コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新どおぞの / 大阪 北新地

新どおぞの / 大阪 北新地

新どおぞの201412 (2)

北新地の とあるBARで、油ばっかり売ってるエリート営業マンの兄貴と偶然の再開。



宝くじと有馬記念で大金が入ったら、70万円で豪華ディナーと高いワインを飲もうと妄想の楽しい時間。

京都では、一人20万円の食事処があるらしい。
凄い世界だ。



終電も近づき、油ばっかり売ってるエリート営業マンの兄貴と とあるBARを出た。

駅に向かうと思いきや、兄貴が言う。
「腹減った」

タクシーの方向が一緒なので、相乗りで帰りましょうと提案される。



ハイ!何処でも、付いて行きますよ!

兄貴は鯨を食べて、〆を食べてないらしい。
もう、すでに日本酒をかなり飲んでいるみたいだ。

どうやら〆を食べに鯨屋に行きたいみたい。

連れられた先は、「新どおぞの」



たしか、友人のオススメで年明けに行こうと約束をしていた「どおぞの」の支店。
先に行ってるごめんなさいと思いながら、支店やしね・・・
と言い聞かせて入店。



店に入ると店員さんが、忘れ物ですか?と出てきた。
そりゃ、二度目だとそうなりますよねw




新どおぞの201412 (3)

コースやアラカルトがあるみたいやけど、俺は焼肉の後で結構満腹。

註文は、常連の兄貴に任せておけば間違いないでしょ。
って、兄貴えらい酔ってますけどw

「刺身の盛り合わせ」

右上から時計回りに赤身、さえずり、皮、かのこ
今回はミンククジラ。
ナガス鯨を食べたいと伝えると、年に数回しか入荷しないとのこと。

赤身は、馬肉の刺身を思わせるような質感でしっかりと しなやか歯ごたえと 綺麗な旨味を兼ね備えている。
鯨の赤身の肉は、様々な要素を含んでいてハイブリッドな肉質!

さえずりは、そこそこ。

皮の滑らかさと溶け出す旨味がたまらん!!
なんじゃ!?この旨さ!!
コレぞ鯨の醍醐味!!

かのこ の肉と脂のコントラストの美しいこと!
肉の旨味と脂の甘味を同時に楽しめる。
コレも鯨の醍醐味。

好みは、皮と かのこ!



親父の従兄弟の婿さんが和歌山でマグロ関係の仕事に携わっていて、普段からマグロ事情を教えてもらっている。何年か前に和歌山で新鮮な鯨を食べさせてもらえた時の感動に近い、鯨の良さが感じれた。
むしろ大阪で、ここまでよ鯨が食べれる事に驚いた。
鯨は熟成させるよりも新鮮な方が旨いのかな?
どやさ?



くじら。
哺乳類は、魚というよりも肉と表現するのが正しいのではないかと思ってしまう食感とコクのある肉質。

やはり肉に分類されると思ってしまう。



鯨の味を知らない若い世代は勿論の事、鯨は臭くて硬い言っている年配の人に是非食べてもらいたいレベル。



新どおぞの201412 (4)

「おばけ」

兄貴が一番の大好物。

みずみずしい!
艶やかな触感が素晴らしい!

スーパーの店頭に並んでいる物とは雲泥の差。
やはり北新地の専門店ともなればレベルが違います。




新どおぞの201412 (5)

「お鍋」

2人とも満腹なので一人前での註文にも応えてくださりました。
さすが常連さんです。

美しい肉質にウットリ♥︎




新どおぞの201412 (6)

上質な鯨の脂が黄金の出汁に溶け出す。

生唾をゴクリと飲みながら溶け出すのを待つ。

全て、スタッフさんがやってくれるので楽チンw




新どおぞの201412 (7)

出汁!!!!

なんじゃ!?
この旨味と深み!!

薄味と思いきや、コクと旨味のスパイラル!

黄金に輝く美しい出汁。
喉を通り、スーっと、身体に染み込んでくるのがわかる。
その過程が複雑に幾重にも深い旨味が交錯する。

黄金の出汁と 海のミネラルを含んだ鯨の肉と脂の旨味がそうさせたのだ。

火が通った肉が旨いのは当たり前。
お出汁が、かなり旨い!

お出汁を楽しむ為に、この鍋はあるのかもしれない。




新どおぞの201412 (9)

鯨の脂が溶けでた出汁で水菜と豆腐。
なんとも、お上品です。

水菜がハリハリ言う音からハリハリ鍋となったとか。




新どおぞの201412 (8)

「塩雲丹」

酒がドンドンすすむ。




新どおぞの201412 (10)

かのこのお代わり。

脂と肉の旨味で、お出汁を作りましょか〜




新どおぞの201412 (11)

しゃぶしゃぶ〜



ええ肉質と脂が、どんどん溶けてく〜

溶けてく〜

溶けてく〜




新どおぞの201412 (12)

〆の「雑炊」

あかん!
旨すぎる!

なんやコノ雑炊は!



夢中でペロリのお代わり!



アレ!?
兄貴、全然食べてませんやん!
兄貴の分もペロリw



鯨てw
って言ってる人に食べてもらいたいですね。
肉は上質の物を食べると虜になってしまう。
食べるとわかる良さがある。



ホンマに旨かった!

兄貴!
いつもご馳走様です!



そして、年末の北新地。
タクシーが掴まれへんw

タクシーの穴場を何とか見つけて帰宅。



年明けの「どおぞの」が楽しみです♥︎








スポンサーサイト
  1. 2015/01/21(水) 22:43:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<御料理 光安 / 京都 上京区 | ホーム | 博多豚骨ラーメン 一福 / 大阪 宗右衛門町>>

コメント

また行きましょ!
  1. 2015/01/24(土) 18:06:06 |
  2. URL |
  3. 油売り #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

油売りさん、コメントありがとうございます。

是非!よろしくお願いします!
  1. 2015/02/05(木) 19:48:13 |
  2. URL |
  3. コジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/545-e3d1ac73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。