コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤鶏炭焼 大安 / 鹿児島 高見馬場

大安201509 (9)

鹿児島といえば、かごしま黒豚。
数週間前に黒豚しゃぶ発祥の店「あぢもり」に予約の電話をすると連休中は、予約で全て埋まっていると言われたので、ダメもとで飛び込みで行こうとしたけど、店の前に「本日は予約で満席です。」の張り紙が・・・orz



しゃーない!と自分に言い聞かせ、別の店へ電話すると、今なら行けるとのこと。

電話の対応が外国人のような対応だったので、歩きながら何処の国の人か予想して、関西なら中国人やろなと思い、店へと向かいました。



黒豚がダメなら地鶏だ!!!

大安201509 (2)

店に入ると ホールや厨房のほとんどの人か外国人。

何処から来たのか聞いてみるとネパールみたいです。
ネパールの事は、多少知っているので、ネパリで国家よりも親しまれていると言われている歌「レッサムフィリリ」を歌うと、笑顔で対応してくれた。

(レッサムフィリリは、ネパールに行った時に現地の子供に教えてもらった歌。
日本の歌を教えてほしいと言われたので、こちらも国歌の次に有名な歌「六甲おろし」を教えた思い出深い歌w)

歌の力って凄いよね。
母国 故郷の歌で距離が縮まる。



一生懸命働いているのが印象的。



隣の「のり一」って有名なラーメン屋もネパリが多かったから、ビザが降りやすいとか留学生が多いのかな。
街でも結構見かける。





大安201509 (3)

ネパリにオススメを聞くと「大安おすすめ三点」に指をさす。

赤鶏か〜
地鶏ちゃうけど、まぁいっか〜

ということは、赤鶏さつま?
でも、値段が安いから違うかな?

かなり安い値付けやからしゃーないね。

とりあえず一人前ずつ注文してみましょか。

一人でもおすすめ半々セットってのがあるから親切ですね。



あっ!焼酎の熱燗もね。





大安201509 (4)

薩摩焼酎の熱燗

一合徳利で登場のさつまスタイル。



香りがええね。
さつまのアロマ❤︎






お通し
大安201509 (1)

ブリの煮付け。

しかも、かなり大きなサイズ。
お通しの大きさを超えているw
これで一品やんw

少しパサパサなのはご愛嬌w







鶏皮サラダ
大安201509 (6)

ボイルした鶏皮にキャベツの千切り。そして七味に海苔。

食べてみると味がないw

味がせーへんってネパリに伝えると お酢で食べるとの事。

冷麺を食べる時みたいに、お酢を3周ほどかけてみる。

メインが赤鶏の炭火焼なので、スッキリとしているので箸休めに良さそう。








赤鶏刺
大安201509 (5)

刺しといっても、皮目が炭火で炙られています。

しっかりとした歯ごたえ!

九州らしく甘い醤油にニンニク生姜で食べるのですが、炭火の香りが強いので、鶏の味が薬味に負けているかな。







赤鶏もも焼き
大安201509 (7)

宮崎の焼鳥みたいな感じ。
凄まじいボリューム!

細かくカットされて、炭火で軽めに炙られている。
しっかりとした食感で、レアの様な食感。
一味マヨネーズで食べるんですが、もも肉自体は塩が効いた大味。
脂と炭火の香りで、薩摩焼酎との無限サイクル。



安くて赤鶏の炭火焼を食べれるから、地元の人も多い印象。
若い子が目立つけど、スーツのサラリーマンが一人で立ち寄って半々セットと焼酎を楽しんでいる。







大安201509 (8)

この薩摩焼酎専用グラスには、5:5だけじゃなくて4:6や6:4で割るラインも書いてある。
色んなタイプがあって面白い!








スポンサーサイト
  1. 2015/12/05(土) 14:22:50|
  2. 焼き鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<有馬記念2015 | ホーム | 活魚料理 さかなちゃん / 鹿児島 天文館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojikikojiki.blog.fc2.com/tb.php/667-3138562c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。