コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BAR 崑崙(コンロン) / 神戸 三宮 生田ロード

BAR 崑崙(コンロン) / 神戸 三宮 生田ロード

崑崙 20146 (11)

この店の後は、ひとりで三宮界隈をパトロール。

満腹の胃を引っさげながら、元町から生田ロードにあるBAR崑崙を越えて三宮までウォーキング。

三宮まで行くには理由がある。

BAR崑崙に行く前に、いつもの店でハイボールを飲んでからスタートする為だ。

ひとりで飲むと、自分のペースで移動できるし、飲めるし物思いにふけれる。



崑崙 20146 (7)

三宮の とあるBAR

見慣れたドア。



崑崙 20146 (5)

「いらっしゃい。久しぶりやね。」
昔から変わらない声。
変わったといえば、年齢と腹回りぐらいかw

気付くと、マスターがこの場所でBARを始めた年齢に近づきつつある。

当時、二十歳だった頃の私は、30代のマスターの渋さや格好良さに憧れていた。

少しでも、マスターみたいに なれるように、色々な経験を仲間としてきたけど、なかなか格好良くはなれず、今もダサいままw

何よりも、このBARに集まるお客さんが良かった。お酒の飲み方やマナーや美味しい店などを教えてくれた。そのお客さん達と出会えた事は、自分にとって財産でもあるし感謝しています。



ドアを入るとカウンターには季節の生花が活けてある。
夏の時期は大輪の真っ白い百合の花。



崑崙 20146 (1)

初めてこの店で飲んだのがハイボール。

当時のグラスは廃盤になっていて、使用しているブレンデッドウイスキーも輸入元がサントリーに変わってアルコール度数が43度から40度に変わって、口当たりと風味が少し変わった。

しかし、入れ方は変わっていない。
*グラスにウイスキーを注ぐ。
*少し溶かして表面がぬれた、大きなひと塊りの四角い氷をいれる。()
*炭酸を注ぐ。
*ステアは、氷の上をマドラーで軽くひと突き。
*グラスを持って、カウンターで軽くグラスの底を叩いて泡を立たせる。

スッとコースターに置かれたハイボールは、濃い目に仕上がっていて、柔らかな炭酸が心地よく、香りもよくて、相変わらず美味しい。



崑崙 20146 (6)

戸棚に並ぶ珍しいシングルモルト達が飲んでくれと言ってくる。

「レンピッカ」の色気のある眼差しと いつも目が合う。
セクシーで素敵な写真だ。



崑崙 20146 (3)

戸棚の中のシングルモルトは、お高めなので、今日はやめておこうw

ボウモアのスモールバッチ

バーボン樽のファーストフィルとセカンドフィルを混ぜて作った物らしい。熟成年数は書かれていない。
ボウモア特有のピート香は柔らかく甘い香りで、全体的に円やかで、荒々しい感じがしない。

最近、年数の書かれていないモルトを見かける事がある。
世界でモルトウイスキー不足の影響があるのかな。



崑崙 20146 (4)

この店で、遅い時間に飲んでいるとBAR崑崙のマスターが飲みに来るのを何度か見かけていたのを思い出す。その人は、ハイボールを注文して、コースターに置かれた瞬間に、グラスを持って一口で飲みきって、会計をして直様、店を出て行く。飲みっぷりが良いせいか、よく覚えている。



崑崙 20146 (8)

そして、「BAR崑崙」

(あまり、ネットでも情報が無くてアップするのを躊躇したけど、ホームページがあるぐらいなのでアップしました。)

中国古来の伝説上に出てくる山岳の名前らしい。あまり知らない伝説だけど、名前はかっこいい。



花が咲き乱れる素敵なBARだ。

客層も良く、素敵な常連さんが多い印象。

崑崙 20146 (12)

ココでも一杯目はハイボール。
ジョニ黒で神戸ハイボールにしますか?と聞かれたが、崑崙ハイボールにした。

声のトーンが低めで、落ち着いた口調が渋い。



崑崙 20146 (10)

二杯目にシングルモルト
ハイランドパーク
見たことのないエチケット。

エチケットの上の三種類の絵に、香りと味が描かれている。
上から、バニラ、キャンディ、波

かなりガツンとくると思ったら、アルコール度数が60度だが、香りも良くて、美味しい。
60度のモルトは珍しい。



隣の席にマダムが座った。
かなりの常連客の様だ。

彼女の名前はマダムM

彼女は周りのお客さんを巻き込み、楽しい時間を演出してくれる。

会話が弾み、マスターの隠れ家のBARへマダムM御一行と移動。

雨が降り出してきたので、マスターが傘を貸してくれた。サービス満点だ。



崑崙 20146 (13)

人通りの少ない路地。

長い階段を上るった所にBARがある。



崑崙20147

確かに、素敵なBARである。



落ち着いた雰囲気。
一脚一脚の大きなソファ。

デートで来るにはイイかもね。

今日はマダムMとデートと思う事にしよう。

ポートタワーが見えるし、神戸らしいBARだ。



「モヒート」

しっかりめのモヒートで目が覚める。

ここで、カメラの電池が切れる。
やってもたw
(充電するのが面倒くさいのが仇となる)

この後は、シャンパンを飲んだ。
ピノ・ノワール
ピノ・ムニエ
シャルドネ

シャンパンの品種三種類をバランス良く使用しているものだった。


良いBARを紹介してもらえた。
飲兵衛は、良い店を知っている。
だから飲みに行くのが、やめられない。



零時を回って少しした頃。
ココで、マダムMがお帰りの時間。

マダムMは、近くにお住まいらしい。
羨ましい限りです。

さて、俺も帰るとしますか・・・



あらっ・・・



終電がない・・・










スポンサーサイト
  1. 2014/07/11(金) 19:36:42|
  2. BAR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<立ち呑みホルモン マルフク / 大阪 西成区 | ホーム | くにきや / 神戸 元町>>

コメント

腹回りなんて細いですやん!!
  1. 2014/07/12(土) 09:55:36 |
  2. URL |
  3. ま~くん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ま〜くんさん、コメントありがとうございます。

昔より5キロぐらい太りましたw
  1. 2014/07/14(月) 19:50:27 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/417-ad39fddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。