コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

立ち飲み 庶民 / 京都 四条大宮

立ち飲み 庶民 / 京都 四条大宮

庶民201412 (1)

京都って立ち飲み屋が少ないですよね。
立ち飲み屋があっても、大阪や兵庫のように安くなくて、飲んで食べてたら、そこそこの請求額になってしまう。
そんな中で京都の立ち飲み屋の常連客がいう。「京都は立ち飲み不毛地帯」とねw

そんな京都の四条大宮駅近くにある比較的新しい立ち飲み屋。
オープン当初に、雑誌に掲載されていたのを覚えていて、行きたいと思っていた。
でもね。なかなか、京都に行く機会がないのと、四条大宮という地域に行ったことがないから、なかなか来れませんでした。

今回、ご縁があって突撃!




庶民201412 (9)

店の外から、凄まじい客の熱気が伝わってくる。
入れるかどうか心配したけど、一人だったので、なんとか潜り込めた。

京都らしい細長い鰻の寝床に、長〜いカンウター。

1平米に三〜四人程の人口密度に感じるぐらい窮屈な空間。



何も見ずにビールを註文する。
なんと生ビールが250円。

どれもこれも、手頃なメニューで100円〜200円が多くて、高くても300円や刺身盛りが500円。
王道の物からから、日替わりもあるみたいだ。
ビールを片手にスタッフさんにオススメを聞きながら、何を食べるか考える。




庶民201412 (2)

「刺身の盛り合わせ」

最初に見て驚いた!
ボリュームがかなり多い!
本マグロ、サーモン、しめ鯖。切りたての角が立った刺身類の一切れのポーションが、かなり大きくて肉厚!

どれも、立ち飲みのレベルだと大満足の刺身達。
どのネタもステーキを食べているぐらいのボリューム。

鮪も良いし、しめ鯖もイイね!

これで500円だから驚きだ。



一人だと、他の食べるアテの量を調節しなければならない。
コレだけで結構満腹になる。




庶民201412 (3)

「熱燗」にシフト。
月桂冠250円



隣との距離が近いと、両隣の人と自然と会話になります。
どうやら皆さん、地元の方々みたいです。

兵庫県から来たと伝えると、びっくりしはります。
京都駅から新快速で40分も乗れば兵庫県にインするから、以外と近いんすけどね。




庶民201412 (4)

「釜揚げしらす」

熱燗とシラスで、たっぷり楽しめる!



この店は、常連さんだらけ。
週三回の人も居れば、週に五回の人もいる。




庶民201412 (5)

「ウイスキー水割り」

サクッと帰ろうと思ってたけど、常連さんと話をしていたら、長居になってしまう。

もう、4軒目を諦めたw

飲むぞ。




庶民201412 (6)

「穴子」

一本が300円。
値段を考えると満足。



また、違う常連さんが隣にやってきた。
どうやら二軒目らしい。

店に入るのに、少し列んだみたい。

どんな、立ち飲みやねんw!

普通は、人がいっぱいやったら、次ってなるけど、それが出来ない土地柄なんやろね。

他に立ち飲みが無い!



30代〜60代の客がひしめき合う。
こうなると年齢は関係なくなる。
それぞれの経験値や歴史が物をいう。
立ち飲み。酒。という共通の事で、距離が近くなる。

この距離感が近いのが良いのかもしれない。
人と人との距離が近くなると、自然と会話も近くなる。

皆が、仕事やプライベートを抱えながら、それを話すことなく楽しい時間を過ごす。

コレが、立ち飲みの良さ。




庶民201412 (7)

「湯豆腐」

その常連さんにオススメされた、湯豆腐。

昆布と鰹でちゃんと出汁をとっている。

忙しいのに手頃ながら、憎めないええ仕事をしています。

他にも隠れメニューなんかもあって、色々教えてくれた。

京都って余所者に冷たいイメージやったけど、親切で良かった。




庶民201412 (8)

今では四条河原町まで電車が通っているけど、昔は四条大宮が終点で、この界隈はドヤ街やったらしい。

昔の名残を残している店も、まだ残っているみたい。

地元の人間が集う店は、ええもんです。

知らなかった文化に触れられるし、街の良さも悪さも知ってはる。

立ち飲みも街も人が作るんやなぁ〜って、しみじみ思った。




庶民201412 (10)

この店のオーナーは、30歳代の中ば。

利益が、心配になるぐらい安くて旨い物を提供してくれる。

京都という土地柄で勝負を掛けた凄いセンスです。

京都立ち飲み無毛地帯。
サッと入って、サッと飲んで、サッと帰るの真逆w
常連さんが列んで入って、ゆっくり飲んで、のんびり帰る。

京都府民の憩いの場です。
コレは、独自の立ち飲み文化じゃないでしょうか?



サクッと帰ろうと思ってたけど結局、三時間以上居てもた。
それやのに、結構飲んだお会計が2000円代と親切な価格。

そりゃ人が、絶えずくるわ。

人気店なのもうなずけるね。



後日、夜の二軒目に寄ったら二人列んでたから、諦めました。
やっぱり、立ち飲みは列んで行くもんとちゃいますw

面白い店やから、何度かリピートしたいもんです。





スポンサーサイト
  1. 2015/01/26(月) 22:54:03|
  2. 立ち飲み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BAR KUGEL(クーゲル) / 京都 四条祇園 | ホーム | 御料理 光安 / 京都 上京区>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/547-f648da6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。