コジ記

ブログはじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年

新年開けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

神戸から大阪の阪神間をメインに食べ歩きをしてきて、大阪と神戸を比べてきましたが、今年は京都も入れて京阪神間に範囲を広げて、食べ歩きをしようと たくらんでおります。

目標は、「月に一回京都」

神戸、大阪、京都、食文化に触れて、其々の良さを自分なりに比較し判断をして楽しみたいと考えています。



外食は塩分が豊富なので、健康管理に気を使って大病をしない食生活にも心掛けようと思います。
病気をすると食事の制限がかかってしまいますしね。

「食道楽」が理念なので、今年も一食一食を楽しみます。





  1. 2015/01/01(木) 23:10:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大晦日、今年を振り返る。

年末をバタバタと過ごしておりました。
年末の事をまとめます。



年末の有馬記念は、三連単は逃しましたがトゥザワールド軸の三連複と、トゥザワールドとゴールドシップのワイド厚めでワイドを的中させて、京都で遊んでまいりました。
グダグダの年末京都でしたw
(的中の画像は、賭け金をモザイク加工次第アップしますね。)

兄のトゥザグローリーが有馬記念の馬券になりましたよね。
2500m以内は馬券になって、3000mは馬券にならない。
兄のトゥザグローリーとトゥザワールドは全く同じとふんだのと、騎手のビュイックが前日の阪神競馬場での阪神カップで一着になっていたので、ノリにのっていました。
そう、2500m以内なら馬券になるんじゃないかと。

しかも9番人気で馬券的に美味しかったのでワイドで厚めに購入したのと、馬券にならなかった時の保険で三連複の五頭ボックスを購入、ワイドはトゥザワールドを軸に、一番人気は10年間で馬券になったのが9頭もいたのでゴードシップをワイドで購入。ワイドでエピファネイアも購入しましたが、10年以上シンボリクエス産駒がダメダメだったので、結局馬券になりませんでした。

三連単は、2着トゥザワールド、3着ゴールドシップで購入していましたが、まさかの1着ジェンティルドンナを外してしまいました。有馬記念での牝馬は一番人気のダイワスカーレットが一着になったのと、一番人気のブエナビスタが二着に二度なったのと、一番人気しか馬券になっていなかったので、ジェンティルドンナを一着付けで購入していませんでした。

結果、三連複とワイドで的中できたので、3年連続で有馬記念を的中できました。
有馬記念は一年で一番馬券の購入金額が多いレースです。ちなみに今年は388億円。普段の重賞の数倍になるんではないでしょうか?普段馬券を買わない人や普段より金額を張る人が多いレースなので、予想よりも配当が付きます。毎年思っていた相場の配当の二倍ぐらい付きます。そんな私も普段よりも多めの金額分の馬券を購入しました。

こんな美味しいレースはないです!

データだけで取れるレースです。

最近、馬券の調子が悪かったので、あまり購入していませんでしたが、久々に購入して今年を勝ちで閉めれて良かったです。



昨日は、高校生の時に良く聴いていたバンドのライブに行って来ました。
久々にスタンディングのライブに行って、年を忘れて足腰がガタガタになりましたw
ゲストで世界を代表する日本のギタリストが飛び入り参加して大興奮でした。
全てを忘れて笑顔で楽しめました。
そんな時間を過ごせて幸せな年末でした。



今年も食い道楽を貫きました。
京阪神間のミシュランの星付きレストランや日本料理からB級グルメや立ち飲みまで、幅広く食べ歩きました。
そんな中で何度も訪れたいレストランや居酒屋、立ち飲みと幾つか出会えました。

レストランや日本の文化である日本料理など上質な物に触れて、良い居酒屋や立ち飲みを判断していきたいと思います。

今年も素敵な人達にも恵まれて素晴らしい一年になりました。
一年間ご愛読ありがとうございました。








  1. 2014/12/31(水) 20:29:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

agnel d'or (アニエルドール) / 大阪 阿波座 本町

agnel d'or (アニエルドール)

DSC_5301.jpg

夏に開店した新店という事でラジオにて情報をゲット。

今時、ラジオなんて聞いてる人って少ないですよね。

結構AMラジオが好きで、テレビよりもラジオ派。



気になっていたので機会があればと思いつつ、あれよあれよと12月の始め。

話題の新星って事だったので、ダメもとで前日に電話したら、すんなり席を確保できました。



今日は男1人でフレンチ。

昔から1人で結構食べに行ってるんですけど、1人だと自分のペースで料理だけを楽しめる。

2人以上だったら、美味しさを共有できたり、会話ん楽しんだりできるんですけどね。

1人の食事する時間も好き。



カウンターがある店ならいいんですけど、テーブルだけの店は気がひけるけど、怯まなくなりました。

客単価を考えると申し訳ないから、ワインをガブガブやるし許して!


DSC_5309.jpg

ドアを入って、キッチンを見ながらテーブルに通されます。

調理風景や盛り付けも丸見えですよw素っ裸




どうやら満員御礼みたい。

予約しておいて良かった。



俺以外は全員女性。

男!がんばれよ!フレンチ食えよ!

まぁ、1人でフレンチ食べている男は飲食関係や料理人か変わり者ぐらいですよねw



DSC_5303.jpg

ビストロってうたっているけど、明るく清潔感のあるカジュアルなカフェのよう。

ランチは1500円の一本でプラス500円でデザートとドリンクですが、今回、デザートはパス。

行きやすい価格設定でしょ?




DSC_5306.jpg

フランス、ロワールのシュナンブラン

大きめの泡ですが、優しい味わい。




アミューズ
DSC_5311.jpg

杏子とクリームチーズのシュークリーム

思ったよりも塩味が効いている。




DSC_5316.jpg

オリーブオイルはショットで飲みます。








な〜んてね

DSC_5314.jpg

オリーブオイルはパンに浸すんだったね。

皮面がパリッとしていて中はもっちもち。

筒状のグラスに入ったオリーブオイルをスプーンで、すくうのは至難の技。




秋サバのマリネ/カリフラワー/野菜のジュレ/生ハム
DSC_5319.jpg

この前菜良かった!

鯖はビネガーで浅く酢じめされているのだろうか。

柔らかなスモークも感じ素材だけでも楽しめる。

生ハムの塩味と旨味がプラスされ

海と大地の命を下に敷かれたカリフラワーのペーストが優しく包み込む。

上に乗せられた粉末状のカリフラワーが爽やか。

複雑な一皿だが、上手くまとまっている構成力は素晴らしい!

コレでワインが無かったら拷問だ。



DSC_5321.jpg

果実味豊富でミネラル感のある濃いめで、自然派の白ワインも置いてありますよん。



DSC_5322.jpg

鳥取大山地鶏だったかな。

キノコや野菜のガルニも美味しい。



DSC_5326.jpg

中華を連想させる味わい。

しっとりのキュイソンはええ感じです。

甘めのソースが照り焼きソースに思えて、焼き鳥を食べているような錯覚になる。

ポーション小さめで、女性にはちょうどいいかもね。



前菜とメインはどちらも、魚と肉から選べるので好みに合わせれるのがイイね!

気軽に行けるので、メインで魚も食べてみたい。



DSC_5299.jpg

世の殿方。

フレンチを食べよう。

そこには、美味しいものがある。





  1. 2014/02/21(金) 11:30:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年

新年

IMG_2121.jpg

あけまして、おめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

突然ですが、昨年飲んだ美味しかったワインを忘れないうちに纏めておきます。



赤ワイン

生産者:ヤン・ドゥリュー

生産地:フランス ブルゴーニュ

品種:ピノ・ノワール

ブラック・ピノ オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ 



初のビンテージが2010なので期待の新星ですね。

ブルゴーニュなんて興味なかったけど、DRCに携われただけあって、素晴らしい造り手と思います。

複雑かつピノ・ノワールの華やかさと旨味を存分に楽しませてくれた。

新しい作りてとは思わせない、素晴らしい存在だと思います。

ロマコンとか飲んだことないけどねw

機会があれば飲んでみたいですね。

誰かw開けてくださいw飛んで行きますw





IMG_2122.jpg

素晴らしいと思います。

今年一番の赤ワイン!




IMG_2614.jpg

白ワイン

生産者 : ファブリッツィオ・ニコライーニさん
生産地:イタリア トスカーナ州
品種:ヴェルメンティーノ、トレッビアーノ
    マルヴァジーア

マッサ・ヴェッキア、ビアンコ


IMG_2617.jpg

白ワインというよりも、オレンジ!

この色と香りと味!

濃いです!

素晴らしき白ワイン!


結構、イタリアではこの辺が当然の存在なので、もっと変態ワインを今年は飲みたいです。


IMG_2733.jpg

総合で昨年一番の変態ワイン。

グルナッシュの様な濁った色合いとマッコリの様な発酵トロトロ感が融合したようなワイン。

これも良かった。

トロトロのピノ・ドニス

印象深い味わいでした。



今年は、もっとド変態ワインと出会えるように身を軽くしようと思います♡



今年は午年。
JRAが始まったのも確か午年
JRAの神様が万馬券でロマコンをプレゼントしてくれるはず!

今年も他力本願w

自分で飲めるようにならんと駄目ですね。








  1. 2014/01/01(水) 14:52:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボージョレー・ヴィラージュ

ボージョレー・ヴィラージュ

IMG_0316.jpg

何やかんやで、ひょんな事からブログを始めて、気づけば早いもので一年がたちました。これまで続けてこれたのも皆様あっての事だと思います。いつもありがとうございます。

ブログをするにあたって、出会えた方々にも感謝しています。


IMG_0317.jpg

11月の話になりますが、今年はボージョレーって飲みましたか?

毎年11月の第4週の木曜日に解禁になりますが、水曜日から日付が変わると同時に乾杯されている風景を見かけますよね。

葡萄の品種はガメイ種。

ブルゴーニュのピノ・ノワールに似ていて、それよりもフレッシュ。

素人なので、ブラインドで飲むと間違えてしまう事もありますw

私はボージョレーが苦手で避けていましたが昨年、出会えたボージョレーが美味しくてハマってしまいました。

昨年、フレデリック・コサールのボージョレーが、こんなに美味しいとは、思いもせず興味本位で飲みましたが

今では、ガメイが好きでガメラーですw


IMG_0318.jpg

左から

フレデリック・コサールのラパンちゃん。

マルセル・ラピエール。

ルイ・ジャド。

天使がかわいい。

四種類飲み比べましたが、好みはやっぱり、フレデリック・コサールのラパンでした。

果実味の凝縮感とフレッシュな香りが、ドンピシャの好みでした。

マルセル・ラピエールは、今年は、う〜ん・・・

他の2本も良かったです。


IMG_0319.jpg

去年はペットボトルのボージョレーで安価な物などが量販店で販売されていましたが、値段も安けりゃ、味もそれに伴い比例すると思います。

丁寧に作られた自然派のボージョレーは、やはり美味しいと思います。

美味しければ、ウンチクなんていりませんよね。


IMG_0321.jpg

一本3000円前後しますが、年に一回の事です。一本でも素敵なボージョレーをお店で飲んだり一購入してみては如何でしょうか?

ブルゴーニュ用の大きなグラスで香りと味を楽しむと最高ですよ。

今年、逃された方は来年のボージョレーを是非飲んでみて下さい。新しい世界が見れますよ。







  1. 2013/12/16(月) 23:04:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。