コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 / 阪神尼崎

本格讃岐手打ちうどん 穂乃香 / 阪神尼崎

DSC_0819.jpg

讃岐で、うどん詣に行くと あまりの安さに驚く。
阪神間で讃岐うどんと銘打っている店で食べると現地の三倍程の値段を取っている店も目立つ。
そんな阪神間で四国と物価が違えど、この店は現地に近い値段設定で頑張ってくれている。

値段設定が安いのには理由がある。
もちろん、現地のようにセルフサービス。
トレーを取り、食べたいうどんを註文して受け取り、天ぷらなどのサイドメニューは自分で取って、お会計をして水を取る。そして席に座る。

チェーン店の丸亀製麺などと同じシステム。
(最近では、丸亀製麺の「冷やかけ」などのクオリティーが高くなったと聞く。)



下山酒店で、軽く飲んでから穂乃香まで60m。
徒歩で1分もかからない距離というのが憎い。
ついつい来れちゃうのよねw



DSC_0816.jpg

初夏を感じさせられる陽気。
「冷やかけ」が、しっくりくる。

綺麗で円やかな冷たいイリコ出汁。
(冷やした事によって目立つイリコ特有の臭みや棘の様な酸味は余り感じられない)

冷たい出汁で引き締まった麺は、シコシコした食感を楽しめる。



相席テーブルの横で大将が生地を伸ばして麺を切る。
オープン麺切り。
均等に切る様は、見ていて楽しい。



DSC_0818.jpg

そして、コレも外せない。
「肉うどん」

甘辛く炊かれた肉。
熱いイリコ出汁で緩くなって食べやすくなった饂飩。
それらを一緒に食べる。

あ〜至福の時だ。



何度となく来店しても毎回思う事がある。
この店が費用対効果(コストパフォーマンス)が1番ではないか?



前回の穂乃香の時と比較すると、画像はが全然違うw
当時はPhone4の内蔵カメラで撮影をしていたけど、画像の処理なども使い慣れずに、ブログパイセンによくダメ出しされていた事を思い出す。

それから、カメラを買い出した。
今ではカメラが楽しい。

欲がどんどん膨らむ。
レンズ地獄に陥らないように気をつけよう。



そして、暑い日は「冷やかけ」を食べに行こう!









スポンサーサイト
  1. 2014/06/24(火) 10:53:31|
  2. うどん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サケとスミビのロシュタン / 大阪 難波 | ホーム | 江州あぶらや / 大阪 心斎橋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/403-95ff1e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。