コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Villa AiDA (ヴィラ アイーダ) / 和歌山県 岩出市

Villa AiDA (ヴィラ アイーダ) / 和歌山県 岩出市

DSC_0623.jpg

グルメな人達が口を揃えて言う。
和歌山のアイーダに行っておいで!と

行くなら野菜が発情する春がいいので、的を絞って出動。
紀州路快速に乗って大阪から電車で一時間ぐらいかな。
ビール片手だとすぐでしたよw

紀伊駅からタクシーに乗って「アイーダ」って伝えると、年配さんだったのに伝わった。

下車した駅と違う市街地なのに解った事に驚き。

若い人を紀伊駅からよく乗せているらしい。

何回かアイーダまで送迎しているベテランさんが運転手で良かったよ。
って、安心してたら迷ってしまったようですw

iPhoneのナビを片手にようやく到着。



DSC_0625.jpg

緑に囲まれたオーベルジュ。

ホンマは都会の喧騒から離れて、緑の中で美味しい物に囲まれて宿泊したい。

女性ならキュンキュンする立地と建物。



DSC_0632.jpg

白を基調とした清楚な空間。



DSC_0631.jpg

マダムのお手製?

優しさで溢れている。



DSC_0633.jpg

ciao


ちょっとした演出で、食事が華やかになる。



DSC_0634.jpg

「自家製ジェーンベリーブランデー、ソーダ割り」

甘くなくドライで爽やか。
なのに優しさとナチュラルな芯があるのね。

アリです。

泡と悩んだけど、これにして正解。
飲まずにいたら気になって後悔していただろうw



DSC_0636.jpg


「空豆のブルスケッタとジャガイモ、新タマネギのディップ」

発情の空豆。弾ける若さ!
(房から出てきた一粒一粒の豆は、更に外皮を纏っていて、剥きたての空豆は最高に旨い)
春は発芽成長の季節。


ジャガイモのペーストを焼いた物に、新玉ねぎのディップを乗せて食べるけど、コレが美味しいのなんのって。
的確!っていうのかな。
ピントがバシッと決まっていて、味の輪郭がキリリと出ている。

ジャガイモの香ばしさを最大限に引き出して、フレッシュな玉ねぎのディッブの甘さと爽やかさと香りが素晴らしかった。

アミューズから完全にノックアウト。
やられました。

ええ店です。



DSC_0640.jpg

窓からの景色と木漏れ日が最高に気持ちが良い。



DSC_0641.jpg

コースに追加で生野菜の「バーニャカウダ」

野菜が美味しい季節。
食べとかんとアカンでしょ!



DSC_0642.jpg

フレッシュで瑞々しい野菜達を夢中でバリボリ食べてしまう。

後ろや底まで野菜に満たされている。
濃厚な野菜の味。
これだけの質の野菜だったら、野菜嫌いの子供なんて居なくなると思う。

(手っ取り早く人工的に作られて、漂白剤で洗われたスッカスカの野菜は食べたくない。)



珍しい野菜も豊富で、自家菜園と契約農家から仕入れているみたい。



DSC_0635.jpg

イタリアのナチュラルワイン。

濃厚な野菜に負けないワインは必須。
グラスワインは赤白一種類だったから、コレだけで3杯ぐらい飲んだけど、飽きずに良かったです。



DSC_0645.jpg

「空豆、ボッコンチーノ、きゅうり」

この絵図らだと緑で苦手な人がいると思いますw
でもね、この緑が美味しいのね。

旬でフレッシュな物を使っているからかな?
生まれたての野菜は外皮が柔らかく食べやすい。

ソースが美味しいのはもちろんやけどね。
発情した空豆の甘さと柔らかさと濃厚な味の感覚が別格。

ボッコンチーノも濃厚!



DSC_0646.jpg

パンまで美味しいです。



DSC_0649.jpg

「うすい豆のリゾット」

豆ご飯って幼少の頃苦手やったな。そんな事を思い出しながら食べたら別次元の味!

パチンッと弾ける豆は、緑のイクラのよう。

リゾットの味付けが、予想よりま濃い目なのが良かった。
緑の発情がさり気なく感じるぐらいで、ちょうど良かった。



DSC_0651.jpg

「甘鯛、フェンネル、新ジャガイモ、白玉ねぎ」

後ろに居るのが甘鯛だけど、画像の主役は野菜。
しかし、甘鯛の上質な質感とオレンジの爽やかな香りが印象的。

春の野菜
若い発情した苦味が春の風物詩。

美味しい!



DSC_0655.jpg

「紀州赤鶏、ふだん草」

紀州赤どり。
的確なキュイソン。
きめ細かくバランスの良い食感。
薄く柔らかい皮で食べやすくて美味しいです。



紀州赤どりを紀州備長炭で焼いたら旨いやろな〜



DSC_0658.jpg

自家製リキュール。
リモンチェッロとアマーロ



DSC_0661.jpg

「苺、ルバーブのコンフィチュール、レモンスープ、ギモーブとオリーブオイルのソルベ」

苦味のある自家製リキュールと合わすと幸せ♡



DSC_0662.jpg

「小菓子」

プチシューをレモンリキュールに浸してある。
大人のデザート。



DSC_0663.jpg

上品。



DSC_0664.jpg

素敵なティーカップで「ハーブティー」

可愛いらしくてキュン死しそうw



DSC_0666.jpg

こんな窓がある生活っていいな〜。



DSC_0667.jpg

今日のワイン達。
赤もイタリアらしい味わいで良かった。
デザートワインも上質。



DSC_0669.jpg

素材の味をシンプルに引き出して、最高の状態で味わえる。

そして、野菜の美味しさにハッとさせられたよ。



オテルドヨシノとアイーダ。これで、和歌山制覇!



見所は熊野古道、白浜、みかん、梅、マグロだけじゃないですよ!



和歌山までは〜・・・
遠いから・・・

と思ってるでしょ?



大阪から紀州路快速でピューっと一時間。



和歌山まで食べに行く価値ありですよ!




アイーダの庭
DSC_0626.jpg


DSC_0671.jpg


DSC_0674.jpg


DSC_0628.jpg


DSC_0676.jpg


DSC_0679.jpg


DSC_0680.jpg


DSC_0682.jpg

アイーダの畑を見学させてもらって、酔い覚ましに散歩。



田畑に囲まれた地域。

少し歩いて温泉へ。
「幸の湯」

お風呂とサウナで汗をかくぞ!

DSC_0688.jpg




スポンサーサイト
  1. 2014/05/30(金) 13:02:34|
  2. イタリアン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<東京優駿 (日本ダービー) | ホーム | 南インド料理 インダスレイ / 神戸 元町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/384-2b0438f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/31 08:50)

岩出市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/05/31(土) 08:50:23 |
  2. ケノーベル エージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。