コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

若人の広場とイングランドの丘 /淡路島

若人 (10)

淡路島食い倒れツアー。

福良まできたので、若人の広場まで行ってきました。

今回の淡路島で食事以外で、一番楽しみにしていた場所です。




若人 (9)

実は、今年の3月からリニューアルされてオープンしました。

駐車場も綺麗に整備されていて、嬉しくて感動のあまり涙をこらえれませんでした。

ここは、どうしても来たかった。




若人 (2)

若人の広場ってあんまり有名じゃないのですが、丹下健三さんがデザインされた建築物に第二次世界大戦の学徒動員の遺留品や手紙などの現物が展示されていた施設です。

関西大震災の影響で、建物もズタズタになり崩れる恐れがあって危険だったので廃墟状態でした。

当時は昼間でも暗い屋内には戦没者の服や遺品や日本国旗など様々な物が展示されていて、とくに印象に残ったのが遺書でした。

10代の若人が書いた遺書には、たしか「粟じゃない、ちゃんとしたお米を もう一度腹一杯食べたかった」や「綺麗な詩を歌って見たかった」。などの思いや家族に向けてのメッセージなんかも展示してありました。

それが、綺麗になってリニューアル!



若人 (3)

「若人よ、天と地をつなぐ灯たれ」

若人 (4)

若人 (6)

滑走路に見立てられていた場所も綺麗に整備されていていました。

ここからの景色が最高なんですよね。




若人 (7)

眼下には、地元の美しい景色。

この景色を見ながら飛び立っていく心境。



若人 (8)

美しい鳴門海峡を見渡しながら、どんな気持ちで飛び立っていったのか。

考えていると胸が熱くなってきます。



整備をしてくださいました、機関に御礼を申し上げます。




そして若人の広場から移動。

若人 (11)

淡路島らしい風景。

玉ねぎ畑がいくつも連なる。




イングランドの丘201505 (1)

イングランドの丘。

ワールドカップの時に有名になりましたよね。



イングランドの丘201505 (2)

そういえば、15数年ぐらい前に来たことがあるけど、相変わらずコアラは寝ているw

夜行性やもんねw




イングランドの丘201505 (3)

ワラビーは発情期だったみたいで、ついつい応援してしまう。




イングランドの丘201505 (4)

フクロウがいたり。



ウサギとも触れ合っていると

ついつい、フレンチのラパンを想像してしまいヨダレが出てくる。




イングランドの丘201505 (5)

カピパラが可愛かったり。




イングランドの丘201505 (6)

冬は快適温度。
夏には蒸し暑い植物園には、南国の花が咲き乱れていたり。




イングランドの丘201505 (9)

このリスザルが可愛いのなんのって。

動きまわっていて全然飽きないのね。

次回は、椅子持参でリスザルを見ながら一杯やることにしよう。



イングランドの丘201505 (17)

園内を乗り物に乗って移動。




イングランドの丘201505 (10)

やはり馬を見るとテンションがあがる。

JRAの神様に捧げます。
万馬券カモーン!




イングランドの丘201505 (11)

池にはスワンボート。

そういえば乗ったことない。




イングランドの丘201505 (12)

羊軍団に遭遇。

この時期は、さすがに暑そうw




イングランドの丘201505 (13)

隣の牧場には、ヤギかな?と思って眺めていたのですが。




イングランドの丘201505 (14)

羊をバリカンでカット中。

オーストラリアの羊が乱暴に蹴飛ばされながら毛をカットされている映像を見た事があったので胸を痛めていましたが、さすが日本人です。

優しくなれた手つきで、何匹もどんどんさばいていきます。




イングランドの丘201505 (15)

ヤギじゃなくて羊だったのねw

羊のサマーカット。

これで涼しくなったね。




イングランドの丘201505 (16)

あっ!

そういえば、グルメブログだった!

運転手さんは、淡路島のラムネ。
アイラブネ・・・
何ともベタなネーミングだが美味しかったみたいです。

閉園前だったので淡路島の生ビールが売り切れだったので、淡路島の瓶ビール。
原材料が米で、ライトな味。



さて、晩御飯でも食べに行きますか。





スポンサーサイト
  1. 2015/07/18(土) 07:51:33|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<焼肉 花園 / 淡路島 洲本 | ホーム | 前拓水産とエルム / 淡路島 福良>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/637-7d6a53b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。