コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豚の骨 / 無鉄砲

豚の骨 / 無鉄砲

DSC_5712.jpg

奈良公園の南側に行列のできるラーメン屋、無鉄砲がありました。

10数年前にラーメンを食べるために奈良まで行った。

その時も1時間以上ならんだのを思い出す。

その時期はラーメンを結構食べ歩いていて、晩御飯で3件回った時もあったな〜。もう出来ませんw

無鉄砲って、背脂チャッチャの超濃い豚骨のイメージが脳裏に焼き付いている。

当時は、その店 一軒やったけど、あれよあれよという間にチェーン展開。

ここまでチェーン展開をしている事を知りませんでした。だから、他の無鉄砲グループの味を知りません。



最近になって年に一回ぐらいオープンするラーメン屋が奈良にあるって事を知って調べてみると無鉄砲グループのボスが帰ってきた時にだけ暖簾がかかる「豚の骨」の存在を知りました。

知らない間に東京でも活躍されているみたいで、ラーメン会のカリスマ的な存在にまで上り詰めているみたいですね。



どうしても、久々に食べたくなってホームページをちょくちょく覗いてたら年末の有馬記念の日と被ってしまって、JRAのウインズで中継を見たかったので、最後まで悩んだんですけど、食欲には勝てませんw



悩んだあげく、行くことを決意しました。

しかし、ハードル高すぎw



折角行くのだったら旅を楽しもうと一週間前にアコルドゥの予約の電話をすると、すんなり取れたのでラッキー!



結局、有馬記念は一万円以下になりそうな馬券は切り捨てていたので、三連単は外したんですけど、保険で購入していた三連複だけ的中していました。結果、河豚は無理だったんでラーメンで良かったですw



DSC_5709.jpg

奈良公園の南側に行こうと思って計画していたんですけど、前日に京都の本店の10周年記念で京都の木津で暖簾がかかるのに気づく。

がっつりランチを食べた後だったんで、酔い覚ましもかねて、木津から歩いて行こうと思っていたんですけど、運良くタクシーをゲット。

寒空の下、何もない新興住宅地は殺風景で冷たい風が突き刺さる。

きっと歩いて行ってたら途中で凍死してたかもしれませんw


DSC_5710.jpg

奈良観光もせずに、開店の1時間45分前に到着したんですけど、すでに40人程ならんでいはります。

強者揃いですね。

何度か寒さに負けそうになりながら、ひたすら寒さと戦う。

寒さで俺は何をやってるんや。何の為に寒いのに並んでいるんや。自問自答を繰り返す。

小さな子供や女性も並んでいる。不満げな顔で明らかに楽しくなさそう。

男のエゴと寒さの戦いは続く。



「豚の骨」では、限定メニューの豚骨と煮干しのダブルスープの「豚にぼ」がある。

ほとんどの人はコレが狙いだ。

「豚にぼ」と「豚骨」の2杯分のチケットを券売機で購入。2杯分も買ってしまうとは、寒さて頭が壊れてしまったのだろうw

ここまで、がんばったんやし。2杯食べたろ。




2時間15分ほどでようやくラーメンにありつけた。

DSC_5715.jpg

「とんこつラーメン」

麺硬め、スープ濃いめ、ネギ普通。



見た目の油とスープのトロトロさと香りと味。

一気に10数年前の記憶が蘇る。

町の匂いや香水の匂いで過去を思い出すような感じ。

他にここまで濃厚でトロトロした豚のコラーゲンのようなゼラチン質を出して、背脂まみれのスープって無いですもんね。

骨の髄まで豚の旨味エキスを引き出しましたといわんばかりの濃厚さ。

それでいて、マイルドな豚骨は豚臭さなんて感じません。



食べ手ての年齢も代われば舌も変化しているだろうが、昔食べた時よりも美味しいです。

もしかしたら、スープ自体が進化したのかもしれない。



DSC_5717.jpg

豚骨ラーメンって細麺のイメージがあるんですけど、加水低めの太い平たい麺じゃないと、トロトロでヘビーなスープでは麺を持ち上げれません。

重いスープから重い麺持ち上げて一気に啜る。

重たいのかと思いきや、濃厚な風味と麺の香りが軽快に駆け抜ける。

濃厚で、しっかりとコクがかるがマイルドで軽やかに食べれる。

きっと、ここでしか味わえないだろう。



満足感も高い!




食べ終わる前に二杯目の「豚にぼ」をオーダー。

DSC_5718.jpg

麺硬め、スープ濃い、ネギ普通。

「とんこつ」と見た目一緒やんw



でもコレは、ひと味ちがう。


DSC_5720.jpg

濃厚なとんこつスープとタレ。

そして、煮干しのほのかな出汁の香りと酸味。

この煮干しの酸味がドロドロの豚骨を飽きる事なく食べれる効果があるのかもしれませんね。

このバランス感覚が多くの人を魅了して病みつきにさせるのかもしれませんね。


DSC_5721.jpg

麺の見た目もさっきと一緒

しかし、コッテリの2杯は胃袋がキツかったけどなんとか完食。

2杯味を味わえて、結果良かったです。



無鉄砲グループ内で、同じ材料を同じ分量で店舗ごとにスープを作っても、きっと全然違うスープができると思う。鍋の温度と材料を釜に入れるタイミングなどの様々なファクターによって、全く別物のスープになると思います。



無鉄砲中毒になる人もいるだろう。

もしかしたら、ムテ中やムテ病にかかってしまうかもしれない。

もしも、ムテりたくなった時は、大阪店にお世話になってみようかな?







スポンサーサイト
  1. 2014/02/03(月) 12:24:51|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大衆中華料理 第10兵庫楼 / 神戸 三宮 | ホーム | akordu (アコルドゥ) / 奈良 富雄>>

コメント

ムテ2杯食べるたあ、やっぱり若いね~。

直近の訪問で重爆ボディーブローを喰らって以来、
軽くビビッてます。
  1. 2014/02/03(月) 14:12:07 |
  2. URL |
  3. ま~くん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ま〜くんさん、コメントありがとうございます。

胃袋満腹ギリギリでしたw

禁断症状が出たら、近所大阪でフツウ、コッテリ、ネギオオメでカエダマ、ホソメン、メンフツウで戦ってきますー
  1. 2014/02/04(火) 11:07:09 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/302-26111ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。