コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボンソレイユ / 大阪 北新地

ボンソレイユ / 大阪 北新地

ボンソレイユ20148 (3)

とあるBARで、ボンソレイユのシェフと縁があってお会いして、行ってみたいと思ってたんですけど、やっと行けました。

カウンターの席に腰を下ろすと、テーブル席に友人が家族と入ってきた。
親孝行な友人で、ええ人です。
フラフラ飲み歩いてる俺との差は、10馬身ぐらいの距離を感じた。

向こうも、まさかと思っていたはずw



ボンソレイユ20148 (5)

コースにも出来るみたいですが、昼から飲んでて、そんなにお腹が減っているわけではなかったので、アラカルトにしときます。

カウンターの上にモンサンミッシェルのムール貝と大きな岩牡蠣があったので註文した。



ボンソレイユ20148 (6)

「播州室津産の岩牡蠣」

ちゅるんと逝って、濃厚クリーミ〜!



なんと、とあるバーのマスターが来てくれました。
いつもありがとうございます。



ボンソレイユ20148 (7)

「前菜の盛り合わせ」

手前から右回りで、蛸、鱧、サーモン、生ハム、タルトで、センターはピクルス。

野菜の味が濃くて美味しい!

鱧の湯引きも茗荷で爽やかに食べれる。

印象的だったのは、タルト!
生地から具材まで美味しい!





ボンソレイユ20148 (10)

「ムール貝の白ワイン蒸し」

少し小振りのモンサンミッシェル産のムール貝の殻を二つに割って、身の付いていない方の殻をスプーンにして食べる。

大振りの物が良いとは限らないんですね。小振りでも旨味がギュッと詰まっているし食べやすい。

数が多いから、次から次へと食べまくるのがイイね!



ボンソレイユ20148 (11)

コケコッコ〜!

このSTAUBだったら、料理も楽しく作れそう。




ボンソレイユ20148 (12)

「鮮魚のブイヤベース」

この日はスズキ!
沢山の魚介類が入ったぶいやべあは、スープが楽しみ。

黄色いスープは、サフランが入っているのだろうか、香りもかなり良く、魚介出汁がしっかり出ていて、幸せな気分になる美味しさ。



バケットにたっぷりとスープを染み込ませて食べると最高やね!



ボンソレイユ20148 (15)

「フロマージュ」

食べ頃のチーズを盛り合わせてもらった。

トレーは19番ホールになっている。
ゴルフの後は19番ホールっていいますもんねw



ボンソレイユ20148 (14)

この機械が気になって、使ってほしかった。

三日月型のチーズをセットして、センターの棒が赤く発熱する。

熱で溶けてきたチーズを下のバケットが受け止める。



ボンソレイユ20148 (1)

立ち昇るチーズの香りがたまらん。

コレ、旨そうでしょ?



そりゃモ〜、美味チーズ♡

胡椒がピリリと引き締める。



ボンソレイユ20148 (2)

マールまで飲んで、満腹満足です。



シャンパン、白、赤とフランスのグラスワインも豊富に揃えていたので、かなり飲み過ぎました。

サービスの子のお土産の島根県唯一のワイナリーのデラウェアを飲ませていただいたんですが、甘いデラの香りやけど、すっきりとした味わいで思ったよりも美味しかったのが印象的でした。日本のワインも海外の様に安く出来れば、ファンも増えると思うんですけどね。なんせ一本2000〜3000円だと日常で飲めへんもんね。何とか半額になれば買いやすいけど、コストや酒税やら考えると自然派で作ろうとするのは難しいのかもしれませんね。良い物を低コストで何とか大阪ワイナリー協会で作ってほしいものです。

そう!
サービスの子ですが、凄く気の効く笑顔が可愛い娘だったので、心地良くすごせました。
世の男性はキュンってなると思うw



美味しい料理とサービスの相乗効果で、素敵な時間をすごせました。





スポンサーサイト
  1. 2014/09/12(金) 19:09:10|
  2. フレンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BAR ゆめまぼろし / 愛媛県 松山市 | ホーム | 麺屋 天風 / 神戸 大倉山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/461-881face9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。