コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤垣屋 / 京都 神宮丸太町

赤垣屋 / 京都 神宮丸太町

赤垣屋291409 (4)

祇園サンボアを出て、歩いて酔いをさます。
そして憧れの居酒屋の「赤垣屋」さんへ。

赤垣屋の赤いネオンに酒好きが集まる。
(こちらの店舗は戦後間もない時からあるみたい。)

居酒屋の代名詞の赤ちょうちんが目印です。
遅がけの時間でも、ほぼ満席状態。
やはり京都を代表する居酒屋の勢いは凄まじい。

運良くカウンター席が空いて、入れ替わりで席をゲットできた。





赤垣屋291409 (11)

おでん鍋と燗鍋がセットになっている。

燗鍋で、お酒を温めている風景だけで、一杯やれそうだ。

店の雰囲気と丁寧な接客で居心地が良いです。





赤垣屋291409 (6)

「お通し」

酢に浸かった玉ねぎ。
酸味が、胃袋を刺激する。

一見チープに見えるが、コレが結構美味しかったりする。





赤垣屋291409 (7)

「しめ鯖」

撮影の角度が悪いw
180°反対から撮影すれば良かったな。

甘酢のようなタレに浸り、生姜と茗荷でいただく。

浅めの酢〆で優しい味わい。





赤垣屋291409 (5)

おでんは売り切れも多かったので、大根と豆腐

薄く優しい上品な出汁が、大根にしゅんでいて美味しい。
豆腐は、おでん出汁で食べるのが好き。



店を入った直後に入ってきた人は、入店出来たけど、次に入ってきた人は、食材の売り切れで断られていた。
ギリギリセーフで良かったよ。
早めの時間に売り切れって、ええ居酒屋ですね。



赤垣屋291409 (8)

「湯葉豆腐」

肴の繋ぎに註文したが、コレをチビチビ摘まみながら、熱燗の追加。

優等生。





赤垣屋291409 (10)

「揚げ出し豆腐」

油の表面は薄く、表面がサクッとしている。

キメの細かいき絹ごしがプリンと弾ける。





赤垣屋291409 (1)

「あさりの酒蒸し」

薄めで優しい出汁が体に染み込む。

砂抜きが甘かったのはいただけない。





赤垣屋291409 (2)

「鯛の荒」

甘めの味付け。
山椒と木の芽の香りで、居酒屋が小料理屋になる錯覚。

ホクホクの身をほぐして食べては、骨をめぶる。

美味しい♡

日本酒追加!

鯛の旨味と甘いタレをたっぷり含んだ麩と葱が、また旨い。





京都らしく、鰻の寝床のように細長い店内の奥は、石畳みの中庭があり、奥は座敷になっている。
京都の風情を感じます。

そういえば、ミシュラン2015発売しましたよね。
私にとって、三ツ星居酒屋です。






カウンターには、一人で来ている常連客が目立つ。

常連客は焼鳥やおでんを摘みながら、好きな肴と日本酒を。

こういう居酒屋が、近くにあれば入り浸るね。

理想の居酒屋。
こういう居酒屋が、もっとあればいいのにって思う。



京都。
知れば知るほど、どっぷりハマリマス。









スポンサーサイト
  1. 2014/10/23(木) 19:09:50|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<善道 / 大阪 北新地 | ホーム | 祇園サンボア / 京都 祇園>>

コメント

京都の品良い系居酒屋はいいですな。
名古屋の大甚がそこから1割品を落とした感じで、これも良し。

もう一方、東京下町居酒屋も楽しみたいです。
  1. 2014/10/24(金) 12:03:20 |
  2. URL |
  3. ま~くん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ま〜くんさん、コメントありがとうございます。

長い期間営業されている地方都市の昔ながらの居酒屋は魅力的です。
この秋冬は京都の居酒屋を攻める予定です。
  1. 2014/10/24(金) 19:27:50 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/488-50406b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。