コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜ノ宮で花見

桜ノ宮で花見

花見201504 (2)

北新地の、とあるBARの常連さんに、たまたまお誘いしていただきまして、お花見に参加。

ワインは、用意してあるみたいで、他は持ち寄りでパーティーを開催するみたい。

「気の効いた物を持ってきてね」と難題wをもちかけられる。



当日は、雨。

桜ノ宮の とあるマンションの一室で開催されるみたいなので ひと安心。

皆様大阪の人ばかりなので、普段 クチにしない物を用意しようと思って、朝一番で神戸まで足を運ぶ。

どうせなら地味に拘りたい。

まぁ、自己満足ですw





花見201504 (1)

神戸のスイーツが欲しかった。

そして選んだのが、ラヴュニューのチョコ。

朝一番から北野までチョコの買い付け。

ワインには、チョコでしょ。

アテが集まると思って、デザートを意識しました。

この店には。大人数が集まると楽しめるチョコが有ったりします。

開店時間を見計らって一番のり。

そして開店と同時に溢れる人だかり。

一番のりなので、余裕で購入!

昼にはチョコケーキとか、完売するぐらいの人気店。




花見201504 (3)

それからワインに合うパンを購入しようと思い、東へ1分移動。

神戸のパン屋といえばサ・マーシュさん。



花見201504 (4)

対面販売なので、ワインに合ったパンを選んでもらえて楽チン。

どのパンも旨そうすぎて選ぶんが大変でした。




花見201504 (5)

そして、南京町まで大移動。

神戸といえば中華街と思いまして。

鶏の丸焼きとか面白そうだったので、劉家荘さんへ。



花見201504 (6)

ホンマは、切らずに丸焼きのままで持って行きたかったけど、切るのが大変そうだったので、中華包丁で豪快に切ってもらいました。

旨そうでしょ?



グルメな人ばかりが集うパーティーなので、選ぶのが大変やけど、考えてる時が凄く楽しい。

あんな事やこんな事をして、喜んでもらいたいとか考えてニヤニヤしてしまいます。




花見201504 (24)

ここはFH先生の隠れ家。

最高のロケーション。

天神祭の花火なんて特等席でしょうね。




花見201504 (12)

乾杯はカヴァのマグナム。

ワインはワイン愛飲家のN先生が用意してくれている。

マグナムを三本持ってくるだけで一仕事やったみたいです。

いつもワインご馳走様です。
ありがとうございます。




花見201504 (7)

とあるBARのマスターが用意してくれた市内人気店のピザ。

香ばしくもちもちクリスピーで旨い。

結構熱い温度で焼いてそう。

パーティーといえばピザ!




花見201504 (8)

劉家荘の焼鶏(しょうけい)

丸焼きのままの方がインパクトがあってよかったかなw




花見201504 (9)

サ・マーシュのバケット



花見201504 (10)

イベリコ豚のチョリソー入りグリッシーニ。

コレ、旨かった。

スパイスも効いていて、ワインにピタリ。




花見201504 (11)

チーズ、イチジクなどのドライフルーツ入りのパン。

コレがワインにホンマによく合って旨かった。




花見201504 (13)

K兄貴は、新婚さん。
ご夫婦でいらっしゃいました。

素敵なご婦人で羨ましいです。



K兄貴の自家製ローストビーフが絶品。
やっぱりプロの用意する物は違いますね。

ドリップを閉じ込めていて旨味たっぷり。
肉らしさの旨みと甘味が同居する。




花見201504 (15)

キャンティのマグナムや



花見201504 (16)

ブルゴーニュの白が冷蔵庫の野菜室から出てきたりw




花見201504 (17)

焼きアナゴは、垂水のセサミ兄貴。

トースターで炙って食べたら

旨っ!!



日本酒がよう合いまんがな。

セサミ兄貴は体格が大柄すぎて、日本酒の一升瓶を手に持っていても、四号瓶に見えるから驚きだw




花見201504 (18)

とあるBARのマスターが、シャンパンを抜栓するが

ポンって音を期待してたけど
スカスカの音で、転けてしもたw




花見201504 (19)

K兄貴が用意してくれた、ヴーヴ・クリコの85のロゼ。

桜にちなんで、ロゼを用意するって素敵。

30年の熟成でゴールドになってる。

ヴーヴって酸が強いイメージですが、こちらは酸も落ちついていて複雑味が増している。
なんと情報量の多い液体なのだろうか。

バルト海の難破船から水揚げされた200年間海で眠っていたシャンパンもヴーヴクリコ。
瓶内の醗酵ってロマンを感じる。




花見201504 (20)

K夫妻が用意してくれた、お手製のお惣菜。

ロゼのシャンパンも美味しかったです。




花見201504 (21)

チーズ

旨いサンドイッチもあった。



花見201504 (23)

セサミ兄貴が持ってきた天ぷらをつまんで。




花見201504 (25)

ベランダから桜を眺めつつ。



でも、やっぱり花より団子です。


花見201504 (14)

そして、本日のメインのワイン

オーパス・ワンの1999のマグナム

まさか、こんなワインを飲めるとは思ってもいませんでした。

感謝。



果実味と風味が豊かで複雑。
落ちついたエレガントな女性のよう。




花見201504 (26)

たこ焼き機まで登場。

具材もたっぷり入れて。



花見201504 (29)

べっぴんさんのSちゃんが焼いてくれる。

以前から、最高に旨いたこ焼きを焼いてくれると言っていたから楽しみにしていました。




花見201504 (27)

大阪の家庭に必ずある、たこ焼き機。

手際よく焼いてくれてます。




花見201504 (28)

舟まで用意していて本格的!

屋台やんw

お出汁も効いていて、ちゃんと外カリ中トロで旨いです。




花見201504 (30)

たこ焼きとオーパスワンのペアリング。

ソースと出汁のたこ焼きは関西人の魂にエレガントなオーパスワン。

A級ワインとB級グルメのコントラストが融合する。

関西でしか味わえない感覚だろう。




花見201504 (31)

複雑な味わいの液体の情報量に、どっぷりとハマってしまう。

普段飲めないワインを飲むと、今までとは違う味覚の基準が増える。

経験や体感の刺激を経て生命体は進化していく。

もっと、いろいろな刺激が欲しいw




花見201504 (22)

ラヴュニューのソーセージのようなチョコ。




花見201504 (32)

ソーセージチョコを切ると中にはマシュマロとドライフルーツが入っています。

美味し♡

大人のチョコ。
甘くてビターがトロける。
ドライフルーツとマシュマロの食感も面白い。




花見201504 (33)

野球中継で阪神タイガースを応援したり、競馬のメインレースを見て一喜一憂。

ゲームをしたり。




花見201504 (34)

桃鉄をしたり、昼寝したり、婚活したり、酔うてベロベロなったり、皆様自由きままw




花見201504 (35)

よう飲みました。

飲みすぎた〜w




花見201504 (36)

最後は一本締めで解散です。



素敵な会に誘っていただきまして、ありがとうございました。



また、よろしくお願い申し上げます。





スポンサーサイト
  1. 2015/06/12(金) 12:10:47|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<鶏一途 / 神戸 住吉 | ホーム | 銀座 天一 / 大阪 伊勢丹>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/06/15(月) 17:32:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/618-06588462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。