コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nadja (ナジャ) 2013秋 / 尼崎 塚口

Nadja (ナジャ) 2013秋 / 尼崎 塚口

DSC_4974.jpg

週に一回はきているナジャ。

本日は、年に1度か2度のナジャご飯。


DSC_4978.jpg

毎度お馴染みのシュルランはシャープで柑橘どすえ。




飲み終わる頃に一品目!

シャンパンおかわりクダサイ。

DSC_4982.jpg

そして、コレッ!!

「柿のススカイとホタテ山椒」

最近食べた前菜でも印象の美味しさ!



食材の秋冬コレクション。

柿とホタテの異なる食感が楽しい。柿の熟した甘さとライムやオレンジやビネガーの酸味にホタテと和えられた山葵が、融合している。

ホタテに山椒をもってくるセンス!

お見事!アッパレ!

幸福感に満たされる。




DSC_4986.jpg

「尼崎産の菊菜」

関西の有名なフレンチやイタリアンのシェフが使用する尼崎産の野菜。

ホンマに!?って思うでしょうw

公害と犯罪のイメージしか無いでしょうけど、ホンマです。

時代は公害から変わってきているみたいですね。




しかし、不思議。

最初は菊名て!って思ってたんですけど、スパイスと酸味が恐ろしいほどワインを飲ませるんですよね。




DSC_4985.jpg

最近ナジャさんで、ワインを飲む時は必ずブラインドで出てくる。

ビンもエチケットもわからないままグラスに入った液体のみ提供される。

液体の色と香りと味の情報のみ。

本当は何もわからないまま飲む方がいいのかもしれませんね。

人間は視覚と脳でもワインを飲んでいます。

こうすると嗅覚と味覚が鍛えられて純粋にワインを楽しめる。

美味しいと感じるか、不味いと感じるか、自分に合うかそれだけです。

日本酒、焼酎、ウイスキーだって同じ。



コレが難しいんですよねw

なかなか正解できないんですよね。

じぶの味覚と嗅覚の曖昧さがわかります。

間違える事にビビっていないで、どんどんいきましょw



ソムリエのバッチ付けてる人でも当たらないんですよねw

バッチは、お客さんが楽しめるワインを提供できますよって印やから、ワインをブラインドで当てるとかは、関係ないんですけどね。



DSC_4988.jpg

さっそく白のブラインド。


きっと、コレは葡萄かな!w麦ではないはずだ。

それぐらいは判るw




円やかで酸

日本かな?




ビンが「太陽の塔」みたいになっていますが

フジマルの高井田パピーユ。

フジマル樽生ワインより好みかな。

久々の正解w


白はあんまり飲まないけど、飲んでると覚えてくるのね。




DSC_4993.jpg

タン塩じゃないよん。




「尼崎ビーツ」


バンドっぽい名前でしょ?w

冬の到来を感じる根菜の鼓動。

赤黒いビーツにホワイトソースのコントラストが芸術的作品。



DSC_5001.jpg

赤のブラインド。

香りはガメイっぽい薄い酸で味はピノノワール。

フランス!



正解はブルゴーニュ。



この日は、奇跡的に正解が続くw




DSC_4994.jpg

根菜類の葉、洋風の漬物。

バターのフレバーや酸味を巧みに使っている。

こんな漬物初めて!

ブルゴーニュにも合う合う。



DSC_5003.jpg

赤のブラインド。

色と香りがグルナッシュ。

フランス!

YOYOちゃんっぽい。




正解はYOYOちゃん!

好きなワインはわかります♡




DSC_4998.jpg

「尼崎ホルモンのパスタ・ワンダフルビネガー」

スーパーアルデンテ!

太目のパスタは茹で時間がかかってしまうので商業主義の店では嫌われているが、時間がかかる分、茹で時間を少し間違えたとしても、安定のモチモチ感を演出してくれる。

プリプリのホルモン達が尼崎の甘辛い地ソース「ワンダフルソース」と絡まる。

黒キャベツなどの野菜は尼崎野菜で地産地消。

コレ旨いです!!




DSC_5010.jpg

赤のブラインド。

土の様な香り、若干薄い色は気になるが・・・

フランスのシラー。

地域がローヌかな。



正解はプロバンスのシラー。

地方は不正解。品種は正解。

連敗つづきだったブラインドも今日は高打率!

やっぱりブラインドは楽しい。




DSC_5009.jpg

「牛頬肉の赤ワイン煮込み」

頬肉はコラーゲンの塊。

シラーに合う合う。



DSC_5007.jpg

隣の小皿には牛頬肉と一緒に煮込まれた「牛蒡の赤ワイン煮」

画像は大きいけど小皿ですw



牛肉と牛蒡の赤ワイン煮込みって、勝手にボルドーって思っていたけど、シラーでも合うね。

やっぱり食事にワインは楽しい!




そして、もっ回、シャンパン下さいw

やっぱりシャンパンLOVE♡



DSC_5011.jpg

デザートワイン

いつもありがとうございます。

ごちそうさまです。




尼崎ワインを満喫。

五時間の長丁場の食事。一品に一時間!?

ガッツリ食べるには広い心と覚悟がいるw

美味しいワインが有れば時間が気にならない。

フードを注文するとキッチンに引きこもり、30分は出てこないので、食べるのは春と秋の二回と決めている。

料理は珍しい物や複雑な味を演出し、愛情たっぷり♡

手頃で美味しいワインが出てくるのが何よりも良い!

なによりも、ここのワインは好みにあう!




スポンサーサイト
  1. 2014/02/05(水) 10:14:30|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<味加味 / 神戸 三宮 | ホーム | 大衆中華料理 第10兵庫楼 / 神戸 三宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/305-7f1dd63d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。