コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神戸牛ラーメン 八坐和(YAZAWA) / 神戸 三宮

神戸牛ラーメン 八坐和(YAZAWA) / 神戸 三宮

八坐 (1)

三宮のセンタープラザ西館の外側の道路沿いに新しいラーメン屋が出来てた。

神戸牛ラーメンという文字に、気付けば吸い込まれてしまった。
ご当地ネタとして格好の的ですよね。



店内のBGMはYAZAWAだw



八坐 (5)

まずは醤油ベースか塩ベースを選び、トッピングがある。

店員さんと何を食べるか相談したけど、説明が饒舌でまんまと1300円の醤油味のチャーシュー盛りを註文してしまった。

さすがに神戸牛のチャーシュー盛り。
高級ですね。
デフォのラーメンでも830円やから高級ラーメン。

1300円のラーメン。
そりゃ、期待もすればチャーシュー盛りも楽しみになりますよね。



八坐 (4)

神戸牛の牛骨でとったスープ。

八坐和といえば、一頭買いを基本としてA5ランクの神戸牛しか扱わないステーキの吉祥吉グループで、八坐和では神戸牛の焼肉を展開していて、最近勢いがあり伸びてきている。

他では出回らない神戸牛の牛骨を使用出来るのは強みですね。

牛骨を活かす為にラーメン屋を作るってとこに目をつけるのも凄いですね。

一日にスープで使用する牛骨の量は何キロか?
はたまた、年間にどれだけ神戸牛が生産されて、どれだけの神戸牛を購入しているのか?
意地悪な事を考えてしまう。

見た目は豪華で、盛り付けが綺麗ですね。

スープを飲むと最初の一口目は、牛骨の風味が良かった。

テールスープに野菜の甘味が加わっていて、ええ感じですね。



八坐 (2)

全粒粉の麺は細麺で緩い仕上がり。

緩い状態からスタートしてしまうと、最後には伸びてしまう。



八坐 (3)

融点が他の牛肉よりも低い神戸牛の脂がスープに溶けてるのかな?

肉質は刺しの脂が解けた分、柔らかいが、脂の甘味をスープに吸われていて、肉自体の旨味が乏しく感じる。

せっかく神戸牛の脂が溶け出したスープがトッピングされている、三つ葉、柚子、酢橘、モヤシの水分で掻き消されて、本来のスープの良さが活かしきれていない。

和食の器の中でも、三つ葉、柚子、酢橘が三種類とも入れずに、どれか一つの香り付けで十分と思う。

このラーメンに関して言えば、爽やかさを演出しようとしている、三つ葉、柚子、酢橘の香り付けを使用せずに、牛骨の旨味だけを味わえる方が個人的には好みである。

他にもトッピングを減らして、30円でも安くして800円にしてもらえた方がよい。

綺麗に盛り付けはされているけど、個性の強い具材が盛られすぎて、スープが台無し。

少し辛口になってしまいましたが、神戸牛というご当地ラーメンとして展開されているので、応援したいので書きました。

足し算をしすぎたトッピング。
スープは美味しいので、引き算でラーメンを作ってほしいですね。

次は最小限の具材で食べてみたいですね。





スポンサーサイト
  1. 2014/09/09(火) 19:18:24|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おっさん亭 / 大阪 城東区 新森古市 | ホーム | たつみ食堂 / 尼崎市 尼崎卸売市場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/458-3fd41efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。