コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロックンビリーS1(スーパーワン) / 尼崎市 塚口

ロックンビリーS1(スーパーワン) / 尼崎市 塚口

DSC_0266.jpg

お江戸から有名なラーメン屋が来たらしいと話題になっていたので、ブロガーとしては、行っとかなあかんでしょ?

オープン3日目に早速行ってきました。

予め住所と開店時間と席数を頭に入れといてね。



DSC_0267.jpg

住宅街にド派手な看板w
やりすぎやろw

行列やったら嫌なので、開店時間前に行ったけど行列や。

人数を数えると、私で10番目。
ギリギリ一回転目で、最後の一席を確保!ロックの神が味方してくれたのかツイテル☆



他に列んでいる人達は、ラーメンTシャツを着ているラオタのツワモノ揃いだ。

皆、ガタイとお腹の出具合が良すぎだ。
ふと自分のお腹を眺めると・・・

まだ大丈夫そうだ・・・



開店時間に店に通される。
計算通り最後の席をGET。
きっと、店の前に鎮座するビリーケンさん(ビリケンさん)の御加護かな。

隣の席の人は、この店が東京に有った時のイベントTシャツを着ている。多分、関東から来ているのかもしれない。凄い店が出来たもんだ。



オープンの三が日は、尼ロックという名前の醤油ラーメンしかやっていない。他には塩ラーメン、つけ麺や丼、チャーハンは後から順次始めるらしい。

デフォルトの尼ロックが800円で味玉入りが1000円、豚、鶏のチャーシューが1100円、全部のせが1300円。

かなりの高額ラーメンだが、初めての訪問なので、調子に乗って全部のせにしてみよう。



10席のカウンター越しから見えるキッチンの景色が独特。

註文を受けると丼鉢を3鉢湯煎する所からロックなラーメンLIVEがスタートする。

スープに火を入れて、麺をてぼに入れて、タイマーをセット。

ラーメン鉢のお湯を戻して、油とスープを入れる。

タイマーが鳴ると麺の湯切りが始まる。丁寧に湯切りが始まり、最後の一振りは、パンチ!

スープに麺を入れて、麺を慣らして油をいれる。丁寧にトッピングが盛り付けられて完成。

この間 店内では皆が無言で店主のラーメンLIVEに見入っている。

そう、キッチンの中は、まるでステージだ。



DSC_0264.jpg

安定感のある丼鉢。

10番目の席は、3杯づつ作るから4回も店主のラーメンLIVEが見れるから特等席かもしれない。

客層はガタイの良いラオタばかりで、丼鉢を持ちながら、物凄い勢いで麺を啜って飲み込んでいるツワモノも居る。
ラオタの食べ方は、ホンマに気持ちいい食べっぷりです。

ラオタへの道には、まだまだ遠そうだ。



調味料はカウンターには置いておらず、麺の硬さの指定は出来ない。
店主とのラーメン勝負だ!



DSC_0263.jpg

全部のせ(1300円)

オイリーなスープ
湯気が封鎖される勢いの黄金の鶏油。
比内地鶏から取った出汁は上品で美しく、醤油と見事に融合している。
しかし、スープがぬるく感じた。
スローペースのパフォーマンスの影響か、トッピングの多さが熱を奪ったのか、この温度が店主の定めたラーメンの適性温度なのか分からないけどね。

関西は、出汁文化なので中華そばでも魚の出汁の主張が多いラーメンが多いと思うからか、こういうスープってあまり食べた事が無い。

鶏の旨味だけだと、関西の魚の酸味や旨味の効いた出汁のラーメンを食べ慣れているので、物足りなく感じてしまう。
ラオタじゃないので、詳しくはないですけどね。

鶏チャーシューは真空調理のようにレアぎみ。
流行りのレアチャーシューよりは火がちゃんと入っている。

豚チャーシューの方がトロリとしていて旨味も乗っているように感じた。

穂先メンマは中華そばにピタリと合う。

卵も美味しい。



卵が200円は高いので、次に食べるなら尼ロック800円かな。

DSC_0265.jpg

「にゅるん」とした中細麺。
コレも新感覚!

博多ラーメンはコシが命と思っている人は、このコシ抜け!と罵倒するだろう。
にゅるんと口に入ってくる麺は、韓国冷麺をしっかり茹でたような感覚。

茹ですぎでは?と思うが、コレも店主のこだわりなのだろう。
食べ応えよりも食べやすい麺だ。



DSC_0268.jpg

食べ慣れた関西のラーメンに親近感が湧くけど、食べ慣れない関東のラーメンは実に興味深い。

和歌山や奈良に比べると店が近くだから行きやすい。
今後は、塩ラーメンやつけ麺も解禁になっていくみたいなので、全種類食べてみます。

尼崎のラーメンは何軒か、かなりレベルが高いと思うけど、それぞれが切磋琢磨して美味しいラーメンをこれからも提供し続けてほしいです。

尼崎に面白いラーメン屋が出来たのが正直嬉しいです。













スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 19:31:14|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<IL POVELO DIABOLO (イル ポーベロ ディアヴォロ(ディアボロ) / 大阪 大国町 | ホーム | 満月Pub 2014/7 北浜くくり>>

コメント

あの湯きりをYouTubeで見ましたが、凄いですな。

ただ、デポでかっこつけるより、平ザルで手馴れた湯きりするオッチャンや、
オバちゃんの方が、よっぽどかっこええとは思いました。
  1. 2014/08/01(金) 10:36:59 |
  2. URL |
  3. ま~くん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ま〜くんさん、コメントありがとうございます。

YouTubeにも上がってるんですね。
パフォーマンスとしては面白いですよね。

おばちゃんが平ざるで、チャッ、チャッチャと湯切りをするのってカッコイイですねw
  1. 2014/08/01(金) 19:22:15 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/430-f093cfa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。