TmT)
閉店までに再度チャレンジしたいんですが・・
  1. 2014/02/01(土) 07:33:23 |
  2. URL |
  3. 八 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ま〜くんさん、コメントありがとうございます。

神戸にも重厚だけど柔らかな雰囲気の店って多いんですけど、美味しい料理と店となると少ないんですよね。

それが、この店はバランスよく共存していると思うので、残念ですね。

女性へのオ・モ・テ・ナ・シ
  1. 2014/02/04(火) 10:43:36 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 八さん、コメントありがとうございます。

予約が埋まる前に是非!

私はバホに行きたいです。
  1. 2014/02/04(火) 10:46:01 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/301-0a3d5707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。