コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラ ランテルナ ディ ジェノバ / 大阪 中崎町

ラ ランテルナ ディ ジェノバ / 大阪 中崎町

DSC_0595.jpg

べっぴんさん特集!
中崎町を歩くのは久しぶり。若者が多いね。
古民家をリノベーションした雑貨屋とカフェが至る所にあって、女性に嬉しい町ですよね。

そんな、「ジェノバの灯台」も古民家をリノベーションした店の作りで、店内はオシャレな食堂といった感じ。



DSC_0586.jpg

日本語が堪能なジェノバ出身のベッピンさんが笑顔で、迎えてくれてトロケソウ♡
イタリアの女性って、目鼻立ちがシュッとしてい美しい。

イタリアって、マンマのレシピが辞典のように沢山あって、家庭の味をしっかり後世に伝え続けている文化が素敵。



DSC_0585.jpg

太陽がサンサンと降り注ぐ、中崎町のランチ。

冷えたビアンコがたまらん。

400円だから親切。
すぐに飲み干して、オカワリ。



3種類からパスタを選べるのは親切。

ジェノバといえばジェノベーゼ。
ホンマは、スペシャリテのジェノベーゼを食べたかったけど、ランチでは食べれないみたい。

美味しいジェノベーゼって、なかなか出会えないんですよね。
イタリアから空輸した消費期限が二週間の無添加バジルで作ったジェノベーゼは美味しかったけど、それ以来は美味しいジェノベーゼと出会っていないなぁ〜。

次は、ディナーで訪れたい。



DSC_0589.jpg

「前菜の盛り合わせ」

どれも安定していて、旨い。

人参の後ろにあるケーキみたいなやつ。
米、ベシャメル、チーズかな?コレがかなり旨かった。

イタリアンって、口に入れると旨味が大爆発する。



DSC_0593.jpg

そして、ジェノバといえば、フォッカッチャ。

もっちり感。
ドライトマトとバルサミコ。
センスが良い!

ジェノバといえば「母をたずねて三千里」
あれはイタリアの港町、ジェノバの話なんですよね。



DSC_0590.jpg

かなり細めのパスタやけど、シッカリしているし食べやすい!

この細いサイズを扱うのは難しそう。
少しの茹で時間と乳化時間で、台無しになりかねない。

和牛のラグーと糸を引くチーズが絡まると旨いです!

好み♡



具材をフライパンで炒める。
そこへパスタを投入。
パスタの茹で汁をお玉で少量を二回入れて、軽快にフライパンを振りながら、具材とパスタを一煮立ちさせる。
最後にオリーブオイルと粉チーズを入れて軽めにフライパンを振って出来上がり。

乳化の仕方は様々ですね。
最高の乳化の定義とは?
如何にオイルと水分を馴染ませるか。
オープンキッチンは楽しい、



カウンターで1人だったので、調理の手が空くと世間話。
アットホームで、落ち着く。



DSC_0584.jpg

美味しいジェノベーゼを食べたい〜!

最後はベッピンさんが笑顔で外まで、送ってくれます♡




スポンサーサイト
  1. 2014/05/01(木) 11:31:24|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホルモン鍋 たつ屋 / 大阪 新今宮 | ホーム | 釜谷 / 尼崎 立花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/363-807391ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。