コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

萬春(マンハル) / 大阪 兎我野町

萬春(マンハル) / 大阪 兎我野町

DSC_0976 - コピー

グルメなメンバーで中華を囲む。
っていっても、円卓じゃないけどねw

天満の有名中華「双龍居」さんの料理長が独立された店みたい。
麻婆豆腐や牛肉の四川風煮込みが有名らしいから、四川に力を入れてるのかな。



DSC_0977 - コピー

「紹興酒の10年もの」で乾杯

中華はやっぱり紹興酒!
10年も熟成されていれば、味が安定している。
ザラメは入れずにストレートかロックで飲む方がいい。



DSC_0978 - コピー

「蒸し鶏の冷菜」

何処の中華でも、有れば食べたい蒸し鶏。
スタートに相応しい冷菜。



DSC_0979 - コピー

「ピータン」

キタ、アンモニアシュウ。
熟成の硫化硫黄の香り。

こいつを口に含んで、紹興酒で流し込む。
其れが1番ピータンを楽しめる方法。



DSC_0980 - コピー

「干し貝柱と卵のふわふわ炒め」

綺麗な彩り。
貝柱って出汁がでるから便利な食材。
もう少し旨味が欲しいかな。



DSC_0981 - コピー

「ピース」

美味しそうな指・・・
じゃなくて、



DSC_0982 - コピー

「豚のミミ」

ミミガーはサッパリ!
口直し


DSC_0985 - コピー

「牛肉の四川風煮込み」

ホロホロの牛肉。
バンバンジーのようなピーナッツソースで濃い目の味付け。
ヒィヒィ言うような辛さが刺激的♡

辛い辛い言いながら、次の牛肉を取り食べてしまう。
気付けば辛さで刺激の虜になっている。



DSC_0987 - コピー

付属のラーメン。
店長が混ぜ混ぜしてくれるから楽チン。

手慣れたもんで、よう馴染んでます。



DSC_0989 - コピー

麺をすすると、辛さでむせるw
隣の師匠もかなり むせてますw水水


辛すぎて、辛いんか旨いんかわからへんくなるw
でも、この刺激が病みつきになるんやろうな。



DSC_0986 - コピー

「麻婆豆腐」

辛くないタイプ。
好みは花椒と辣油タップリが好み。
(さっきの牛肉の四川風煮込みが辛すぎて、もしかしたら辛いのかも)



DSC_0990 - コピー

「白身魚のチリソース」

店長のサービス品!
ありがとうございます。謝謝



DSC_0991 - コピー

「木須肉」

「ムーシューロウ」って注文したら、店長が「お客さん、中華かなり好き?」みたいな事聞かれたけど、このメンバーで、中華へ行くなら合言葉みたいなもの。

日本では、「キクラゲと豚肉の卵炒め」

この組み合わせを確立した料理人は凄いよ。



DSC_0992 - コピー

「レタスチャーハン」

レタスチャーハンのレタス抜きw
アンチレタスチャーハンの人がいましてね。

ライス、海老、卵、ネギだけのシンプルな構成。
油っこくなくパラパラで香ばしくて、すこぶる旨かったな〜。



料理は味がシッカリ付いていて、分かりやすい中華。

これだけ食べて満腹で1人2000円!
安すぎてびっくりした。
この値段やったら、ありありやね。
皆さん数件目やったし、あんまり飲まなかった影響もあるんやろうけどね。

やっぱり、中華は大人数の方が沢山の料理を食べれて楽しい!

他の中華も大人数で楽しんでみたいな。





スポンサーサイト
  1. 2014/07/04(金) 19:31:05|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<EST.EST / 神戸 栄町通 | ホーム | 香港麪専家 天記 / 神戸 元町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/412-60bb156a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。