コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トムクリオーザ / 大阪 北新地

トムクリオーザ / 大阪 北新地

DSC_0552.jpg

昨年の秋にオープンした新地のイタリアン。
12月に挨拶に行ったけど、そん時は深夜に満腹で酒も結構入ってたんで、前菜の盛り合わせとカルボナーラだけ食べたので、今日はリベンジです。



トムさんと出会ったのは、オープン前の夏。
柏原の葡萄農園の収穫のボランティアで出会った。

当時は長年勤めていたポンテベッキオを円満退社されて、開店準備の期間中だったかな。

葡萄がどのように作られて、ワインがどのように醸造されるかを体験と見学をしている姿を見て、熱心な人だと思った。

収穫後に色々とお話をして、行ってみよかなと。



そういえば、あまから手帖の今月号の特集で、香川県にある松本ファームを訪れて、烏骨鶏の卵でカルボナーラを作っています。



DSC_0553.jpg

美脚グラスの泡泡泡

イタリアのスパークリング
柔らかくてフルーティー



6時からの予約は埋まっていて、9時からの夕食。

食べ過ぎ注意の時間なのでアラカルト。



DSC_0560.jpg

最近、目にするCutipolのGOA。

人間工学的に基づいたフォルムらしいけど、とってもスタイリッシュ。

オペ器具を思わせるカトラリー。
ナイフなんてメスみたいで、持っただけでドキドキする♡



DSC_0583.jpg

イタリアのタマニーニ社製のスライサー。
かなり大きなサイズ。

タマニーニのスライサーは、京都のワインBARでも見た。



DSC_0555.jpg

ハムをセットして



DSC_0559.jpg

手動でシュッ、シュッとスライス。

どうしてもコレが欲しかったらしい。
ハムは薄い方が美味しいらしく、1番薄くスライス出来る機種みたいです。

この機種は、日本?関西?に二台しか無いらしくて、値段は100万円ぐらいするんとちゃいますかね?



DSC_0563.jpg

「前菜の盛り合わせ」

「ネロパルマ」30ヶ月の熟成生ハムは、月に40本の生産しかできないので、かなり希少で幻の生ハム。
ハムって分厚い方が美味しいと思うでしょ?
薄くてエアリーなパルマハムは、旨味の凝縮感があり香りも良くて素晴らしい出来栄え。
例のスライサーの威力が抜群に発揮されている。


シエナ・レニエリ家のサラミ。
無添加無着色。
このサラミだったら安心して食べれるね。


豚の顔のテリーヌ。 
イタリアから取り寄せているみたいやけど、メツゲライクスダの物よりも旨味が爆発。
好みの味。
イタリアンの醍醐味!


水牛モッツァレラ。
これもイタリアからAirで輸入品。
濃厚でフレッシュ!


インカのめざめニョッキのフリット。

 
カポナータ。
美味し♡


センス良し!



DSC_0564.jpg

硬めの熱々パンは「ル・シュクレ・クール」
ここのパンは、やっぱ美味しいね。



DSC_0570.jpg

「仔羊の骨付きロースト」

美しい色彩の仔羊。
肉の熱で溶けてゆくナポリ、ベスビオの炭塩。

柔らかくミルキーな肉は、味わい深く。
優しく羊の香りがする。

飲み込むのが、もったいない。

気付けば、骨までめぶっていたw

旨い!



DSC_0571.jpg

カウンターの内側では、パスタ打ち。



DSC_0573.jpg

ビヨ〜ンって伸ばして。



DSC_0576.jpg

コロコロコロコロ〜



DSC_0578.jpg

はい、出来上がり!



DSC_0579.jpg

松本ファームの烏骨鶏の卵。

5日に1個しか産まない貴重な高級品。




DSC_0581.jpg

少し暗いねw
ホワイトをプラスすれば良かった。

「カルボナーラ」
松本ファームの烏骨鶏の卵を贅沢に使用したカルボナーラは、本場のローマ風に習ってスクランブルエッグに仕上げています。

シンプルに作る程に難しいカルボナーラ。
ムッチリと張りがあり、フレッシュなパスタ。
卵がフワッフワ。
ライトで食べやすい。


かなり個性的なカルボンです。

上に盛り上げても崩れるパスタは、美味しくないパスタって誰かが言ってたけど、これはしっかり盛られている。



前回食べた時は、満腹だったので、今日の方が美味しく感じる。
食事をする時は、胃袋の状態が重要やね。



DSC_0565.jpg

ワインはイタリアの物が多く、国産も揃えている。

これは、イタリア。
甘めのピノノワールのような感じだけど、ちゃんとイタリアのワインの特徴が出ている。

普段飲まない感じで面白い味!



DSC_0566.jpg

こいつは、しっかりイタリア!

ちゃんと、美味しいワインが置いてあるのがいいね。



夜中の2時まで営業してるから、夜中に軽く飲みに行くこともできる。
閉店後も仕込みがあるので、なかなか飲みにいけないみたい。
店を出て飲みに行っても閉まってるらしいw

真面目。
そんな人柄がこの店の美味しい料理を支えているのかもしれませんね。

これからも、料理でバンバン勝負をして下さい。











スポンサーサイト
  1. 2014/05/16(金) 11:51:15|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大衆酒場 十三屋 / 大阪 十三 | ホーム | おおさかワインフェス 2014 / 大阪 羽曳野>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/373-ff446a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。