コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

焼肉 さつま / 大阪 北新地

焼肉 さつま / 大阪 北新地

DSC_0962 - コピー

とある月曜日の嬉しいお誘い。
美容師のI君が久々に一杯やろうと誘ってくれた。
美容師は月曜日に休みが多いらしい。



何か食べたい物があるか聞くとI君は、焼肉を食べたいという。
それやったら、ここやなと。

北新地で有名な焼肉屋。

北新地といっても、カウンターだけの狭い店で、ガスコンロで煙り全開。
しかし週末になると遅い時間まで予約で満席。
夜中までクラブのママさん達がアフターで来るらしい。
月曜の北新地は比較的暇で、何とか席をゲット。



DSC_0954 - コピー

「豆もやし」

I君のチョイス。
センスあるやん。



I君の職場のオーナー美容師のMさんは、毎年パリコレのショーで活躍するスーパー美容師で、美意識が高く、完璧を求める人。そんな刺激的な職場で働くI君。
オーナーとは10数年の付き合いで、新入社員からのI君とは10年近い付き合い。
オーナーの愛情を受けて厳しさに耐えて、成長していく様を見てきた。
当時はシャンプー役だったけど、頑張って今では立派なスタイリスト。
嬉しいかぎりです。
ストレスが溜まったら、いつでもおいでw



DSC_0955 - コピー

「塩タン」

厚めのタンは、厳選された部分を残して、食べやすいよう綺麗にカットされている。
食べに来る客層の事を熟知している。
さすが、北新地。

表面をサッと炙るだけで食べる。
タン特有の旨味ジュースが、ジュワ〜っと溶け出してくる。



昔、千日前にある松竹座の裏に「白龍」って焼肉屋がありました。
ご夫婦で年中無休で営業をされていて、芸人や俳優、女優が貸切などでよく利用していたという店。
でもメディアへの露出は無く、取材もお断りで穴場の隠れた焼肉屋があった。
一階はカウンター席があって、ガスコンロで焼くんですけど、そこの牛タンは、かなり肉厚で厳選されたタン元しか使わずに、綺麗にカットするこだわりっぷりだった。
食後の冷麺が美味しくて、それを毎年楽しみに食べに行ってたけど、親父さんが亡くなってから閉店してしまった。美味しそうな牛タンを見て白龍の牛タンを思いだした。愛想の良いお母さんの顔が今でも離れない。



DSC_0956 - コピー

綺麗な「ハラミとミノ」

そこそこの厚さで小ぶりにカットされている。
北新地サイズ。
祇園のお稲荷さんが一口サイズと同じような感じ。


DSC_0957 - コピー

コロコロ転がしてしまう。
早く焼けないかなぁ〜って思い、何度も裏返してしまう貧乏性w

肉好きに言わせたら、片面をジックリ焼いて裏返し、もう片面もジックリ焼いて、裏返し過ぎるな!
何度も裏返すのは邪道だ!と怒られそうだ。



でもね、ここのハラミ旨い♡
肉質がイイんやろね。

ミノも程よいシャキシャキ感。



DSC_0958 - コピー

「ハラミと白飯」

普段、焼肉で白飯と一緒に食べないけど、I君が食べてたのを見ると食べずにはいられなくなる。
どうしてもハラミを白飯を乗せたかった!
わかるでしょ?
仕方ないでしょ・・・

言い訳は得意w



DSC_0959 - コピー

「ロース、ハート」

ロースは、綺麗な刺し。
心臓は、ブリンと箸を弾き返すぐらいの弾力性。



DSC_0960 - コピー

ロースが焼けると牛脂肪の旨味成分のラクトンが溶け出してゆく。
甘旨脂が溶けて滴り落ちてゆく勿体無さと、脂を落としてヘルシーに食べたい気持ちの葛藤。

しかし、折角の焼肉だ!
脂まみれの旨味まみれで、食べてやれ!
サッと焼いて溶け出した脂と白飯は最高やね!
むしろ、白飯が無いと脂がしんどいねw



ハートは、弾力感!
全ての物を弾き返してくる勢い。
若い娘の肌ようにムチムチ!
(若い肌に戻りたい)
意外に旨かった!



DSC_0961 - コピー

「てっちゃん」

可愛らしいてっちゃんも綺麗な味で旨いです。



そんなに綺麗な店じゃないけど、全体的に安定した品質の肉を提供してくれる。
そして、小ぶりなサイズがウケるのだろう。
クラブのアフターのママさんでも、夜中に焼肉を食べても、サクッと旨い焼肉が食べれるのがいいのかもね。

ハラミが1番やったかな。



DSC_0963 - コピー

てっちゃんを食べてたら、団体客が入ってきて、ギリギリ席がない。
気前良く席を開けますよと伝えた。

会計を済ませて店を出る。



そういえば、〆のワカメスープを飲んで、焼肉定食を完成させようと思ってたんだ・・・

完全に
ワ・ス・レ・テ・タ

リベンジせな!



この後は、とあるBARで一杯やってお開き。
楽しい夕食だった。








スポンサーサイト
  1. 2014/06/26(木) 19:28:23|
  2. 焼肉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Nadja (ナジャ) 2014春 / 尼崎 塚口 | ホーム | サケとスミビのロシュタン / 大阪 難波>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/405-6ef48779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。